« 『世界少年』大正の少年雑誌。 | トップページ | 『少年倶楽部』以前。 »

2015年5月 6日 (水)

『世界少年』の森田ひさし画伯。

大正から昭和戦前(たぶん戦後も?)
に活躍した幻の画家・森田久

『世界少年』誌上にも、そのはなばなしい活躍の一端が
かいまみれて、うれしかったです。

申し遅れましたが、大正9(1920)年7月号の表紙『蛸壺(たこつぼ)』
も、森田ひさし画。

世界少年・大正9年7月号.jpg

同じ出版社系列で『子供の科学』が創刊されたのは
これから4年後の大正13(1924)年、

有名な『少年科学探偵』の挿絵をはじめ
森田久が『子供の科学』でも活躍したことは想像にかたくありません。

小酒井不木も、『少年科学探偵』序文で森田への敬意を述べておられます。

『少年科学探偵』の初版本、いつかみたいなあ

探偵小説の、鋭利な挿絵。

世界少年・大正10年1月号2・森田久.jpg

やはりどことなく見覚えがあるかのような懐かしさ。

私のカンにくるいがなければ(これはわれながらひじょうにあやしい)、
昭和戦後も、児童向け大人向けとわず、挿絵・イラストで
大いに活躍なさっているかたではないでしょうか。

世界少年・大正10年1月号3・森田久.dib

うってかわって、ユーモラスなマンガ。

世界少年・大正10年1月号4・森田久.jpg

大正年間にスキーを楽しむとは、なかなかハイカラ

世界少年・大正10年2月号・森田久.jpg

こちらは、子供の落語ふう。

高原の夕
と題された口絵。

世界少年・大正10年2月号・森田久口絵.jpg

右上に「ひさし」と記された細長い署名が、
こちらの美人画の署名と似ています。

女性や少女向けの本や雑誌では、
またそれにふさわしい
美しい絵をたくさんこなされたのでしょう。

時代にうもれて
現代は知る人の少ない
閨秀の画家や文人、少なくないのでしょうね。

もっと見つけられるといいな。


人気ブログランキングへ


本・書籍 ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村

« 『世界少年』大正の少年雑誌。 | トップページ | 『少年倶楽部』以前。 »

古本コレクション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 『世界少年』大正の少年雑誌。 | トップページ | 『少年倶楽部』以前。 »

フォト
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

にほんブログ村

無料ブログはココログ