2017年10月15日 (日)

またあえる日まで

6 10日未明、実父が永眠しました。

救急外来に運ばれてから3時間、あまりにも思いがけない突然の別離となりました。

家族、とりわけ最愛の孫たちにかこまれて、最期は眠るように安らかに。
身内なのでおこがましいながら
菩薩のようなきれいな表情でした。

遠からず本格的な介護が始まる事を予期して
部屋をバリアフリー化、ケアマネージャーさんに相談にのっていただいていた矢先
のおわかれ。

かつて母の闘病、祖父母の介護で
ともに苦労かさねてきただけに、子や孫への父のいたわり、思いやりだったのでしょうか。

父の介護がすむまでは元気でいなくてはいけない
できるだけのことはなんでもしてあげたい
と念じていただけに、これで私の存在価値も無くなったなと痛感します。

娘と息子も成人して、これからは自力で自らの人生を切り拓いていかねばならない時期。

ぶじ葬儀も済ませ、悲しめる余裕があるだけ幸いともいえますが。

かけがえのない父、
みえないけれど
いつか父のもとにゆくまで、今生ではずっとそばにいてくれると信じていたいです。

生前お世話になった多くの皆様のご厚情に、深謝。

2017年9月26日 (火)

丸ヨークのセーター。

1_2 今年は、なぜかおさまっていた(苦笑)あみもの熱にようやく、火がつきました。

世界の子どもたちへ編み物作品を送ろうプロジェクト​。

とっかかりはおそかったのですが、
とりあえず3枚完成。

2_2 おそろいにみえる帽子は、去年シーズンにまにあわずに送りそびれたいわくつきcoldsweats01

ハマナカの『ソノモノ』シリーズに似ていると評判の
(じつは「ソノモノ」はつかったことないので伝聞ですが)
100均の純毛糸「ひつじちゃんナチュラル極太」使用しました。

7_2 色ちがいのセーター。
左140センチ、右130センチ対応。

同じ糸で同じ目数段数なのになぜ多少サイズがちがうかというと、
右はあみなおしのややくたびれた(笑)糸を使用しているため。

じつは・・・おととしあんだ父のカーディガン​​​の両ひじが完全に擦り切れてきたので
ほどいて(いたんだ部分はのぞいて)リサイクルしました

3_2 (父にはないしょ、くつしたもセーターも擦り切れてずたずたに裂けるはおろか、
さいごの糸1本になるまで着倒そうとする人なのでwobbly・・・)。






5_2 こちらはアイスランドのロビーセーターふう。
オリジナルデザイン(笑)でぼうしを編んで、残り糸は使い切り(笑)。

4 真上からみると、輪になったもようあみが花びらみたい、
本来は伝統ニットでありながら
大胆な配色とデザインがモダンアートのように斬新です。

150センチ対応。

9 裏返してみると・・・
もようあみの部分(ヨーク、そで、すそ)
が装飾はもちろんセーターの保温と補強の役を果たしている、

昔からの生活の知恵に、あらためてびっくりeye

8



うけとった子が、よろこんで着てくれますようにconfident

6 そして、このセーターが今シーズンにアフガニスタンの子どもたちに配布されるとき、
もちろん来シーズン以降もずっと、
平和にあみものできる平穏無事な時間をすごせますように・・・

と、今回はとりわけ感傷的な気分であみばりを動かしていました。

そういえば
父にも、本格的にさむくなる前に新しいカーディガンあんであげないとcoldsweats01・・・。


編み物ランキング


にほんブログ村


にほんブログ村

2017年9月13日 (水)

終わりの始まり。

長年お世話になった
実父の主治医の先生が引退されることになり、月末でクリニックが閉まるとのこと。

寝耳に水でした。

もう8年も前になりますが、
血液検査の数値が気になるからと、現在かかっている総合病院の紹介状も書いていただきました。

間接的な父の『命の恩人』ともよべるかも。

Photo お餞別に、ボルドーの紅白ワインwineを下げて、
挨拶かたがた最後の処方箋をいただきました。

先生、長年ありがとうございましたconfident

どうかごゆるりと、楽しくおすごしくださいますように。



Photo_2 クリニックの帰途、みかけた広告。

NHKの番組で放映されて話題をよんだ​『サプール』写真展​、

心斎橋大丸で開催中でした。

長年内戦で疲弊したコンゴ、
おしゃれな​サプール​は、平和希求の哲学でもあるのだそうです。

たしかに、平和あってこそのお洒落、ファッションの堪能。

地雷ではなく花をください」や

美しい花は争いを好まない」に通じるものがありますね。

それにしても、アフリカ系の人の肌に
原色のスーツやシャツ、映えるなあlovely


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2017年9月 3日 (日)

風雲急を告げる?

