« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

2015年8月31日 (月)

やがて頭上に秋の空。

1439299842499.jpg

暑かった夏も、やがて秋にすりかわりそうな気配。

多くの小中学校でまもなく始業式でしょうが

遺憾なことに9月初頭は、子供の自死が最も多くなる時期なのだそうです。

学校再開するのがなぜそんなにも気が重くなるのか、
なんとも悲しい心地。

テレビでは訳知り顔の大人たちがもっともらしくしゃべっていらっしゃいますが、

不思議でたまらないのは、誰ひとりとして

「夏休みの宿題は廃止するべきだ」

とはおっしゃいませんねえ。

(もし誰かそう発言するかたがいたら、私ならファンになりますが)

もちろん、「いじめ」とか、悩んでいる子供たちをとりまく状況は
はるかに深刻なのでしょうが、

夏休みの宿題。

日本独特の(アジア諸国でも?)、
これほど子供を苦しめる悪い習慣はない
・・・と私は思っているのですが

まあ、中学からは仕方ないとして、

小学校6年間くらい、
長期休暇を無心にのびのび過ごす貴重な経験を
与えてあげてもかまわないんじゃないかしら

・・・それで1学期に習った事わすれても、子供だから復習してとりもどすのも早いし。
1439299822319.jpg

いっぽうで、夏は子供の深夜徘徊も問題視されたり、

メイ喫のオーナーも

「夜中にうろついてる子、いっぱいいるよ」

と嘆いていました。

・・・閉店後、路上をうろうろしている子供たちに思いきって声をかけたら、
13歳と10歳の姉妹、いま流行の爆買いツアーで
中国から家族で来阪して、親は買い物で忙しく、
物珍しさで歩き回っているうちにはぐれたそうで

(カタコトの英語と身振り手真似でなんとかコミュしたらしい)

お姉ちゃんのほうが泊まっているホテルのチラシを持っていたので
ホテルまで送り、フロントで名前と部屋を確認してもらい
事なきをえたといいます。

・・・子供の幸せや安全、
社会ぐるみでわれわれ大人がもっと真剣にならなければね


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 

2015年8月28日 (金)

豪快。

豪快。.jpg

商店街の一角で・・・
思わず、すいよせられました。ちょっとすごい。

絶対不敗
そうとうな自信がおありなんだな。

実際これみただけで、もうおなかいっぱいになりそう

メイ喫のオーナーに

「大日本プロレスの面々を連れていったら・・・」

と提案したら、

「それいいね

と同意してました。

もっとも、「プロの入店おことわり」
とか、オリジナルルールがあるかもしれませんが。

われと思わんかたはいらっしゃいますか。


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2015年8月24日 (月)

うん。

ホテル川久ロビー一角.JPG

もう、なんでもありで
なりふりかまわず、

ぐだぐだでどうしようもない
かと憂慮(爆)しておりましたが・・・

日本ラグビー協会の内部にも、
まだ気骨と誇りを失わないかたがいらっしゃるのですね。
ちょっと安心しました。

日テレのラグビー解説動画がセクシー路線でひどいと炎上

【ラグビー】元代表平尾さん、セクシールール解説に怒りの声

ラグビー元日本代表の平尾剛さん(40)=神戸親和女子大講師=が23日、ラグビーW杯イングランド大会(9月開幕)を中継する日テレの公式サイト内にある水着女性によるルール解説の動画について「ラグビーをばかにするにもほどがある」とツイッターで痛烈に批判した。

 動画は「セクシー☆ラグビールール」として、ラックやモールなどのルールを解説。女性の胸などが強調される場面もある。動画を見たという平尾さんは「憤りを通り超し、落胆の域まで達しています」とし「ラグビーを鼻で笑われ、唾を吐きかけられた気持ちになっています」とつづった。

 平尾さんは、総工費が膨張して白紙撤回された新国立競技場についてもスポーツ界から建設反対の声を上げていた。

本家本元のイングランドでも、セクシーな美女のラグビールール、パフォーマンス
の映像が話題になっているようですが
(ただしラグビー協会関連ではなく、有名メーカーのCMらしい)

セクシー美女が教えるラグビーのルール

きっと比較にならないほど、

3流おわらいバラエティー番組ばりに下品だったんだろうなあ


ラグビー ブログランキングへ


にほんブログ村

2015年8月22日 (土)

