« 祝・優勝、常翔学園。 | トップページ | 悲劇をくりかえさないで。 »

2013年1月 9日 (水)

ひきあわない。

自称・PC乗っ取り遠隔操作

犯人(になりすましている愉快犯?)、

江ノ島のネコの首輪にデータ?

なんだかミステリー小説を地でゆくような、

警察をゲームのコマのようにつかう奇怪な事件

はからずも、

警察のみならず
世の中を動かしている偉いかた

まだまだIT弱者が多くて
対応しきれない
ウィークポイント
が露呈されましたね。

報道されないものも含め、すでに無数のありとあらゆる未解決なサイバー犯罪が
起こっているかと想像します。

ぐうぜん部署にPCマニア、
ネットに詳しいかたがいる
なんて個人レベルではもうすでに間に合わない、

専門的訓練積んだ技術者レベルの
ITのプロ部門

司直に早急に設置されることが望まれますね。

もちろん、ネット規制強化がさかんになる
デメリットもあるかもしれませんが・・・

いろんな意味で一石投じた事件ですね。

とはいえ、本元の遠隔操作では誤認逮捕で人生を破壊された被害者もあり、

明日はわが身であれば、許せない犯罪

スマイリーキクチさんの事件のような
ネット誹謗の被害も今後出なくなるとよいのですが。

それにしても、これだけ世間を騒がせた
本家本元の遠隔操作の真犯人、
身柄を確保したら
中学生でした。
なんて結末だったらいやだなあ。

警察の威信にかかわる事件なので、
このネコの首輪にデータを仕込んだ人
(自分でやったのか自分以外の誰かにやらせたかはわからないけど)

ただの愉快犯?
ですまされず、厳しければ実刑で懲役になるかもしれない

とりあえず
犯人も警察も、
動物虐待 ?  はやめてください。お願いします。

追記・ 1月11日現在、江ノ島のネコの首輪にデータを仕込んだのは

遠隔操作の真犯人とほぼ特定されたとの報道ありました。


首輪の記憶媒体、真犯人が保存 ウイルス設計図見つかる- 共同通信(2013年1月11日12時40分)

 パソコン遠隔操作事件で、江の島(神奈川県藤沢市)の猫の首輪に付けられていた記憶媒体から遠隔操作ウイルスの設計図に当たるソースコードが見つかったことが11日、捜査関係者への取材で分かった。警視庁など4都府県警の合同捜査本部は、ソースコードは真犯人しか知り得ないとみて、媒体に保存したのは真犯人とほぼ断定した。合同捜査本部は江の島の防犯カメラの画像の解析を続け、猫に近づく不審な人物の特定を急ぐ。

びっくり。
まさか真犯人がそこまでしゃしゃりでるかなあと半信半疑でもあり、
便乗した愉快犯だろうと思ってました。


真犯人だとすれば・・・ほぼ「ふくろのねずみ」?

さすがに警察にもここで失態おかしてほしくないです。

調子にのって
世間をなめたことやってると
そのうちどーんと大きすぎるツケがまわってくるよ。

・・・と世人をいましめる反面教師になってくれるでしょうか。

« 祝・優勝、常翔学園。 | トップページ | 悲劇をくりかえさないで。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 祝・優勝、常翔学園。 | トップページ | 悲劇をくりかえさないで。 »

フォト
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

にほんブログ村

無料ブログはココログ