2019年7月19日 (金)

京都市伏見区の事件。

20192   20191
私事なのですが、事件の当日は義母と祇園四条におりました。
祇園まつりの後宮で、平日にもかかわらず人通りも多く・・・

事件の一報がスマホに載ったときは、
「アニメの会社で火事? 放火!?」
といぶかしかったのですが
死者30人越えの大惨事になるとは。

アニメーションや製作現場はよく知らないのですが、
有為の若いかたたちが、
こんな不可解な事件で犠牲・被害に遭うとは、
ことばもありません。

カリタスの児童殺傷事件とか、
よくわからない動機で
無関係な罪の無い人々がむごたらしい被害にあうのは
あってはならない事ですが
現段階でふせぎようがないのもおそろしいですね。

『人権』や『忖度』は、
世の中のルールを守って尋常な生活おくっている一般人
にこそ最優先されるべきで、
無意味に社会に害なす者
を保護するべきものではないと思います。

火傷で重傷の犯人とされる人物は
より高度な治療のために
ヘリコプターで大阪の病院(と放映されていたニュース映像では、間違いなく大阪狭山市の近畿大学付属病院でした。京都からなぜわざわざ遠方へ?)に搬送、
取り調べや裁判の為にのみ医療従事者のプロジェクトチームが全力で救命回復にあたる
というのも、なんともやるせない。

未来への大きな希望をいだいていたであろう
京都アニメーションのスタッフのみなさまのご冥福お祈りするとともに
善良な一般人が安心して通常の生活送れるように
参院選後はすみやかな法改正・改善おねがいしたいです。

京アニ放火犯の素性と戦後「凶悪放火魔事件」の60年史

1分で黒煙充満か=被害スタジオ、新入社員も-「生きて裁かれるべき」・京アニ放火 

京アニ火災 京都・マンガミュージアムなどに募金箱

​​もはやテロ?​​




人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

2019年7月17日 (水)

参院選まぢか。




平成から令和と元号が代わっても、こどものネグレクト・虐待の陰々滅々とした報道がなくなりません。

すみやかな法改正をのぞみます。

できれば
『虐待防止救援センター』かなにか(名称はなんでもいいですが)
従来の児童相談所より上位のセクションを
警察内に設置して専門家をおき
情報収集・通報できるようにしてほしいです。
要するに強制捜査権発動できるポスト
(看護師や保育士、在野組織とも連携して)。

というのも、ご近所に虐待やネグレクトの可能性あるお子さんがいても
民間人レベルでは、やはりできることに限界あります。
せいぜい通報するしかない、にもかかわらず
通報先の児童相談所や地元警察があてにならず
かわいそうな結末むかえる報道が多すぎていやになる。

札幌の事件​のケースでも、
とある掲示板でも
心あるネットユーザーのみなさんが被害者であるお子さんを気の毒がりながらも

「・・・ほんとにかわいそうだけど、かりにわが家で(被虐待のお子さんを)
預かって、
全身いれずみのあるあんな怖い男性が取り返しにきたら
と思っただけでおそろしくて、実際には通報くらいしかできない」

との内容があり、頷きながら身につまされました・・・。

この種の虐待事件で、主犯が母親の場合
(父親の場合はあまり容疑者に同情的な意見てみたことない、私がみおとしてるだけかもしれませんが)

子の命にかかわる危害くわえた親を責めるだけではなにも生まれない、
親自身が不幸な育ち方しているのだからそこを斟酌しなければ
虐待・ネグレクトの悲しい事件はなくせない。

とお優しい意見がままありますが、
(有識者でもそんな論調のかたが少なくない、もっともそう仰るかたが具体的に不幸な母子救済に尽力している実例はとんと存じませんが。)

私は正直、こんな虐待するような親はどうでもよくて、
それでもなんとかお子さんだけは助ける方法がないものかと
足りないあたまでかんがえてしまいます。

逆も真なり。
で、ぶじに子供を救い出せれば、少なくとも
親は殺人者にならずに済みますね。

育児に悩んでいても、なりふりかまわず
周囲に「助けて」と声あげられる親なら、
『事件』にまで至らないのではと思います。

札幌の事件の場合、
18歳かそこらの少女妊婦が
ひとりで出産
(配偶者どころか彼女の親や知人がろくすっぽ現れない)、
その段階で
産院がしかるべき機関に連絡、

定期的に保健師さんが家庭訪問して育児指導
(経過報告、赤ちゃんに不審な点あればすぐ通報)、

いざとなったら強制捜査でお子さんを保護。

・・・とかできれば理想なのですが。
情緒欠如してる親に過重な母性神話の押し付けが酷というならば、
周囲の善意のおせっかい、
多少の介入が耐えられないほどひどいしうちとも感じません。

