« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

2016年6月28日 (火)

色違いのセーター。

世界の子どもたちへ編み物作品を贈ろう」プロジェクト用です。

色違いのセーター4.jpg

色違いのセーター5.jpg

色違いのセーター1.jpg

みていただけばおわかりのとおり、
同じ糸の色違いで、同じ編み図でおそろいのセーターです。


色違いのセーター2.jpg

身長130センチ対応、
ごしょう産業さんの「ひつじちゃんナチュラル極太」使用
といっても、
実父の脇が破れたベスト(笑)と羽織を洗ってほどいたリサイクル毛糸(笑)。

色違いのセーター3.jpg

このオリジナルデザイン(トップダウンの製図に編み込み模様を強引にはめ込んだ)
は「ジャイアンのセーター」のバリエーション?
(まるで自慢になりませんが)

計算が苦手なために
中心の模様があみづらくてかなりてこずったので
まがりなりにも完成したうれしさに舞い上がっています(笑)。

色違いのセーター6.jpg

10月までに、残り糸でおそろいの帽子もあめるといいなあ


編み物 ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村

2016年6月26日 (日)

「世界の子どもたちへ編み物作品を贈ろう」プロジェクト・今度はアフガニスタン

色であむセーター3.jpg

三井住友海上と日本ヴォーグ社が中心に運営されている
世界の子どもたちへ編み物作品を贈ろう』プロジェクトより
活動報告と案内が送られてきました。

送付エリアが、今年はベトナムからアフガニスタンになったとのこと、

ワールド・ビジョン・ジャパンの提案を受け、
今年は、より支援を必要としているアフガニスタンの子どもたちを支援します。
古くから「文明の十字路」と呼ばれ、多彩な文化が花開いたアフガニスタンですが、
1979年のソ連軍事侵攻と長年にわたる紛争により社会・経済基盤は破壊され、
今もテロの脅威の中、人々は苦しい生活を強いられています。
内陸で寒暖の差が大きく冬は気温がマイナス20℃まで下がることもある西部の
中心都市ヘラートに住む子どもたちの体と心に、温もりを届けたいと思います。

・セーター・帽子・マフラーを募集します。※Sサイズ以下の幼児用のニーズが高くなっています。
・10月17日(月)~10月20日(木)の期間限定で、作品を受け付けます(送付先は後日案内)。

われこそはというニッターのみなさま、ふるってご参加よろしくお願いします。

20160114161359.jpg

アフガニスタンのことはよく知らないのですが、
シルクロードの拠点でもあり、最近では
皇室の皆様も観覧された『黄金のアフガニスタン展』は記憶に新しいですね。

ガンダーラ、ヘレニズム、東西交流・・・

世界の財産ともいうべき文化遺産地帯が内戦やテロで破壊されるのは
なんたる歴史文明の喪失だろうと悲しくなります。

安全と平和
すこやかに子供たちが育つ明るい未来を、
ただ願うばかりです。

【画像あり】タリバンの手に落ちる前のアフガニスタン → 海外「美しい」「見てて切なくなった・・・」「誰のせいだ!」

美しい国、アフガニスタン


人気ブログランキングへ


編み物 ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村

2016年6月24日 (金)

宝田明さん

が、参院選出馬をおとりやめになったそうで。

とりあえず、息子がホッとしています。
(彼は小さいころからゴジラマニアで、したがって
宝田明さんのファン)

宝田明氏が出馬取りやめ

宝田明 参院選出馬取りやめも“ゴジラ節”健在

これは、うちの冷蔵庫に貼りついてるゴジラのマグネット。

ゴジラマグネット.jpg

こちらは1957年の『それいゆ』掲載、
若き日の映画スター・宝田明さんです。ほぼ60年前?