高槻の事件

大暑.jpg

中学1年の女の子と男の子が殺害遺棄された事件

ほんとうにかわいそうな結末で胸が痛みます。

つい昨日、ご近所の商店街でも尋ね人のポスターで、男の子の顔写真と名前
が貼りだされたばかりでしたが・・・

早急に容疑者の身柄を拘束した件、さすが日本の警察は優秀と
感心しますが、やはり

なにかあってからではおそい

事実を、家庭でも地域でも周知させていただきたいと痛感します。

「危ないことにまきこまれないように、自分をたいせつにしてほしい」。

どんな状況でかどわかされたのか、単独犯行なのかそうでないのか
まだわからないことばかりですが・・・

想像するに、ほぼ徹夜で繁華街をふらついていて、ふたりがもうろうとしているとき
警察だ補導するといったか、いきたいところまで連れていってあげる
と甘言ろうしたのか・・・

とにかく容疑者の車に乗った段階で前夜からのつかれ
がいっぺんにでてこどもたちは眠ってしまった、
あとは悪人のやりたいほうだいだったのかもしれません。

容疑者が殺害実行犯ならば極刑をのぞみますが、

家庭や学校ばかりでなく地域ぐるみでセキュリティー、
意外な身近にひそむ危険からの身の守り方について、
警察の力をかりて啓もう活動してほしいです。

深夜に出歩いていたら、若年者のみならず大人でも危ない。

別にぐれているわけでもない、
ほんの少し前まで小学生だった
まだほんとうに幼くて可憐な子供たちですね。
かわいそうでなりません。

そして犯罪に関しては、メディアは臆せずに
どうか事実と真相を報道してほしいと願います。

女子中学生殺害の犯人は


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2015年8月19日 (水)

食生活のチャレンジ。

20150818074859.jpg

びっくりしたのは、

退院したお父さんが病院食の献立例のコピーをもらってきて、

「メシを(分量も)このとおりにつくれ」

病院の後光で、彼が今回は健康のために本気で減量する気になったとすれば、
なんとも感動的

20150820074050.jpg

しかし、いやな予感。

節食メニューのストレスにたえかねて、

彼が高カロリーのおやつ、袋菓子をぼりぼり食べまくり、

蛾が灯りに引き寄せられるように、
外で飲み会その他の会合で鯨飲馬食

あげくのはてに

「こんなにがまんしてひもじい食生活してるのに
ちっともやせないのは女房がわるい! !」

とわめきだす、

パバーッと走馬灯のごとく、結末が目に見えるよう

でも仕方なく、いわれたとおりの食卓にしていると、

(ちゃんと計って少量ずつちまちまとおかずをつくるのはストレスフル、
ちまちまとつくるとみためも美味しそうにみえなくてダイエットに効く?)

20150820201948.jpg

基本的にうす味で、
なにを食べてもいいけれど
食材の種類を多くしてバランスよく、
繊維質や豆、海草、きのこを摂りやすい、

健康のための「食のくふう」に、

たしかに感心させられます

よりつくりやすく、食べやすく、バリエーションを期待して
人気の「タニタ食堂」や「女子栄養大学のメニュー」、
ヘルシーな食のレシピ本
さっそく図書館から借りてきました。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

2015年8月16日 (日)

健康はたいせつ。

1249988_2170047658_189large.jpg

主人が、ぶじ退院しました。

といっても、
かかりつけのドクターにすすめられ、
会社の夏休みをまるまる使って、ちょうど1週間の検査入院

さいわい大腸検査も胃カメラもMRIも、結果は異常なく。

持病の痛風その他もろもろは、ともかく減量しないことには
どうにもならないようです。

あたりまえですが入院中はきっちり病院食、

「はらへったよー

と嘆いておりましたが。


リハビリルームでベンチプレス130キロ上げて
呆れられ、

見舞いにいったときリハビリルームに大相撲のカレンダーがあるのをみて

つい「ウチのおとうさんに似てますね

といったら、若いリハビリの先生が大爆笑してました。

健康で生命永らえるために、
適正体重はたいせつですね。

(そして適度な運動とバランスのとれた食生活。)

なんとかしなくちゃ。


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2015年8月11日 (火)

祝・祝

熊野本宮1.jpg

酷暑の炎天下をふきとばすような、うれしいニュース。

主人のいとこさん家に赤ちゃん誕生、

3人目のお子さんですが、はじめての男の子です(上のおねえちゃんたちは小学生)。

長男さんの、さらに嫡男。

待ちに待った「跡取り」、叔父さん叔母さんも
およろこびだろうなと、こちらもうれしくなりました
(ふるいようですが、地方の田舎なので(^^;))

まずはお着替え用のベビー服、タオルケット
にお祝いのメッセージそえて送りました。

南紀の海.JPG

私どものように、人生中盤(笑)にさしかかってくると、
どうしても「おわかれ」の場面がふえてくるので
なおいっそう、
次代をになう新世代のご生誕はよろこばしいです

偶然ですが、うちの主人も娘もおなじ8月生まれ、

盛夏に生まれた赤ちゃん、真夏の太陽のように元気に成長してくれますように。


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2015年8月 7日 (金)

