« 捏造事件。 | トップページ | にんじんケーキ。 »

2014年2月 6日 (木)

捏造事件・カリスマをつくるメディアの怖さ。

神戸異人館・イノシシ?

今週はじまった『現代のベートーベン』(笑)こと佐村河内守さんの騒動、
面白がっていたのですが、みればみるほど怖いですね

氏が絶賛をきわめていた当初から、
うさんくささに気づいていた人からの指摘も少なからずあったのでしょうが、
(音楽に詳しいかた、また実際に聴覚障がいのあるかたふくめて)
NHK筆頭にテレビ局の分厚いバリヤー?に弾かれていたのでしょうね。

結局、マスコミがその気になれば
カリスマスターも天才も感動美談もいくらでも
でっちあげ、いや作りこめるということで・・・「アイドル」(偶像)とはよくいったものです。

佐村河内さん自身、マスコミを利用する才覚があったのでしょう。
実にうまく(他者を感動させる)つぼをこころえてらっしゃるなあ
と、うならされました。

ゴーストライターの新垣さんが会見で証言なさったとおり
楽譜もピアノもできない、事実ならますます凄い「なりすまし」ですね。
実は聴覚障がいでもないとすれば、
どうしてキーワード「現代のベートーベン」がでてきたのかなと思ったら、

本来、楽器ができない人なのでしょうか。
作品のコンサートで、作者に敬意を表して
指揮やソロのパートの演奏を頼まれる機会はままありそうだし (ファンもよろこぶ)、
全聾ということにすればなるほど回避できますね

ほかに、過度のピアノ演奏で腱鞘炎で手をいためた
というふれこみでつねに両手にサポーター、
指に包帯、
ピアノも指揮もしない上手いエクスキューズ、
顔がかくれるロングヘア、
喜怒哀楽の表情がよみとれないサングラス、
とてもわかりやすいですね。

とにかく、この人がどうであろうと
ご本人だけの力でここまで大掛かりな虚構のスターダムにのしあがれたわけ
はないので、さんざんもちあげてもてはやしたすえに
奈落につきおとす大マスコミのやりかたはいつもながら凄い。

逆に、マスコミ・メディア各社がバックアップしているうちは
誰かが怪しい不手際を指摘しても
はねかえされて安泰。
場合によっては犯罪も(おしだまっていっさい報道しないことで)
マスコミが増長させる∑q|゚Д゚|pワオォ!!。
しかしひとたび大マスコミにみはなされてポイ
されたとたん、つごう悪いことが盛大にばらされて
あることないことふくめて汚濁のスクープにまみれる、


その分岐点がどこなのか、しろうとにはよくわかりませんが
たいていもっとも悪いタイミングで起こるようですね

いずれにせよマスコミはたいそう恐ろしいものです。
マッチポンプで人災をつくりあげてしまうんですね( ̄□ ̄;)!!。

カミングアウトされた新垣さんの勇気に敬意を表します。

発売中の「週刊文春」によれば、
新垣さんが発表会でピアノ伴奏をつとめた
右手にハンディがあるヴァイオリニスト志望の少女に佐村河内さんが目をつけ、
「聴覚を失い心身の不調に苦しんでいるとき
 ボランティアの音楽指導して知り合った
 同じく障がいのある子供たちの存在に癒され、
 がんばっている少女にインスパイアされて
 彼女のために曲を書き下ろし(これも新垣さんの代作、そしてフィギュアスケートの高橋選手がソチオリンピックで使用する曲)
 現在まで師弟交流がつづいている」
感動的なエピソードの演出に利用しているうち
しだいに少女の両親への専横な要求がエスカレートして、
困った両親から相談うけた新垣さんが
少女のドキュメント本をだしているライターの協力えて
少女一家を守るためにカミングアウト決意したのだそうです。