(いろんな事情があって、親のない子や実親に育てる能力の無い子を
ひきとって親になりたい優しいカップルも存在しますね。)

そして生まれてきた子には、その子の親でなくても
地域のおとなたちが愛情もって見守りはぐくんでゆけるような、
少子化だからこそいっそう思いやりある世の中であってほしい。

そのための『身をきるような改革』ならば
増税もいくらか首肯できるかと思います。

国会は国家、国民の益に供するためにあり、
徒に安倍さんの足をひっぱるばかりが
議員のみなさんの仕事ではないはずですが。


​​​「んも~かわいい!」がなぜ「虐待」に……札幌2歳女児衰弱死の闇​​




人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

2019年6月21日 (金)

児童書は、あなどれない(^^)。

1_20190621231501 PHP研究所刊・『​楽しい調べ学習シリーズ​』。
小学校高学年から中学生対象と思われますが、
自然科学から政治経済、エコロジーやリサイクルまで、扱われる分野が多岐にわたります。

お子さん向けに、いろんな体系やシステムを易しく解説してくださってるので
くたびれた(笑)中高年世代の勉強(笑)にも適しているかと、
図書館で借りて少しずつ読んでいます。

『少年法』も『知的財産権』も、日常生活の
身近な問題でありながら
わかっているようであまりわかっていない
(じつは、ほとんど知らない(苦笑))ので、助かります。

8_20190621231501  6_20190621231501  7_20190621231501   2_20190621231501

『少年院』は、未成年者にとっての『刑務所』に該当するのではなく
矯正教育施設、つまり『教育』の一環なのですね。

4_20190621231501  3_20190621231501

矯正施設に入る少年少女の『非行』や『犯罪行為』
の原因を生育環境に斟酌するあたり、
甘い解釈かもしれませんが、
読者対象も小中学生なのでやむをえないのでしょう。 

(自分自身の『不幸』を無関係な誰かに害を加えるいいわけにしてはいけない。と、 

本文のどこかで明言してほしかった。それでもここまで図解してくださっているのは秀逸。)

5_20190621231501


当事者・関係者以外の一般的にはあまり知られていない
被害者支援体制の説明もあります。

9

・・・とはいえ、第二次大戦後まもない時期に、自分が生きるために盗みや非行せざるをえなかった
不幸な子に適用された少年法が、70年以上経った21世紀現代にそぐわない面が少なくないことも
一面事実であり、改正されるべき問題も頻出しているかと察せられます。

 

10 11  
さまざまな『知的財産権』、
デザインの意匠権
や不正競争防止法、
たいせつな知識なのですが
小中学校の授業では、まずめったにとりあげられることはなさそうです。
その意味でも、わかりやすく貴重な企画(^^)。

トシのせいで(笑)
めっきりものおぼえがわるくなっているので(笑)じっくり
くりかえし読んでいきたいですね。

まるでおよばずながら、マネーリテラシーもちょっとは勉強しなくては。



人気ブログランキング


本・書籍ランキング

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

2019年6月19日 (水)

続・コーヒーかすでピンクッションを。

1_20190620234601 2_20190620234601

暑いおかげ☀か、たまってきたペットボトルのふた。

ほかに
用意するのは
10センチ四方の余りぎれ、
中につめるコーヒーかす☕、
荷造り用の麻ひも(なければくず毛糸でも、綿糸のあまりでも)、
手芸用ボンド、
ヘアゴム用のゴム、
ペットボトルのふたの底に穴をあける目打ち(ゴムの輪をつけない場合は不要)、
1・5センチ幅の両面テープ。

仕上げデコ用に、デコパーツやレースは百均で調達
(頂き物に付いてきたリボン、バイアステープの余り、ファンシーな残りボタンなど、なんでも
手元にあるいらないものを生かして(^^))。
つくりかたは、​こちら​を参照しました。ありがとうございますm(__)m。 

4_20190620234601 3_20190620234601   ・・・そして、ペットボトルのふたを台にしたピンクッション製作中。

5_20190620234601 6    
完成1号
と、材料のペットボトルふた
とコーヒーかす。

あまったコーヒーかす☕
は、このまま靴箱👠
にいれて脱臭剤に。


8 ゴム輪つきピンクッションは、指にはめて
ミシンがけや仮縫いのとき便利
・・・だといいな。

ペットボトルのふたでピンクッション作り

ペットボトルの蓋でつくる針山


7  
パッチワーク、1(ワン)ピースと
ペットボトルのふた再利用のピンクッション
および、その中身のコーヒーかす(^^)。


当分つかえるかなあ?


