« 珠、散華する。 | トップページ | お浄めを願う。 »

2014年5月30日 (金)

また、恐ろしい事件。

20130908172742

怖い報道が続いた今月でしたが・・・

子供の?遺体...児相「中学入学予定、所在不明」

厚木の男児白骨遺体、父親逮捕...食事与えず放置

息子が死んだ後、怖くて家出た~逮捕の父親


<白骨遺体>「男児が入学式から出席せず」厚木市教委は把握
 児相、男児確認は10年前...県警に相談せず 所長会見、厚木の遺棄致死
市教委、長男の所在確認せず=08年の小学校入学時-神奈川・厚木の白骨遺体
【速報】厚木のアパートで子どもの白骨遺体 「中学入学せず」児相通報
2014.05.30 23:30:00

30日午後3時15分ごろ、厚木市下荻野のアパート1階の室内で、白骨化した子どもの遺体を
厚木署員が見つけた。
 同署によると、今月22日、県厚木児童相談所から「中学校に入学すべき男子生徒が入学して
こない」と届け出があった。同署が生徒の父親と連絡を取り、30日にアパートを訪問。
居間で白骨化した遺体を発見した。同署は、見つかった遺体がこの男子生徒の可能性が高いと
みて、父親から事情を聴くなどして調べている。母親の行方は分かっていないという。
 このアパートに住む会社員によると、警察官が数日前、自宅を訪れ、1階の住人について尋ね
てきたという。会社員は「10年ほど前から物音が聞こえなくなり、郵便物もたまっていた
ので、誰も住んでいないと思っていた」と話した。
 発見現場は、厚木市立三田小学校近くの住宅街の一角。
【神奈川新聞】
子供の?遺体...児相「中学入学予定、所在不明」
読売新聞 5月31日(土)6時35分配信
 30日午後3時15分頃、神奈川県厚木市下荻野のアパートの一室で、幼児とみられる白骨化
した遺体を厚木署員が発見した。同署は遺体の身元確認を進めている。

 発表によると、厚木児童相談所から今月22日、「今年4月に中学校に入学するはずの男児が 所在不明になっている」と同署に届け出があり、同署員がアパートに確認に行ったところ、 鍵がかかっていたため引き返した。30日になって同県内の別の場所に住む父親と連絡が取れ、 父親の立ち会いのもとでアパートに入り、和室で遺体を発見した。

 このアパートでは、男児と母親が暮らしていたとみられるが、母親とは連絡が取れていない。

 隣のアパートに住む主婦(22)によると、遺体が見つかった部屋では、主婦が引っ越して きてからの2~3年の間に、エアコンの室外機が動いているのを見たことがないといい、 「あの部屋に人が住んでいたなんて......」と驚いていた。 現場は、JR相模線相武台下駅の南西約4キロにある住宅地。
息子が死んだ後、怖くて家出た~逮捕の父親
日本テレビ系(NNN) 5月31日(土)19時19分配信
 30日、神奈川県厚木市のアパートから白骨化した男児の遺体が見つかった事件で、警察は、
男児に食事などを与えずに死亡させたとして父親を逮捕した。

 保護責任者遺棄致死の疑いで逮捕されたのは、トラック運転手・斎藤幸裕容疑者(36)で、 2006年から2007年にかけて、厚木市のアパートで当時5歳の長男とみられる男児に 食事などを十分に与えず、死亡させた疑いが持たれている。

 また、厚木市によると、2007年に小学校の入学案内を送った際、返事がなく、 アパートで誰も生活をしていなかったため、男児は就学児童の名簿から 消えてしまっていたという。ところが去年、市があらためて調査し、斎藤容疑者に面会した ところ、斎藤容疑者は「息子は生きているが、妻と一緒で所在はわからない」と話したという。

 警察の調べに対して斎藤容疑者は、「2006年の秋ごろ、息子を死亡させてしまった」、 「息子が死んだ後、怖くて家を出た」と容疑を認めているという。
児相、男児確認は10年前...県警に相談せず 所長会見、厚木の遺棄致死
産経新聞 5月31日(土)11時27分配信
 神奈川県厚木市のアパートで男児の白骨遺体が見つかり、父親の斎藤幸裕容疑者(36)が
保護責任者遺棄致死容疑で逮捕された事件で、同県厚木児童相談所の井上保男所長は31日、
記者会見し、男児の所在を最後に確認したのは平成16年で、小学校に通っていないことを
把握しながら、今年春まで県警に相談しなかったと明らかにした。

 井上所長によると、16年10月7日午前4時半ごろ、アパートの近くで通行人が男児を発見 し、児相が保護。その際、男児は裸足で、Tシャツと紙おむつ姿だったといい、 翌8日、母親に引き渡した。

 児相が男児の姿を確認したのはこの時が最後だったという。その後、男児が小学校に通って いないことを把握していたが、今年に入って事件性もあると判断し、今月22日に県警に 相談していた。

 遺体が見つかったアパートは閑静な住宅街にあり、近くに住む大学3年の男性(20)は 「3年前に越してきてから、雨戸が開いているのも洗濯物を干しているのも見たことがない」 と話した。
-----------------------------------------------------------------

徒労にすぎないのですが・・・


父親、児童相談所、小学校、教育委員会
十把一からげに

それでも人間か! ! !

とわめきたくなります。

お役所は、ちゃんと仕事してください。

なにもせずにうっちゃっておいて、
「救えなかった」くだらないいいわけをきくために
高い税金払ってるんじゃありません。

もちろん親がいちばん悪いのですが、
どうすれば
かわいいさかりのわが子を餓死させておいて7年も平気でいられる
欠落した存在が出来るのか、
くわしく知るのも怖い感じです。

わが子を死に至らしめたのが女性、
殊にうら若いシングルマザーだったりした場合
なぜか
「彼女だけが悪いのではない」
「親を救わないと、子どもを救えない」
と不可解な擁護論が登場しますが
(親が子を故意に殺めてしまったら、なんにもならないのに)
そのようなコメントする「優しい(私」に酔っている)皆さんは
はたして父親でも同様におっしゃるのでしょうか。
いずれにせよ原因も結果も酷いことにかわりありません。

くりかえしますが、子を守り育てるべき親が、わが子の生命をむごたらしく奪ってしまったら
なんにもなりません。

せめて遺体遺棄の時効で不起訴などと
軽い処分にならないことを祈ります。

21世紀の日本で、幼い子が
親に保護されず食事を与えられず餓死して白骨化するまで捨て置かれた
(打っていてもむしずがはしる)
なんて許されべからざる大罪です。

未来への希望である
国の宝である子どもたちを
国家をあげて護りはぐくむべきとき、

子供が犠牲になる不幸な事件を撲滅するために
法改正すべき瀬戸際にきていると思います。

役に立たないどころかしばしば害にしかならない現在の組織は解体して
警察や税務署のような強制捜査が可能な
強い権限と専門知識を併せ持つプロ集団の設置が望まれます。

私たち市井の
個人レベルでは、
子育て中の世代は一生懸命子育てする、
熟年世代は年の功でサポートする、
同じテリトリーの子どもたちには、その子の親でなくても
地域のおとなたちがあたたかく見守るのがあたりまえな世の中であってほしいですね。

そして
国は全力あげて
乳幼児ふくめ居所不明児童
の解明・救出にあたってほしい、
こども虐待および虐待死撲滅を心から願います。
気になっている事件。
拡散希望。

恐ろしい話。
 

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

« 珠、散華する。 | トップページ | お浄めを願う。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 珠、散華する。 | トップページ | お浄めを願う。 »

フォト
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

にほんブログ村

無料ブログはココログ