宝田明さん.jpg

さすがにイケメンですね。

まもなく封切られる『シン・ゴジラ』にもご出演、
まだまだスクリーンでも
お元気でいっそうのご活躍期待しております。



人気ブログランキングへ


本・書籍 ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村

2016年6月22日 (水)

追悼。

パレスハウステンボス.JPG

鳩山邦夫さん。

思いがけない訃報で、驚きました。

選挙後はいずれ入閣なさるのではと思っていました。

生まれながらの大資産家にして名門の出自。
東大法学部首席卒業。
元アイドルの才色兼備な奥様とお子さんがた。
なんでも出来る能力と実力。

およそ世の人が望むものすべて持っていらっしゃる稀有な存在。

1948年生まれとのことで、まぎれもなく『団塊の世代』のおひとりでもありますね。

「私は平成の坂本龍馬」「ともだちのともだちがアルカイダ」
とか、ユニークな発言もありましたが
嫌味にならないのはやはり「育ちのよさ」でしょうか。

ご冥福をお祈りします。


人気ブログランキングへ


にほんブログ村

2016年6月20日 (月)

地には平和を。

20160629_124140.jpg

ホーチミン最終日の一日観光で、定番の戦争証跡博物館を訪問したお父さん。

あの沢田教一さんほか、日本人カメラマンの写真も多数展示されていたといいます。

戦禍や枯葉剤によるダイオキシンの後遺症の悲壮な写真が多く、
むごたらしさに直視がむずかしかったとか・・・

沢田さんの写真も、日本では
悲痛ではあっても残酷で目を覆いたくなるような作品はあまり紹介されませんが
おそらくアメリカや日本で知られている以上に
生々しいフィルムも少なくないのでしょうね。

意外だったのは、
ナパーム弾やダイオキシンのまがまがしいフォトの展示と並行して
博物館のキッズコーナーがあり、
小さな子供たちがふつうに遊んでいたこと、

日本なら、幼い子(大人でも)のトラウマになるようなショッキングなシーンは
隠蔽しそうですが、国民性の差か、
どんなに悲惨でも、幼い子であっても
「現実の問題を隠さずみせる」国策でしょうか。

ガイドさんは
彼についてこようとせず、玄関で待っていたそうです。

なぜいっしょにこないのか聞くと
仕事がらいろんなお客さんと何度も訪問していて、
もうくりかえし閲覧するのがつらいのだとか・・・

もちろんお客の希望なら、各展示について懇切に説明してまわらねばならないのですが
決してすすんでやりたい役ではないという、それくらい衝撃的な戦争の惨禍。

かつて

清朝の属国やフランスの植民地、
第二次大戦後の内戦とベトナム戦争の悲劇をくぐりぬけて
経済発展めざましいベトナム。

それでも、
「軍事増強より、まず経済に予算をまわすべきやね」
とお父さんが言ったら、ガイドさんはけげんな顔をして、
彼に同調はしなかったそうです。

たぶんふつうの民間人、サラリーマンや学生のみならず
生徒児童まで、「自分の国の平和は自分たちで守る」国民の気概があるのでしょう。

余談ですが、

わが国でも教科書に載った沢田教一さんの
有名な『安全への逃避』、

この写真のお母さんはすでにお亡くなりになりましたが
子供たちはぶじに成人して現在もご健在のようです。

川を渡った幼子

どうかいつまでもお幸せに、
そしてこの地上のどこであっても
平和な時間がつづいてほしいと願うばかりです。



人気ブログランキングへ


にほんブログ村

2016年6月18日 (土)

ホーチミンの街角で。

お父さんが送ってくれた写真、
ブティック
というより
繁華街の衣料品コーナー?

13407201_514271572110603_5519341851816342688_n.jpg

ベトナムふくめ、

東南アジア地域全体では
日本では今やめずらしくなった足踏みミシン
が大活躍、仕立て職人さんの相棒
と聞きかじっているので

「足踏みミシンつかってる仕立て屋さんみかけたら、写真撮ってきて」

と頼んだのですが、

これが唯一撮ってもらった希少なフォト。

1465712005559.jpg

お土産用か、カラフルな服の洪水ですが

この日(ホーチミン最終日)、お父さんは通訳兼ガイドさんにつきそってもらって
終日市内観光を堪能したのですが

あまりの暑さに繁華街で気分悪くなり(軽い熱中症?)

