« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

2015年1月26日 (月)

トマト煮込みうどん。

ラッキーなことに、スーパーで完熟トマトが手に入りました

冷蔵庫に残っていた
にんにくひとかけ、ベーコン2片を細分してフライパンで炒め、
うすいけむりがでたら
つくねだんごのタネのあまり(鶏ひき肉、すりおろしたにんじん、しょうが少し)
を加えてさらに炒める。

小なべにお湯をわかし、フライパンで炒めた上記の具と
湯むきしたトマト2~3個をいれてポタージュ状になるまで煮たら
コンソメの素と塩コショウ少々、隠し味の醤油少しいれて味付け、
かたゆでうどんの玉をいれて
うどんが赤くなるまでぐつぐつ煮る。

青み(ねぎ、青じそ、香菜もよし)をちらして、できあがり。

トマト煮込みうどん.jpg

とてもかんたんなのですが・・・
美味しさに絶句しました。

トマト味のスープパスタ
の亜流なのでしょうが、
トマトの酸味とうどんのやさしい味が渾然一体
でベストマッチ。

寒い時期のあつあつのうどんはうれしいけれど、

盛夏の完熟トマトでつくった真っ赤なうどん
を汗かきながら啜るのもいけそうです。

ちなみに、主人はトマトが嫌いで
トマトが入った料理はいっさい食べようとしません。
だいぶ人生損してるなあと、残念

具はありあわせを使いましたが、にんにくとしょうがは欠かさずいれてほしいところ。
肉じゃが用の特売牛バラ薄切りなども、とても相性がよさそう

かんたんなので、
トマトが余ったらぜひ、つくってみてください。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

2015年1月23日 (金)

こんなとき。

オメガ7.jpg

「(人質救出等の非常時に)現実に『オメガ7』があるといいね」

といったら、

お父さんが「うさぎか?」

ちがうよ。作者は同じだけれども。

うさぎが主人公のミリタリー巨編、『キャットシットワン』、

このアニメ版は、実際に中東で人質になった同国人その他を
戦闘で奪還する救出劇だった。


http://news.yahoo.co.jp/pickup/6147100



いろいろと、考えさせられる。


政府首脳はたいへんな事態だけれども、おとしいれようとする雑音にまどわされず

最適な対処なさってほしい。

あのダッカ事件を思い出すまでもなく

さらなる被害の連鎖を生み無関係な多くの人命を危険にさらす
テロ資金に利用される身代金など国家が絶対払ってはいけない。

国内マスコミの動向も毎度ながらヘンだ。

最も悪いのは誘拐犯のテロリストであり、

国務や社命でもないのに旅行自粛を勧告される海外の危険地域にわざわざゆく被害者

もある程度浅薄のそしりはまぬがれないと思うけど、

なぜか国内メディアでは『政府批判』にすりかわっている。

これが民主党政権下なら・・・

国内メディアのみ、だんまりを押し通して広く一般に報道されることもなく、
結末がどうなっても事件そのものがにぎりつぶされたのでは・・・ぶるぶる

犯人側は内閣辞任せよとも国家解体しろともいっていない、
ただ「カネをだせ」と要求しているのですが。

・・・奇しくも上記の劇画『キャットシットワン80』で、

来日した主人公のひとり(いっぴき?)を

「ホワイトさん、わが国の法律は未整備でして」
と日本の官僚がけん制する場面があったなあ。

ただ、人質のぶじな早期解放を願います。


本・書籍 ブログランキングへ

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

2015年1月17日 (土)

20年。

20140401093935.jpg

阪神淡路大震災から20年。

東日本大震災からまもなく4年。

今日生かされている事、

無事に一日を終えられることのありがたさ。

毎日ささいな不平不満のたえないわが身がはずかしく、
頭をたれるのみ。

そして微力ながら、よりよく生きたいと願います。

(それでも、天災は二度と起こってほしくないです。)


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2015年1月14日 (水)