流転の技術者・火と燃え傷つき生きて

2013年に85歳で他界された元JUKI常務・小塚忠さん。

全世界でシェアされる、既製服大量生産を可能にした『自動糸切りミシン』の開発者
として、科学技術史にのこる存在ですね。

NHKの人気番組『プロジェクトX』でとりあげられて反響をよびました。
書籍版では『プロジェクトX28 次代への胎動』
中に『ブランドミシン誕生 流転の技術者立つ』
の章で掲載されています。ソフト化してくれないかな?

プロジェクトx.jpg

その小塚忠さんが『プロジェクトX』放映と同年に上梓された自分史

開発者の視点からミシンという道具の魅力がかいまみれる
かと期待したのですが、意外にも(といってはもうしわけないですが)
波乱万丈でドラマティックな半生記。

そんな「時代」だった
というべきなのか、

1928年生まれの小塚さんは模型飛行機づくりが好きな子供時代から、
旧制中学では理数系の科目に才能発揮し、
やがて勤労奉仕で工場に動員されますが
機械の組み立てや分解修理は苦にならず有意義な体験だったようです。

当時の若者のあこがれのまとだった海軍兵学校に合格、入学したもののまもなく敗戦。

あらためてエンジニアを志し
岐阜高専(現在の国立岐阜大工学部)に入学、
混乱する世相と時代の激変のなかで生き様を模索する苦悩を重ね
世の中の不合理に憤り、共産党に入党。

卒業後の何年かは党活動に熱中するも、
レッドパージが激しくなり、よくわからない容疑で逮捕拘留、うやむやなまま釈放
されるかと思えば党内部でもこれまたよくわからない嫌疑で自己批判強要されたのち
党員権利停止処分。

(敗戦の絶望感と虚無から、とくに当時の高等教育を受けた若い世代、インテリ青少年
や作家・ジャーナリストが新たな希望の活路をもとめて
蛍光灯にすいよせられる蛾虫のように社会主義に魅せられたのは、
はしかの様なやむをえない罹患だったのでしょうか。)

絶望感にかられ自殺にあこがれた小塚青年を救ったご母堂のことば、

「今まであなたは、頭の中だけで社会も人生も考えてきた、・・・生きるために働く中でこそ、
本当の世の中がわかると思います。・・・間違っていたと思ったら別の道を歩めばよい」

・・・含蓄のある言葉ですね。そして普遍の真理。

挫折から立ち直り技術者としての武者修行に生きがいを見出した小塚さんは街工場の重労働から
大企業東芝の機械設計まで、職場を転々とします。

その間、党員時代に惹かれていた美しい女性と再会、
たちまち激しい恋におちますが・・・、

まるでフランスの心理小説か映画をみているかのような、
相手も自分も壊しかねない破滅的な恋愛。

地方の名家のお嬢さまで
ロマンティックな文学乙女らしき彼女はしだいに精神をやみ、
恋におぼれる独占欲ゆえに?
家主やまわりの人といさかいを起こし家事もままならず
薬品を大量にのんだり包丁をもちだしたり
しまいにふたりで交互に自殺未遂、

映画化された名作劇画『同棲時代』を地でゆくような
退廃のはてに疲弊しきって大恋愛は終わりをつげる。

まあ、男女関係はどちらが一方的に悪いともいいきれないし、
両方の言い分をきかなければわからない(聞いても他人にはわからないかも)
ことが多いのでしょうが、その後正式に結婚した奥様との家庭生活にはほとんど
ふれておられないのにこの破滅的恋愛に多くページがさかれているあたり、
たしかに「運命的な出会い(と破局)」だったのでしょうね。

恋愛の破綻をばねに、技術者人生に邁進する著者。

『プロジェクトX』の末尾に、その実感のこもった発言が載っています。

「技術には裏切られないんですよ。人に裏切られることはいくらでもありうるでしょう。
ただ、技術で結果が出たやつに、自分は裏切られたことがない。
・・・自分の力が足りなかったから、そういう結果になったんだって、素直に思えるんです」

党活動の蹉跌や恋愛の破綻、苦悩をばねにかえて、技術職ひとすじに精進してきたかた
だからこそ達しうる、うらやましい境地。

それにしても小塚さんの設計の多種多様なこと、
自動車修理、マジックハンド(マニピュレーター)開発、印刷機、歯車ポンプ、業務用瞬間湯沸し器、
農機具のディーゼルエンジン開発。
ミシンひとすじに歩んだ技術者人生かと思いきや、百花繚乱
もう天才の域に達した技術屋さんですね