私に服を買ってくれるはずのつもりが、

「ぼくはちょっともう無理だから、あなたが適当に選んでやってほしい」

とお願いしたところ、

うら若い美人のガイドさんは最初

(奥さんへのプレゼントなのに、なんて冷たいダンナだ)

と憤懣やるかたない雰囲気だったのが、

どうやら彼がほんとに体調よくないのに気づき、ずいぶん心配してくださったそうです
(慈悲深いガイドさんで幸運だった、迷惑おかけしました)。

「奥さんのサイズはどのくらい?」

と聞かれて、彼が息もたえだえに

「・・・成体(おとな)のチンパンジー🐵ぐらいかな・・・」

と答えると

ガイドさんが一瞬ヘンな表情になったとか・・・

・・・ガイドさんが服を選んでいるあいだ、風通しのいい場所で休んだおかげで
なんとか元気を回復した彼が、お礼に
ガイドさんにも服を買ってプレゼントすると、
大感激してくれたといいます
(もちろん、彼が見立てるのではなくガイドさんに自分がほしい服を選んでもらって
キャッシュで支払うのですが)

ウェンさん、いろいろとお世話になりありがとうございました

今度はぜひ、お会いしたいですね


人気ブログランキングへ


ハンドメイド(洋服) ブログランキングへ


にほんブログ村

2016年6月16日 (木)

激動の時代。

大村益次郎2.JPG

お父さん「まさかトランプさんを大統領に選ぶほど
アメリカはおろかじゃないと思うが」

息子(ぼそりと)「でも、あのドイツだってヒトラーを選んだんだぜ」

まもなく参院選。

盛夏にはリオのオリンピック、

11月にはアメリカ大統領選挙。

時代は大きく動いています。

200906161551.jpg

私「ヒトラーが日本人を批評したんだって

彼等(日本人)は真似がうまいが独創性に乏しい』って。」

実父「うぬ。本当のことをいうとはけしからん

戦中派だなあ。


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2016年6月14日 (火)

アルフ・訃報

アルフ、大好きだったなー。

夕方、NHKのEテレで放映してたのがなつかしい

アルフ.jpg

エイリアンとタナー家のどたばたホームコメディー?
笑いながらほろりとしたり、感動する話が多くて、
90年代放映のNHK海外ドラマ群のなかでも良作だったと思います。

アルフの吹き替えの所ジョージが絶品で・・・

所さんと小松政夫さん、

じゃなくて

アルフとタナーさんのかけあい

が毎週楽しみだった

アルフは
パペットかな
と思っていたのですが、

ときどき立って歩き回ってるし・・・

やはり、着ぐるみにはいっている俳優さんがいらっしゃったのですね。

本国でアルフ放映スタートしたのは1986年とのことですから、
もう30年前、
当時は主演俳優のかたも働きざかりの全盛期だったことでしょう。

宇宙人アルフで人気 M・メサローシュ氏が死去、76歳

「アルフ」の中の人、死去

ご冥福をお祈りします。


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2016年6月12日 (日)

静物画ふう?

今年度は、当番にあたっているので
自治会の会合にいってまいりました。

出席者のかたにおすそわけしていただいた
びわの実と
ベトナム土産のグァバ。

P1020961.jpg

ちょっと、スティルライフふう?