人気ブログランキング


手芸・ハンドクラフトランキング


ハンドメイド(リメイク)ランキング

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ソーイング(縫い物)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログ リメイクへ
にほんブログ村

2019年6月17日 (月)

関大付近の交番が

襲撃され拳銃が奪われた事件。
いやー、昨夜はTVのニュース見て怖かった怖かった、
迅速に容疑者の身柄確保されてほっとしました。



あの近辺は住宅地だし、
関西大学の構内はだだっぴろいうえにいつも人が多くて
誰が紛れ込んでいてもわかりづらいし
(現在は昔とは変わり玄関前で認証されないと入校できないとか、セキュリティも厳しくなってるのかもしれませんが・・・)。
地域のみなさんはまんじりともしなかったことでしょう。



報道きくかぎり、
空き巣に入られたと虚偽の電話して署員を出動させ
交番を手薄にするなど
拳銃強奪するまでは周到なのに
その後の行動はずさんで無意味にみえて、不気味でもあり
とてもやるせない。

襲撃され重態の警官のかたには
どうか回復してほしいと祈るばかりです。

佐賀工出身のラガーマンで、
初心忘れがたく
大卒後転職して昨年
念願の警察官になった熱血漢、

このような有為の若いかたにこそ
いっそうお元気でご活躍してほしい、
一命とりとめてすみやかな快復をと、願わずにいられません。

​​【交番襲撃】襲われた巡査 “警察官への憧れ”叶えて去年吹田署へ​​


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

2019年6月15日 (土)

昭和の星。

5月に戦後を代表する大女優・京マチ子さん、
そして6月は作家の田辺聖子さん
が天寿を全うされました。
またしても、『昭和』が遠くなった感じです。

おふたりともに
OSKとご縁が深く(京マチ子さんはOSK出身者にして最大のスター、
田辺聖子さんは熱烈なタカラヅカファンで知られる少女歌劇愛好家。)、
公式サイト​もお二方ともに悼辞を発表しておられますね。

タカラヅカ同様
これから、田辺先生原作のドラマも
OSKで舞台化される機会多々あってほしい・・・と望みます。

貴重な動画があがっていました。

 

平成になってからNHKBSプレミアムで放映されたとおぼしき、
1982年ごろの映像
(OSK60年とあるので、たぶん(@^^)/~~~)。

京マチ子さんのオーラや美しさはいうまでもなく、
今みるとなんだかなつかしい気がします。


人気ブログランキング

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

2019年6月13日 (木)

アメリカオニアザミ・・・ぶるぶるっ

Photo_8

庭先に、初夏の花が咲きはじめました。
あざみの花も風情があるわね。
・・・なんて、のんきなこといってる場合ではない、
これは・・・​アメリカオニアザミ​ !!\(◎o◎)/!

鋭い全身の棘で(うっかり素手でさわったりすると怪我する)
野生動物も食べずにさけてとおるうえに 
繁殖力がすさまじく
ほおっておくと庭中が​アメリカオニアザミ​だらけになってしまう
おそるべき外来種
だそうです。

恐ろしいことに、
気がつくとすでに数ヶ所に点在して根をはっておりました(・_・;)。

シャベルで根から掘り起こしてなんとか駆除。
掘った穴はそのままにして、除草剤を撒きました(今後も何回かくりかえすつもり)。

名称にアメリカとついていますが、実際はヨーロッパ原産、
スコットランドの国花なのだそうです。
文字通り、
『美しい花にはとげがある』
なんと恐ろしい(@_@;)。


人気ブログランキング

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

2019年6月11日 (火)

東京のムーミンカフェ2。

1_20190621150501

紅茶の海にうかぶムーミン??

2_20190621150601 

レーライスセット?
なかなか、充実したメニュー。

カフェにいるムーミン谷の面々。

4_20190621150601

「・・・ムーミンたちはムーミン谷からはるばる来てくれているので、
当店のムーミンはお持ち帰りできません」
と注意書きがあるのだそうです。

ムーミンパパとご先祖さま?