たぶん、しろうとにもわかるように専門用語をいっさい使用せずきわめて易しく
書き下ろしていらっしゃるのでしょうが、
悲しいことに私ごときには機械分野はまったくわからない(笑)、
わからぬままにくりかえし読んでいます。

家庭的にはあまり幸せでなく、
悲劇的な恋愛にこりて堅実な賢い女性と職場結婚、
にもかかわらず
その奥様が育児中の忙しい時期に緑内障で失明するという不運。

すでに高度経済成長時代、気丈なるがゆえに奥様の絶望感は深く、
まだ幼いお子さんと失明した奥様をケアしながら
モーレツ社員の日々を送るのも並大抵の苦労ではなかったことでしょう。

おそらくあまりにも多忙だったために、
家庭生活に関してはほとんどふれられていませんが、
読めば(下世話でもうしわけないのですが)
顛末が気になることでもあり、
奥様が幸せな結末をむかえられたのかどうか、知りたくなります。
(その後のことがふっつりと書かれていないことから察するに、
奥様は失意のなかで若くして先立たれたのかも)

自分史の全篇を通して感動するのは、
「人はどんなときも、苦境にあっても自らの果たすべき使命は果たさねばならない」
というシンプルなメッセージにつらぬかれていることでしょうか
(小塚さんの場合、それが『天職』の技術者人生、機械の設計開発だった)。

お子さんからみた父上の人生はまたちがった側面がありましょうし、
残念ながら続編はないでしょうが
本書のつづきが読みたい。
・・・と渇望してしまいます。
合掌。


人気ブログランキングへ


本・書籍 ブログランキングへ

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

2015年8月 3日 (月)

9月になれば。

鶴見緑地でみた大日本プロレスのポスター。

20150802122354.jpg

9月に2回、大阪で興行あるんですね。

20150802122443.jpg

これは、観たいなあ


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2015年8月 2日 (日)

暑い熱い(笑)。

酷暑の日曜日。

鶴見緑地で、なんと野外大日本プロレスの興行みにいく機会をえました。

馴染みのメイ喫オーナーから、チケットよくまわしてもらっていたのですが、

団体と提携の期限なので今回かぎりとのこと(寂しいな・・・)。

東京・両国の大盛況のあとなので、スタッフも選手の皆さんもひと息つかれたのではないかと思います。

20150802144207.jpg

しかし・・・あつい!!!

陽炎たつかと気分もうろうとする、炎天下の興行。
にもかかわらず、お客がほぼ満席だったのはおどろき。

この日、気温は36℃と発表されていたかと思いますが、
体感で40℃越えていたような

試合する選手の皆さんもたいへんだけど、お客もお客というかんじ。

・・・リング正面の、本来ならすごく良い席だったのに、
鉄板の上でやかれているようで(笑)、とても座っておれず(笑)
30分ほどで日陰の立ち見に退散しました。

20150802150911.jpg

デスマッチキングの異名をとる、メインイベンター伊東選手。

「われわれより、きょうはお客さんのほうがあつくて大変ななか最後までみてくださって・・・」

凄惨な試合と裏腹に、お客をきづかう優しいマイクアピール

救急車がこないかなと案じていたのですがさいわいそこまでのことはなく、
それでも熱中症で倒れたお客がいらしたそうで、団体の社長はじめフロントが
介抱されていたと聞きました。だいじありませんように・・・。

20150802133319.jpg

売店では、さすがにカキ氷が爆売れ、
カレーややきとりの食材系はほとんど売り上げがのびなかったようです
(アブドーラ小林選手のおでこにやきとりのくしがたくさんささっていたような・・・)。

場外では、試合後のレスラーがホースで頭から水をシャワーのようにかぶっていました。
ほんとにごくろうさまです。

・・・控え室そばに、プールもないのに
なぜか水着のおねえさんたちがたむろしていました。
あつさでもうろうとした(笑)あたまで、
なにか余興があるのかな(花束嬢とかラウンドガールとか)
と思いましたが、それらしき事もなく。
あのおねえさんたちは何者だったのかしら

岡林選手.jpg

猛暑にまけぬ熱さ、
両国の新チャンピオン、岡林選手の突貫ファイト。

みなさん、おつかれさまでした。ありがとうございます。

・・・でも、真夏の野外試合は、としより(笑)はもう観に行けそうにありません
(夏いがいの時期ならお声がかかればよろこんでいきたいですが・・・)


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

フォト
無料ブログはココログ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

にほんブログ村