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2016年6月10日 (金)

ベトナムなう。

旅行中のお父さんから送られてきました。

13450059_514144678789959_73138454890240280_n.jpg

写真はのどかな感じですが、
ホーチミン市は噂のバイク交通量がすさまじく、

13432226_513756442162116_5492387462045403456_n.jpg

「カーチャンはいかんほうがええ。

いったらたちまち、バイクにひかれるぞ」

とほほ



人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2016年6月 8日 (水)

ちょっとレトロ(^^)。

義母にもらいました。

(正確には、義母がすてようとしていた壊れた傘をもらってきて、
布をはずして洗濯しました。)

かなり褪せていますが、そこそこ使えそうです。

かさのエコバッグ1.jpg

かぼちゃが魔法で変身した
シンデレラの馬車のような、
ちょっとなつかしい雰囲気がおしゃれ。

いくつあっても困らない、
(というより作っても作っても、どこかでさしあげたりして消費(笑)しつくしてしまう)
定番のエコバッグにするつもり。

元のイメージからかけはなれた
斬新でハイセンスな技にはあこがれますが

技術もセンスもないので・・・

なにも考えずただ
まつすぐにダーッと縫えば完成。

・・・なもの(苦笑)専門です。


人気ブログランキングへ


ハンドメイド(リメイク) ブログランキングへ


にほんブログ村

2016年6月 6日 (月)

通勤用シャツのリメイク・チュニックふう2

洗濯のたびに縮んで、衿が止まらなくなったカッターシャツ
(シャツが縮むのではなく、お父さんがどんどん肥大してるのでは
とかんぐっていますが・・・)。
カッターシャツリメイク前.jpg

長年のうちに、どんどんたまってきます。
処分すればごみ、
生かせば「宝の山」(笑)。


・薄く、かたい綿生地。
・伸縮性がない。
・目のつんだブロード。
・ホワイト系(少々ストライプ)。

幼い子のパジャマやパーカにするとよいのですが
今のところ着てくれそうな小さい子がいません。

ワイシャツのリフォーム
といえば・・・
すぐ思いつくところでエプロンやスモック?

ただひたすら、四角く切ってつないでみました。

布帛のTシャツ?
伸縮がなくみためほどゆとりがないので、
両脇に長めのスリットをとりました。

ワイシャツのリメイク・直線裁ち2.jpg

うわっぱりふうエプロン、

介護スタッフの仕事着ふうにもみえます。

ワイシャツのリメイク・直線裁ち1.jpg

ホームウェアなら、オールシーズン通して使えそうです。

・・・仕上げのまぎわに気が付いたのですが、
平面的で直線裁ち、爽やかな(笑)色味を生かすなら
テーブルウェア(ランチョンマット)もいいかも・・・と思いつきました。

実用的で、
作り方がかんたんで(笑)、
素材を生かせる
ワイシャツのリメイク、
くわしいかたは、ぜひ素敵なアイディア教えてください<m(__)m>。


人気ブログランキングへ


ハンドメイド(リメイク) ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村

2016年6月 4日 (土)

24億円(◎_◎;)。

20150911162353.jpg

横領容疑で元社員逮捕=北越紀州子会社から24億円か―警視庁

製紙メーカー系列会社の総務部長の横領。
15年かけて24、5億円もの着服とは、
紙一重で粉飾して手堅く(というのも不謹慎ですが)なさっていたのでしょうか。

過去の巨額横領事件も、
あっけにとられるほど
プロセスと結末が似てますね

女性や賭博や投資で雲散霧消する・・・

身柄拘束されたときは手元に大金は残っておらず
地味な市井住まい?

数年前に、長野県の年金事務所の元・事務長が
24億円着服という事件もありました。

24億を横領し全て使い切った長野厚生年金基金元事務長の転落人生!