ボトムからトップに・リメイクシャツ

リメイクシャツ3.jpg

もう10数年前、子育て期間中にたいそうお世話になった
ユニクロのレギンス3本。私と同様(笑)よれよれ

リメイク前・レギンス.jpg

これはずいぶん前から、カットソー風のふだん着にしようとたくらんでいました。
大人(私)サイズだと、思ったより利用できる容量が少なくて

カットソーにリメイク1.jpg

「後ろ身頃+えり」・「前身頃+見返し」・「両そで」

で3枚使いきりました。
元の後ろポケットは3枚とも
大ざっぱにカットしてそのまま前身頃につぎあてる、あかぬけなさ

カットソーにリメイク2.jpg

前立てはファスナップ止めで、かんたんに。
元型の縫い目も切りかえラインのようにいかして。

カットソーにリメイク4.jpg

参考にしたのはクライ・ムキ先生の『早縫いカットソーの服』、

が、お父さん「ぜんぜんちがうやないか」(失笑)、

まあ自分のふだん着用だから、いいか

カットソーにリメイク5.jpg

こちらはその昔、同じ要領で
お父さんの夏用イージーパンツをリメイクした息子のシャツ。
小学校3、4年くらいだったと思います。

リメイクシャツ1.jpg

ズボン1枚でこどものシャツ1着ぶん(130~140センチ)
とれるんだから、やはりメンズは大きい

型は婦人之友社の『いますぐ縫えるもめんのこども服
で、この本から
ロックミシンを使わない折伏せ縫いの仕立て方を、教えていただきました

リメイクシャツ2.jpg

処分するまえに、記録にのこしておこうとパチリ


ハンドメイド(洋服) ブログランキングへ


ハンドメイド(リメイク) ブログランキングへ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ソーイング(縫い物)へ
にほんブログ村


にほんブログ村

2015年1月13日 (火)

はじめてのたまねぎ染め。

去年から、ダンボール箱にとっておいたたまねぎの皮がだいぶたまってきました
(『物を溜めない』、新年の誓いをさっそくやぶっていますが)。

図書館で借りてきた本を参考に、
あこがれの『たまねぎ染め』にチャレンジ。

材料はこれも何枚も溜まっている(苦笑)、
洗濯でちぢんだお父さんの通勤用白ワイシャツ。

たまねぎ染め1.jpg

なべに水とたまねぎの皮(両手にひとかかえほど)をいれて30分以上ぐつぐつ煮る
と、濃い飴色っぽくなります。

たまねぎの皮だけすくいだし
(あとで気がつきましたが、最初から
ティーバッグのように不織布につつんだたまねぎの皮を投入すればもっと便利)
色水に酢を大さじ3杯いれて
シャツを投入。
20分ほど煮たら塩大さじ3杯いれてさらに10分煮ます。

一晩ほったらかし、
翌朝なべの中のシャツをとりだしてしぼり(まだ温かかった)、
ひかげ干し。

「美しい黄色に染まります」
と本にありましたが

たまねぎ染め2.jpg

大人の通勤用カッターシャツ、長袖3枚と半袖1枚。

黄色というより淡いベージュ
または明るいカーキ色?

画像では色がうすいのですが実際はもうすこし濃いめで、
これはこれで好きな色で、わるくありません。

手間をおしんで(笑)、媒染もなにもしていないので
洗濯をくりかえすうちにしだいに色がぬけてくるかも。

みょうばんでできる簡単な媒染もためしてみたいけど、
山茶花やバラ等の花びらで染めるときは媒染なしでOKらしいです

これは、花を買ったりいただく楽しみがふえてうれしい。

染めたシャツ、
エプロンにしようかチュニックがいいか、
元型をいかすのもよいですが
裁断して思いもよらぬリメイクするのもおもしろそうです。


ハンドメイド(リメイク) ブログランキングへ


にほんブログ村

2015年1月11日 (日)

赤い旋風。

帝京大学ラグビー部、祝・大学選手権6連覇

皆さま、おめでとうございます。

決勝戦はまさに、安定の巧さ強さでしたね。

ぜひ、あの新日鉄釜石や神戸製鋼の7連覇を凌駕する
前人未到の頂上記録達成
を、期待します。

そして、2019年ワールドカップ日本開催は、もう間近にせまっていますね。


関東大学ラグビー向上へ「伝統」捨てる時

大学ラグビー 帝京大が史上初の6連覇


人気ブログランキングへ


ラグビー ブログランキングへ


にほんブログ村

2015年1月 8日 (木)

