« 夢の万能細胞。 | トップページ | ムーミンあぶない! »

2014年3月15日 (土)

まるでマンガ(駄)。

あるのかないのか、世論を騒がせたSTAP細胞。

いまとなってはまぼろしのから騒ぎのようですが、
発見者とされるうら若き女性研究者

おしゃれなメイクや巻き髪、アクセサリー、白衣にかわる割烹着、
ピンクに塗った研究室の壁
や「大好きなキャラクター」ムーミンのシールなんやかや

「女子力」をアピールしたあたり、

あたかも理研が(研究法人機関としてはあるまじきことに)
新人を華々しくデビューさせる芸能事務所そこのけに、
アイドル「リケジョ」をつくりこんだ感じです・・・。

このかたの実像なのか
理研の「戦略」なのか
部外者にはわかりませんが(実は両方?)
まあついでに
ファッショナブルな割烹着

ムーミンもみそをつけられた格好

往年のムーミンファン(笑)としては、なんともものがなしい。

ところで。

可笑しな偶然の一致
というべきかどうか、

コミックス中でムーミンご自身(笑)

が「生命創造する夢の万能薬」 を発明していらっしゃる(笑)


ことを、知る人ぞ知る(笑)。

(ムーミンまんがシリーズ3 それいけムーミン・講談社・1970年)

新聞記者の取材をうけるムーミン。
ムーミンの万能薬1.jpg

このシャープな描線は、トーべ・ヤンソンさんの
弟ラルスさんの作画と思われます

ムーミンの万能薬2.jpg

そして、新聞紙面を賑わす日がやってきました・・・。

ムーミンの万能薬3.jpg

「生命に関する特効薬発見さる」

このストーリー、残念ながら
現在も入手できる筑摩書房刊のムーミン・コミックス
には再録されていませんが、
ムーミン・コミックス11巻
にこれの前篇『魔法のカエルとおとぎの国』
が載っています。

ムーミンが発明した魔法の薬を
おもちゃの人形にかけると、生命を得た人形が自在に動き出す。
昔話の本にかかると、
登場人物が全員出現して行動はじめる。
まさに魔法の凄い薬! !

そして特効薬発明が知られることになり、

政府高官の知遇を得て

政府の要請でムーミンは薬の開発と研究にはげむことになりますが・・・

ムーミンの万能薬4.jpg

ノンノン「どうなった ムーミン

ムーミン「かんぺき! ただ薬がきかないだけだ

とってもマンガチックです

が、あまりにも暗示的(ちょっとちがうか・・・)。

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

« 夢の万能細胞。 | トップページ | ムーミンあぶない! »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 夢の万能細胞。 | トップページ | ムーミンあぶない! »

フォト
無料ブログはココログ
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

にほんブログ村