« ボタンホールのアタッチメント・いろいろ | トップページ | 昭和のミシン・他 »

2016年4月27日 (水)

ゆずのマドレーヌ。

20160419091852.jpg

ゆずの木に残ったゆずの実をつみとり、
すりおろした皮と果汁をレモン代わりに、わが家でやくマドレーヌ。

なにはなくとも(笑)無添加、無農薬。

マルセル・プルーストさんは
午後の熱い紅茶にプチ・マドレエヌのかけらをひたして

芳しく味わったときに、

『失われた過去』の記憶がつぎつぎ呼び戻されて

大作執筆のきっかけになったといいますが、

実父は

「『失われたとき』なんて、よみがえってきてほしくないね

あたしの『失われた過去』は、

貧しい貧しい田舎でひときわまずしく育ったどんぞこの窮乏とか

勤労奉仕で造船工場に動員とか

戦後の欠乏とか

ろくでもないことばかりで・・・」

・・・たいへんな激動の時代をくぐりぬけてきた
父を、もっとたいせつにして孝養つくさないといけないな
と、痛感します。

バターや卵をふんだんにつかったホームメイドのお菓子の甘い香り
は、幸せな気持ちにさせてくれますね。

実父は「ゆずの香りがもっと強烈だとさらにいいね」

と申します。


人気ブログランキングへ


にほんブログ村

« ボタンホールのアタッチメント・いろいろ | トップページ | 昭和のミシン・他 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ボタンホールのアタッチメント・いろいろ | トップページ | 昭和のミシン・他 »

フォト
無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

にほんブログ村