29日の北海道縦断ミサイル投下につづき、
かの国で水爆実験成功!?
実際に都市部に投下されたと仮定して、ヒロシマがた原爆の約4倍の破壊力があるのだとか・・・

もはや、「あれよ、あれよ。」

​​と言ってるうちに国亡ぶ運命なのでしょうか。​​​

ここまで事態が深刻化しているにもかかわらず、
核武装どころかスパイ防止法も成立せず国軍すら持てぬ現状。

第二次大戦後
物理科学・化学分野で多数のノーベル賞受賞者を輩出しているわが国、

秘密裏にでも
本来、核の無力化・無害化の成功が開発されていれば
よろこばしいのですが・・・

東日本大震災当時のていたらくを思い出せば、悲観的にならざるをえませんね。

この時期に暗示的な偶然と申すべきでしょうか、

長崎で被爆され核兵器廃絶を訴えつづけた
谷口稜曄​さんがお亡くなりになりました。

心よりご冥福をお祈りいたします。

そして護国と平和維持のために
微力でも民草のなすべきこと、
意識を換えてゆくいっそうの「気づき」が急務ですね。

「最大の核抑止力は、核武装」という主張も残念ながら現実味をおびています。


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2017年8月19日 (土)

ミーソン遺跡

1 かつて、近世まで現在のベトナム中西部にかけて栄えたチャンパ王国。

世界遺産でもあるチャンパの​ミーソン聖域​、

忽然と現れるヒンズー文化に、往年のグローバリズムが偲ばれます。

2




3




5 残念ながらベトナム戦争でかなり破壊されたのだそうです。

文化のつながりはむろんのこと、

内戦で被害うけたカンボジアのアンコールワットに重なりますね。



7 文字通り、『インドシナ』文化圏。

人類の貴重な財産。

ミーソン遺跡・ベトナムナビ

人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2017年8月17日 (木)

ホーチミンの夜景。

1 息子いわく「日本とそんなに変わらないぞ」

節電?のためにネオンがややおさえ気味だそうですが、




2 ベトナム最大の商都・ホーチミン。

大阪のキタやミナミ界隈のようなところでしょうか。




人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


2017年8月14日 (月)

プレゼントはハンドメイドで。

お盆休み中に、家族(主人と息子)がベトナム旅行にいってきました。
主人は半ば仕事、息子はプレ卒業旅行?
(交通移動いがい、ほぼ別行動だったらしい)

お世話になる現地の皆さんに、こまごまお土産を包みましたが
(日本製の化粧品や常備薬、お菓子類)

私からはガイドのウェンさんに、てづくりの服(笑)を。

1 キャリーバッグの上に、四角くたたんで・・・なんでしょう?

ウェンさんは、うら若いシングルマザー。
目に入れても痛くないlovely、小学校2年のボクと二人暮らしで
毎日がんばっているワーキングマザーでもあります。


Photo 星のカービィのプリントで、ボクのパジャマをじか裁ちhairsalon
パジャマはゆったりしてるにこしたことはないと思い、9歳サイズでつくったのですが

帰宅した息子いわく、

「小2なのに、(身長が)もう俺の胸くらいまであった」 (息子176センチ)

・・・なので、次回はもうちょっと考えてみよう、とcoldsweats01


2 こちらはウェンさんに、ミニ丈のワンピース
(レギンスやジーンズにあわせてチュニックにも)。

ハイウエストにはしごレースを縫い付けてリボン通せばおしゃれのアクセントに。

直線裁ちのかんたんワンピなので、プリントに凝りました。

太陽sunの街ホーチミンで、ベトナム美人をひきたたせてくれるとうれしいのですがconfident


人気ブログランキング


洋服ランキング


にほんブログ村

2017年8月 9日 (水)

