« タイガーマスク運動・伊達直人さん。 | トップページ | 54対6。 »

2013年11月 1日 (金)

あこがれの紬のきもの。

きものやさんのチラシ.jpg

ショッピングセンターの一角のきものやさんで、

ふと目についた値札。

大島や結城紬の反物がぽっきり10,000円! !

が、仕立て上がりのお値段が298,000円(まず妥当?)

この落差は・・・

とぶっとんでいると(爆)、

アドバイザーとおぼしき店員さんが、

「みるだけでもみてってくださいな(^^)」

「お買い得の良えもんばっかりですよ♪」

と、ひきこまれそうになりました

いやー、ご厚意はありがたいのだけど、
数十万円のきものなど
とてもとても買える身分ではございません(^^;)、めんぼくない<m(__)m>。

身なりもふだんどおり(爆)、
手づくりのシャツに手づくりのズボン(上下あわせて原価500円以下)
という、どうしようもなさ

白状してしまいますが、もちろん着付けもできません
(無教養な育ちの悲しさ(笑)・・・)。

ただ、最近流行の「きものリメイク」には、ひそかにあこがれています。

古川敏子先生が提唱なさっている、

「はさみをいれない着物リフォーム」、

ほどいた着物を裁断せずにそのまま生かして洋服に仕立てかえる、

だから洋服に着飽きたら
ほどいて、
パーツをぬいあわせれば
もとの和服にもどる
という、魔法のような妙技は憧れの最高峰ですね

反物なら、裁断(ちょっともったいないけど)して

縫えばそのままシャツやドレスになるわけですが。

おそるおそる(笑)、

「反物だけもとめられますか?」

と質問すると、

「ごめんね、反物だけ買うてもらうことはできません」

「選んでもろた反物は縫い子さんがしっかり仕立てて・・・」


なるほど。

ちょっぴりわかった気がする

もちろん着物地も(経済的な機械織りでも)よいものだけど
縫い子さんのお仕立て代、
人件費の割合が高いのでしょう。

和裁は尊敬してやまない専門職だし、
日本が世界に誇れる職人さんの技術はすたれることなく
どうか後進の若い世代にひきつがれてほしい
と祈ります。
同じく「染め・織り」の技術も・・・、
歴史的遺産にしてしまうにはあまりにもったいない。

・・・そのために、こちらも
お値段高くても「良いもの」を買える
身分になれればよいのですけどね

がんばって、貯金しましょう

・・・でもフリマやがらくた市でリサイクルきもの
も掘り出したいと、夢だけはふくらみます



ハンドメイド(リメイク) ブログランキングへ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ソーイング(縫い物)へ
にほんブログ村

« タイガーマスク運動・伊達直人さん。 | トップページ | 54対6。 »

ソーイング・リメイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« タイガーマスク運動・伊達直人さん。 | トップページ | 54対6。 »

フォト
無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

にほんブログ村