3_20190621150601

Photo_20190621150701 番外篇、
こちらはホーチミンでみかけた『にせムーミン』(なのか???)
海賊版らしき絵本、なんだかおもしろい(^^)。


本・書籍ランキング

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

2019年6月 9日 (日)

OSK『サリエリ&モーツァルト』。

Osk20191  観劇してきました。
虹架路万さんのサリエリ、愛瀬光さんのモーツァルト。
ダブル主演
ということで・・・、逆の配役のおふたりも観てみたかったですね。
数日のみの上演なので残念、
しかしいつみても、少ない上演日数、少ない人数、(たぶん)少ないスタッフ
ながら完成度の高いすばらしい舞台で魅了してくださることに感動します💓。

全篇通してちりばめられるモーツァルトナンバー🎵、
おなじみの
アイネクライネナハトムジーク、
フィガロの序曲、
ドン・ジョバンニ、
トルコ行進曲・・・
パパゲーノの歌も聴きたかった(^^♪。

自由奔放にして百花繚乱、聴衆を酔わせる
モーツァルトの楽曲は、
「いきるよろこび」に相応しい、天与の至福。

・・・が、皇帝ヨーゼフ二世はじめとする
宮中の面々は、その才能には脱帽しながらも
作品のあまりの「饒舌」さ、エモーショナルで俗っぽすぎるとうけとり、敬遠してしまう。

・・・当時の音楽の中枢は教会音楽、あるいは王侯貴族を称える儀礼的要素がつよく、
あまりに天衣無縫で喜怒哀楽にあふれたモーツァルトの才能はうけいれがたいものだった
(「時代に早すぎた天才」は、しかも「時代を越えた天才」ですらあった・・・)。

音楽の都ウィーンで
宮仕えの夢たたれたモーツァルトは
市井に活路をもとめ、
場末の劇場で庶民に喝采あびる
しがない通俗音楽家とみなされるが・・・

モーツァルトの天才に誰よりも心うたれ
共感していたのは
宮廷楽長として音楽のトップに君臨するサリエリだった。

そのたぐいまれなる才能を熱愛すると同時に
嫉妬で胸がはりさけそうになる。

「・・・あの軽薄な若者に、私は手を差し伸べるべきなのか?
それともこのままだまってみすごすほうがよいのか・・・」

苦悩するサリエリ。

が、お調子者とみられていたモーツァルトも
自らの畢生の音楽が世間にうけないジレンマに苦しんでいた。

経済的な貧窮と作曲の過労は、徐々にその生命をむしばんでゆく。
「・・・レクイエム・・・、これをぼくが生きているうちに完成させなくては」


時はながれ、モーツァルトが世を去って、はや20年。
墓前にたたずむサリエリ。

「・・・今はもうだれも私の曲など聴かない。
世界中が君に夢中だ。

私だけが君のことを理解していた『あのころ』が、
いちばんしあわせだったのかもしれない」

友や恋人と話すように、愛をこめて語りかけるサリエリ。

ふたりは、ともに音楽を愛し、愛される者。
表裏一体の、光と影。
(モーツァルトが白衣でサリエリせんせいが黒衣なのは、わかりやすい比喩(^^)。)
Osk2019 Osk20192
良い意味で、安心して観ていられる舞台でした
(キャラクターに悪役が誰もいない)。

・・・モーツァルトが登場する直前の、劇のオープニング
の宮中舞踏会の華麗絢爛たる場面、
マイセンの陶器人形のようなうつくしさにみとれてしまいましたね♥。

つぎは『夏のおどり』、
下半期のミュージカルもいっそう楽しみです。


人気ブログランキング


芸術・人文ランキング

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

2019年5月25日 (土)

チノパンからリメイクバッグと端切れでポーチ。

1_6 ウエストが合わなくなったお父さんのチノパン2本。

 

2_6 あれこれ考えるのもめんどうで(苦笑)、いちばんかんたんな四角いバッグに。
いちおう、底部分を折って底まちをつけて。
直線縫いは、やっぱりラク(^^)。


3_2 バッグを裁断して残った余り
と、今までの余りぎれをプラスして、シンプルなポーチ。

チノパン+チノパン、
チノパン+カーキ色デニム、
チノパン+コーデュロイ。
紺のチノパン+黒コーデュロイのモノトーンポーチもつくったのですが・・・
息子に持っていかれた(^_^;)。

トート型ポーチは、小さくしたファスナー付きトートバッグそのまま。
四角いポーチの色きりかえ部分は外ポケット。
いずれもブティック社の『​型紙いらずの直裁ちこもの​』を参照しました。

新しいカットクロスを買うのでもなく、ぜんぶ
リメイクしたそのまた残りの廃品利用。
・・・逆に、身近にあるものを「使いきる」むずかしさを痛感します。
みみっちいけど、好き(爆)だから一生つづけるんだろうな(^_^;)。

4_1 ならべてみました。

・・・ならべると、「バッグの増殖」みたいで
不気味かも(・_・;)。



人気ブログランキング


ハンドメイド(リメイク)ランキング

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ソーイング(縫い物)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログ リメイクへ
にほんブログ村

«コーヒーかすでピンクッションを。

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

にほんブログ村

無料ブログはココログ