吉行あぐりさん。

昭和戦前から美容師の草分けとして活躍された吉行あぐりさんの訃報を聞きました。

107歳。

大往生でいらっしゃるはずなのに、なぜか(意外にお若い!)と奇妙な感覚にとらわれます。

時代の激変をのりこえて、美容師ひとすじに生き抜かれた稀有な生涯。

いっぽうで長寿ゆえの悲劇、お子さんたちに先立たれる逆縁も経験されて・・・
いまは天国で淳之介さんや理恵さんと再会をよろこんでおられるでしょうか。

手元にある昭和7(1932)年発行の『婦女界』7月号より、

当時のあぐりさんは20代半ば、
和子さんと理恵さんはまだ生まれる前。

新進気鋭のヘアデザイナー、時代の先端をゆくモダンガールだったのでしょう

20150118111046.jpg

あぐりさん考案のヘアスタイル。
片方だけ耳かくし、左右アシンメトリーなおしゃれな結髪。

お客さんも今でいうそうそうたるセレブ
山の手の奥様や令嬢、
華族や財界のかただったでしょうか。

若き日のあぐりさんはきりっとした美女

さすがは母子というか、
吉行淳之介さんに瓜二つ。
美形の血筋ですね

20150118110938.jpg

「・・・彼女が山の手美容院の主(あるじ)であり、
夫君のエイスケ氏が新興藝術派の闘士であり、
ムーランルージュの文藝顧問であることは、皆様も承知の通りです。

昔は、髪結い(失礼ですが)の亭主は、長火鉢の向こう側にアグラをかいて、
女房に養われている存在に過ぎなく、女房のほうが有名なものですが、
アグリ夫人の場合は、そうではないようです。
エイスケ氏の文壇的盛名に引きずられて、彼女も有名になっていったかの感があります。
しかしそれにしても彼女に商売熱心と研究心が、なかったら、
今日ほどにはならなかったであろうことは、疑いないことです。」


・・・と、あります。

見目麗しく才長けて、華やかに東京山の手を闊歩するモダンガール

BGMは藤山一郎先生の『東京ラプソディー』(1936年大ヒット)で






・・・先人の偉大な功績をたどる事で「いま」をみつめなおし
未来をよりよく生きる指標となる

などとかたくるしく考えるまでもなく、

素敵な人のあゆみに思いをはせることは、とても楽しいですね

ご冥福おいのりします。
そして吉行和子さんのいっそうのご活躍おいのりします

吉行あぐりさん107歳、死去 連ドラ「あぐり」モデルが歩んだ激動の人生

2015年1月 4日 (日)

いろいろ。

暮れの12月中旬にパソコンが壊れまして、

年末ディスカウント(笑)で新たな中古(笑)ノートを購入、

お正月休み中にお父さんに設定してもらい(深謝)やっとネットにつなげるようになりました。

・・・思えばこの10年間、幾つの機種が壊れてリニューアルしてきたことか
(すべて中古でしたが)。


新年の抱負は・・・山ほどありますが、

まずは家庭から『家族運を高めて家族全員を幸せにしたい』、

そのために、私ができることなど微々たる事ですが

『居心地よい空間をつくる』ために

『そうじ・片づけをきちんとする
『ものを溜めない』。


なんともしょぼい目標ですが、これまで頓挫してきたことです

シンガーミシン看板.jpg

今はなつかしい? シンガーミシンの看板。

通るたびに見上げています。

半世紀以上前には時代の花形産業だったミシン業界、
繁華街にもミシン屋さんがよりどりみどりだったのでしょうか。

いまやブラザーやジャノメもプリンターや給湯器の複合メーカーにシフトする時代。
看板の下にあるミシン屋さんもここ何年かずっとシャッターが下りています。

ワープロが普及したと思ったら
パソコンに呑み込まれ、
ポケベルは携帯電話、携帯電話はスマフォに呑み込まれ、
あまりにめまぐるしい科学技術発展の時代
明日は果たしてどうなる??


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2015年1月 3日 (土)

謹賀新年。

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

熊野本宮1.jpg

今年が佳き年になりますように。

熊野速玉大社1.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

フォト
無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

にほんブログ村