« ささやかな日々。 | トップページ | ぶじにうちあげ終了。 »

2015年11月22日 (日)

昭和のもてなし。

養護施設の地域参加型文化祭で
お父さんが後援する、毎年恒例のボランティアヒーローショー。

なやみます。

イベントではなく、イベント後に協力してくれた出演者・スタッフ
をまねいてねぎらう打ち上げのごはん

大した献立ではないですが、毎年10人前後みえるので
満足してもらえるように、やりくりとの板挟み。

20150923125158.jpg

思えば昭和後期の時代は、同僚や先輩後輩を自宅に招いたり、
招かれたり・・・
わりと日常的だった感覚があります。

たぶん現在ほど飲食店が普及していなかったのと、

もちろんプロフェッショナルの「もてなし」
うけるには経済事情が・・・
も大きかったのでしょうが、

昭和のお母さんがた、主婦のみなさんは偉かったなあ
と今さら頭がさがります。

私の叔母などもそのひとりですが、

叔父が後輩一同など自宅に招くと、
理系の技術者というのはすこぶる無口で

「『こんにちは』とも『おじゃまします』ともいわずにぞろぞろやってきて、

いただきます』もいわずにもくもくと食べ始めて

食べている間『おいしい』とも『まずい』ともひとこともいわなくて、

食べ終わると『ごちそうさま』とも『また来ます』ともいわずに
ぞろぞろ帰っていくのでぶきみでしかたない 」

・・・とのエピソードはさすがに誇張が入っているとしても
(事実なら確かに怖い、ソフトなホラーなみ(^^;))、

お客のもてなしとやりくりには、なかなか頭をつかったようです。

あるとき留学生のインド人研究者のかたをお招きして、

(インドでは牛は神聖な動物だからたべない、ぶたはけがれた動物だからたべない、どうすれば・・・)
と知恵をしぼって
香辛料たっぷりつかったスパイシーMAXな特製チキンカレーをごちそうすると、

そのインド人のかたが食後に

「とても美味しいけどマイルドな優しい味ですね。ぜんぜんからくない

とおっしゃったので、(かんぜんにまいりました<m(__)m>)感心したそうで。

・・・なつかしき昭和テイスト、

ともかく
気のおけない仲間をあつめて
てづくりのごちそう(笑)でもてなして
にぎやかに談笑するのは楽しいですね


人気ブログランキングへ


にほんブログ村

« ささやかな日々。 | トップページ | ぶじにうちあげ終了。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ささやかな日々。 | トップページ | ぶじにうちあげ終了。 »

フォト
無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30