« べレンスタイン・ベアファミリー・シリーズ。 | トップページ | 追悼。 »

2014年4月30日 (水)

べレンスタイン・ベアファミリー・シリーズその2。

ベアくんシリーズ・1969年日本パブリッシング刊.JPG
じつは郷愁で、私自身が小さかったころ、大好きだった『幻の絵本』

おぼろげな記憶では、幼稚園の図書室でくりかえし借りては、
父に読んでもらっては笑いころげておりました。

出版社も邦題もわからなかったのですが、最近
偶然地元の図書館に在庫があるのを知りびっくり。
とても懐かしかったです。

奥付をみると、1969年刊。
翻訳者名を拝見しても、非常に豪華なラインアップですね

ベアくんシリーズ1969年刊奥付.JPG

カラーインクのような透明感のある明るい色彩と流麗なペンタッチ。
いきいきと、物語の世界に惹きこまれます。

ベアくんのクリスマス.jpg

ベアくんのピクニック・とびら.JPG

若かりし日の父の感想。

「・・・しかし、やせこけたくまじゃのう

ベアくんのピクニック巻頭.JPG

かわいらしい絵なのに、くまさんの手足?
とか、妙にリアル。

ベアくんのピクニック6.JPG

幼いころの私「凄いツメ! !」

父「ツメが引っ込められないんだな」

ベアくんのピクニック3.JPG

いつも全力投球ながら
どじな展開、
つねに失敗の連続でも決してへこたれない
前向きなパパの悪戦苦闘ぶりがグー

ベアくんのなつやすみ2.JPG

アニメーションのような臨場感あふれる見開き。

ベアくんのなつやすみ3.JPG

『ベアくんのなつやすみ』
とびらのみひらき。
ふたりを見守るママの心境伝わってくるようです

ベアくんのなつやすみ・とびら.JPG

きっとすでに2世代、3世代にわたり愛読されているだろう
ロングセラーで、英語版は現在でも発売中・購入できますが、
こちらのコメントのように、翻訳版もぜひ復刊してほしいですね

詳細は、ここ

公式サイトもあります。

ところで、本国ではべレンスタインさんご夫妻の評伝も刊行されているそうです。
これも機会あれば読んでみたい(児童向き伝記だといいなあ・・・)、
英語勉強(笑)しなくちゃ。


本・書籍 ブログランキングへ


読書日記 ブログランキングへ

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

« べレンスタイン・ベアファミリー・シリーズ。 | トップページ | 追悼。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« べレンスタイン・ベアファミリー・シリーズ。 | トップページ | 追悼。 »

フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

にほんブログ村

無料ブログはココログ