« 流浪の民。 | トップページ | 京都劇場の劇団四季。 »

2013年1月22日 (火)

あまりにみえすいた手口。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

桜宮高校の対生徒暴力騒動事件?
ねじれてきたなと思いつつみていましたが、
まさか生徒に公式記者会見させるとは。

開いた口がふさがりません・・・。

「結論覆す」、決意の反論=高校生8人、入試中止で会見-大阪市

体罰先生の嘆願書

桜宮高生徒、涙声で不満訴え「私たちの声聞いてくれなかった」

桜宮入試中止 3年生8人が涙で反対訴え

市役所で、高校生たちのみで公式記者会見ができるって・・・

誰がセッティングしたのでしょう。

ふつう、これほど大事件になれば学校は生徒を過剰な報道から守るために
逆に自主規制するのでは・・・?

伝えられる内容がまた、先生がたや学校に一方的につごうの良いことばかり。

自分たちの仲間、未来ある若者がおかしな学校システム
(暴力顧問およびそれを黙認する周囲)が原因で非業の死をとげた
事実をまるでわかっていないかもしくは
あまりにかるくうけとめているかのような発言は言葉を失います・・・。

「体育科をなくさないでください」
もなにも・・・

生徒あっての学校、ましてや税金で運営される公立高校なのに

生徒のすこやかな心身の成長と学業の成就こそ本来最優先されるべきではありませんか。

「・・・私たちから仲間を奪い、クラブを奪い、先生を奪わないで・・・」
(まるでハシモトさんが悪いような言い方に、あぜん)

主題のすりかえもいいところ、心身の限界まで追いつめる指導者の暴力で未来ある高校生が自死
にまで追い込まれた、
先生や学科どころでなく、廃校になってもおかしくない出来事です。

きっと、メディアにせいいっぱい主張する高校生の気持ちは純粋なのでしょう。

・・・では、生徒に自分たちをかばうようなこと言わせて矢面にたたせている
先生がたは? 校長先生は? 指導で暴力ふるった先生は?

なぜ、出てこられて堂々と発言なさらないのでしょうね。

けなげな高校生のかげに、彼らの純粋さを利用する大人の汚なさが露骨にみえすいて
やるせない気分になります・・・。

古来、無垢なこどもをかげであやつって私利私欲に利用するのは権力者や反体制派の
ありふれた手口・・・。

(メディア側も、そこまで言うなら
君自身がなにも悪いことしてなくてもクラブのみせしめに毎日30発なぐられて
クラブ全員がみてる前で痛罵されて
高校3年間ずっと人権をふみにじられるめにあっても
全部OKでうけいれるんだね、くらい確認してもよかったんじゃないでしょうか、きつい言い方ですが) 

しかし、
逆に
学校関係者のお歴々が自己保身のためならば
高校生の若い生命などいかほどにも感じていない。
「教育者」の化けの皮がはがれる
厳然たる事実が明るみに出ましたね。

うみをできるだけだしきって、教育の再生を希望します。

・・・橋下さんがしゃしゃりでてきて騒がなければ、
忘れっぽい世間が静まるまで
問題教諭(なんと、『スクール・ウォーズ』のモデルで名高い伏見工・山口先生
の娘婿にあたるかたなんですねえ、事実は小説よりも奇なり)
を隠匿してうやむやにもみ消して
おかしな独裁体制? が存続したでしょうから、
問題校の問題点が白日の下にさらされただけ、
市長の功績だと評価したいです。

先生がた、保護者、OBの皆さま。

お願いです。
大人の私利私欲にティーンエージャーの純粋さを利用しないでください。

高校生の皆さん。

正しい判断力を養い、賢く節度ある大人になってください。

べつにこむつかしいことではなく、

この人は、なぜ、こうさせるのか(自分でやらずに)?

この人のためにこうすることで、誰が得で誰がそうでないのか?

本気で私のことを考えてくれる人なら、こんなときどうするだろうか

また、もし私がこの人なら、本当に責任能力があり節度ある大人としてどうするべきだろうか。

等々、あらゆる面から考えるくせをつけ、立場の異なるいろんな人の意見を聞くこと

で今はじゅうぶんだと思います。


事件・事故ニュース ブログランキングへ                 

« 流浪の民。 | トップページ | 京都劇場の劇団四季。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 流浪の民。 | トップページ | 京都劇場の劇団四季。 »

フォト
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

にほんブログ村

無料ブログはココログ