業界のことはわかりませんが
新垣さんや少女一家が不当な危険にさらされることが
ありませんようにと、
そして今後の少女の幸せを祈るばかりです。

2ちゃんねる実況板ですが、佐村河内さんの感動的なNHKの特番が視聴できます。
いろいろ考えさせられました。

http://news020.blog13.fc2.com/blog-entry-3170.html

佐村河内さんが「感動的な自分」を演出するために利用した子供たち、
この子たちの心の傷にならなければよいのですが・・・。

そして、木で鼻をくくったような、自作の特番へのNHKの見解。

http://www.nhk.or.jp/special/detail/2013/0331/

もう、ウッソーとうめくのを通り越してしまいます

うすうすでも、気づいていないはずはなく、本来
知っているくせに目をつぶりわざとやっていらっしゃるにちがいないと思いますが、

さすがは「みなさまのNHK」ですね(^_^;)

騙すのはいけないけど、なるべく騙されないように、
(せめて騙されても早めにそれと気づけるように)努力したいです。

幸か不幸かこれだけインターネットが普及すると、
メディア側もよくもわるくも消費者をごまかしきれなくなってきましたね。

ともかくとても恐ろしく考えさせられた騒動でした。


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

« 捏造事件。 | トップページ | にんじんケーキ。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

初めまして、

小生のブログに、ご丁寧なコメントを頂き、感謝!です。
小生、実は佐村河内のNHKスペシャルは観ていなかったのですが、その一ヶ月後、TBS(毎日テレビ)の「金スマ」を観て、彼の名前を知ったという次第です。それで、以下のような「佐村河内守の音楽」というブログを2つ書きました。
「佐村河内守の音楽(上)」(2013年4月30日公開)
http://plaza.rakuten.co.jp/0511katutyan/diary/201304300000/
「佐村河内守の音楽(下)」(20131年4月30日公開)
http://plaza.rakuten.co.jp/0511katutyan/diary/201304300001/

この時点では、「クラシックの世界にも、凄い作曲家が出てきたな」と思っただけだで、胡散臭いという感じは持ちませんでした。彼(実際には新垣氏の)の音楽は「金スマ」とYou-Tubeで聴いただけだったのですが、マーラーやバッハに似た感じだとは思いましたが、単なる模倣ではなく、現代性もある独自の作風だと今でも思っています。

小生が次回に、「NHKスペシャルの功罪」を書こうと思ったのは、やはりフジ子・へミングのことも頭にあります。彼女の「奇蹟のカンパネラ」というCDは、20万枚も売れたそうですが、あの酷い演奏のCDがこれ程売れたのは、やはりNHKの番組に騙されたためだと思っています。
そう云えば、フジ子・へミングも一時、聴覚障害があったとされていますね。

saruyuri様のブログ、面白そうです。
また時々お邪魔させて頂こうと思っています。
宜しくお願い致します。

リュウちゃん6796さま

ようこそ、おこしくださいました。

ゴーストライターの新垣さんは「マーラーの模倣」とおっしゃったのだそうですね。

私も不勉強で、個人的な好み(笑)があるだけで
じつは音楽のよさ(笑)はよくわからないのですが、
佐村河内さんの作とされていた曲、わるくはないけれど
どれもどこかできいたような旋律だなとは感じました(^_^;)。

とにかく、ある意味業界の暗部をさらけだした騒動ですね。
才能はあっても表に出ず不遇をかこっている俊英がたくさんいらっしゃることでしょう。

これから研鑽つんでゆくであろう少女ヴァイオリニストが心配です。
おとなの汚さに幻滅して、音楽まできらいにならないでほしいです(;_;)。

フジコさんは凄い独自の解釈で換骨奪胎なさっているのか
単にへたな演奏(失礼)なのか、これまたよくわかりません。
個人的に嫌いではないですが、たしかに正式な奏法ではないですね。
御歳からしていまだに現役ピアニストなさっているだけで尊敬にあたいします
が、こと道なかばの若い世代の才能を、メディアがおもちゃにしてつぶさないでほしい
と切に願います。

クラシックから大きく反れますが、
TV局がもてはやしたボクシングの一家とか・・・マスコミはともかく怖いですね。

リュウちゃん6796さんの次回の記事も楽しみにしております。
こちらこそ、よろしくお願い申し上げます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 捏造事件。 | トップページ | にんじんケーキ。 »

フォト
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

にほんブログ村

無料ブログはココログ