不正なお金なのでいっそう刹那的に加速度がついて、
湯水のように浪費しまくるのもわからないでもない気
もしますが(爆)、
一生が何回かあってもとうてい弁償不可能な額、
監査のあまい法人組織の責任もとわれそうですが、
横領したとされる人が10年ほど服役しただけでうやむやになるのは
「やったもん勝ち」としかいいようがなく
今後も同種の事件はあとをたちそうにありませんね。

それにしても、いくら美人でも
何億も札束をつみあげるほど価値があるのかなあ(失礼)。ひきあわない。

勤務先から着服した膨大なお金を
世の為人の為につかった。
なんて実話も聞いたことがなく、
現実は講談の「ねずみ小僧」よりずっとさもしい、なんだか

ますぞえせんせいがかわいらしくみえてくるからふしぎです

(金額の桁がちがうだけで、都知事を管理する「法」に大穴があるだけで

やってることはさほどかわらないように思えるのですが。)

15年で24億円着服 製紙会社元総務部長の手口と意外な評判

会社名義の小切手を勝手に振り出し約6600万円を着服したとして、業務上横領容疑で1日、警視庁に逮捕された「北越トレイディング」(新潟県長岡市)の元総務部長・羽染政次容疑者(60=川崎市高津区)。すでに昨年5月、2015年までの15年間に計24億7600万円を着服したとして告訴されており、警視庁は余罪を調べている。羽染容疑者はもともと「北越紀州製紙」の社員だったが、1999年から子会社の「北越トレイディング」に出向していた。

 着服したカネは、複数の不倫相手へのマンション提供、パチンコ、競馬などのギャンブル、さらに株投資に使ってしまったという。

それにしても24億円ものカネを抜かれて、なぜ会社は気づかなかったのか。

「羽染容疑者は経理業務を実質1人で行い、銀行から借り入れる運転資金を上乗せしていました。必要な時に必要な分だけの“控えめな横領”を心掛けていたようで、目につかなかったようです。月に平均すると1200万円になります」(捜査事情通)


 羽染容疑者は告訴、解雇された昨年5月以降、川崎に住む実弟のアパートに身を寄せていた。15年間、コツコツと横領を続けた羽染容疑者は、どんな男なのか――。

 JR南武線武蔵新城駅から徒歩15分。2階建てのアパートが5棟密集する場所に羽染容疑者兄弟の部屋はあった。近隣住民は暮らしぶりをこう語る。

「ここは近所同士の結びつきが強く、皆で声を掛け、助け合って暮らしています。羽染さんは、品がよく、物静か。すてきなロマンスグレーで人気者でした。公園で掃除のボランティアをしていました。仲間とタケノコ狩りに行ったとかで、近所にお裾分け。夕方にほろ酔いの羽染さんを見かけた時、声を掛けると子どもとボールで遊んでくれましたよ」

下町にすっかり溶け込んでいた羽染容疑者。人情味あふれるこの町での1年は、24億円を浪費した15年より“豊か”だったのかもしれない。

なにこの文末の〆かた

つましい生活を余儀なくされている(笑)
(私のような)大多数の国民に、
お金がなくてもしあわせなんだよと啓蒙したいのか、

またはそんな一般のみなさんに、
ひっそり暮らしていた逃亡中の容疑者もまた
同じ人間だよ。と同情をうながしたいのか・・・

なんだかシニカルな読後感ですが

知ってか知らずか
追われる身の容疑者と同居していた弟さんは
ちょっと気の毒な感じです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

2016年6月 2日 (木)

海の幸フランス料理(書籍)。

伊勢志摩サミットも、はや終わってしまいましたが
今回サミットの舞台となった志摩観光ホテル

有名芸能人から政治家や財界人、国賓、皇室のみなさままで
超VIPに愛されてきた名リゾートホテルですね。

伊勢志摩サミット開幕 自慢の食材でおもてなし 松阪牛、伊勢エビ、アワビ

父の愛蔵書です。
1982年刊ですが、伝統のメニューは健在のようです。
P1020955.jpg

珠玉の料理

P1020957.jpg

右ページは有名なあわびのステーキでしょうか。
海の宝石というべき、極上のメニュー。

P1020958.jpg

当時はまだなかった志摩スペイン村

機会あればぜひいってみたいですね。
まだまだ、ほそぼそと相当長期間貯金しないことには


本・書籍 ブログランキングへ


にほんブログ村

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

フォト
無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

にほんブログ村