8月が来るたびに



昨年の長崎平和祈念式典のTV中継をみて、拝聴して以来
耳に残っている曲です。

長崎名誉市民・永井隆博士の詞、
なんと美しく悲しい歌。

昨年はオバマ大統領が広島の式典に出席されるなど、
戦後のターニングポイントかと思われる年でもありました。

悲しみも怒りも、圧殺せざるをえなくて
平和祈願すらねじれてしまった敗戦国の悲劇。

しかし時代はたえず激変してゆきます。

戦争反対で平和を希求すればこそ、

戦争が起こるあらゆるメカニズムを解明して

戦争を防ぎ平和を維持しつづける最新対案プロジェクトを確立しなくては。

己を知り、相手を知り、世界を知る。

つよく、聡く、明るく平和な国の繁栄をいのります。 


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2017年8月 1日 (火)

美麗ファッションイラストレーション。

1ファッションイラストレーター・志村萠さんの画で構成された
ソーイング本です。いずれも鎌倉書房刊。
左から、1981・1985・1989年発行。

81
1981年刊・『ステッチハウス⑧ホームウェア



82
とてもかんたんなのにおしゃれなエプロンとスカート。



83らくらくシルエットのスモックふうブラウス。
これはちょっと、自分用に作ってみたいlovely




1_21985年刊・『ブラウス、スカート&パンツ
当時、ソーイングファンに大好評だったと思われる
じか裁ち洋裁シリーズ』の一冊。
(スカートが圧倒的に多くて、ブラウスとパンツはあまり載っていないのが
やや残念。)

2
ヴィヴィッドでおしゃれな画、
みているだけで楽しくなります。



31980年代、時代の空気を感じさせるのか、
なんだかなつかしい気持ち。


5_21989年刊・『ソーイングブック』。
いかにもゴージャスでバブリーな雰囲気・・・
なのにじか裁ちでかんたんにつくれるところが、合理的。
着彩は、エアブラシかスパッタリング?
華麗にしてこのアナログさが、素敵(やはり、時代だなあ)。

4直線裁ちながら、とてもハイセンスなエプロン。
フリルやレースを多くしてアレンジしたら
メイドエプロンもOKかな?


2_2
軽快で活動的なパンツ。
これも自分のふだんづかいに、作ってみたいな。



1_3ほぼ直線裁ちで、こんな立体的なサンドレスに。
作ったら誰か着てくれるかなあ。



3_2型紙のいらないじか裁ちで、
どこかノスタルジックな愛らしいワンピース。
これも作って、誰かにプレゼントしたい。
しろうと(私)目線ですが、やはり発行年が新しくなるたび、
デザインもつくりかたも合理的に改良されるようです。

志村萠さんは、『ドレスメーキング』等で
1960年代から活躍なさっていた大御所、いつまでもお元気で
いっそうのご活躍をと、祈ります。

じつは、志村萠さんの画 ! !
と選んでとびついたわけでもなく、
長年ほそぼそとソーイング本あさりをしているうちに
ぐうぜん集まったものです。

天の僥倖に、深謝。

 

2017年7月15日 (土)

オーバーブラウス完成。

1_3
完成しました。
同じ型紙で、プリントちがいのポリエステルちりめんタイプ。


しわにならず、洗濯してすぐにかわく化繊は日常着にぴったり。
季節のかわりめに、大いに活躍してくれそうです。

2_3
衿は台衿、カフス付き。
袖あきは切り込みをいれてバイアステープでくるんだ簡単仕立て。

ヨーク・短冊あき付きの本格仕立てのシャツも、いずれは挑戦してみたい。

3
こちらは、『とらや』の店外ワゴンセールのお買い得はぎれ(2m)を用いました。

麻の葉や鹿の子に菊の花をプラスした、ユニークな和風プリント。
『とらや』さんにもすてきな和柄の化繊地がよくでているので、チェックに余念ないです。

4


フリマのはぎれをブラウスに。

ぼかしと花のプリントが、ちょうど和服の訪問着のすそ模様のようです。

5


バックスタイル。
後ろ中央に、いちばん大きな花模様が来るように配置しました。

代紋みたい?

『​クライ・ムキのベーシックな大人服​』の本から作りました。

自分の原型を使って製作するセルフオーダーメイド(笑)はもちろん、
並行して市販のパターンブックや直線裁ち、じか裁ちもつづけてゆきたいです。


人気ブログランキング


洋服ランキング


にほんブログ村


にほんブログ村

«シャツブラウス製作中。

フォト
無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

にほんブログ村