« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

2016年7月30日 (土)

ゆらゆらと。

連日、日差しがきつくぎらぎら

ちょっと外に出れば息苦しく、やけつくような暑さがつづきます。

スーパーのおつかいの行きかえり、

これって、なに?

マンションの前の往来にひっかかった

レディスのジャケット。

まさか往来に外干しでもなさそうだし、

風でとばされた?

宅配クリーニングとかのおとしもの?

猛暑のミステリー。


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2016年7月26日 (火)

ドラえもんはいないのか・・・

20150821124137.jpg

世界でも国内でも事件続発、
相模原の身体障がい者施設で大量殺人とか
信じられないような事が起こっていますが(ドラッグ吸引の誇大妄想が引き金になった? ?)

気がかりなのが、自民党・谷垣幹事長の容態。

谷垣幹事長が辞意…首相、処遇を近く最終判断

自転車事故によるけがで入院中の自民党の谷垣幹事長が安倍首相に辞意を伝えたことが29日、わかった。

 政府・与党関係者が明らかにした。首相は谷垣氏を続投させたい意向だが、けがの回復具合などを見極め、近く処遇を最終判断する方針だ。

 関係者によると、谷垣氏は自らのけがの治療のため、「党務の継続は難しい」との考えを周辺を通じて首相に伝えた。谷垣氏は今月16日に自転車(ロードバイク)で走行中に転倒し、頸髄(けいずい)損傷で手術を受けた。

 首相は29日の閣僚懇談会で、内閣改造を8月3日に行うことを表明した。合わせて自民党役員人事も行う。また、首相官邸で公明党の山口代表と会談し、こうした方針を伝えた。

 首相は、麻生副総理兼財務相と菅官房長官を留任させる方針を固めているほか公明党の石井国土交通相も留任させる方向で検討している。


頸髄損傷とは・・・
スポーツで起こりがちな深刻な怪我、
レベルはわかりませんが本人が表にでていらっしゃらない事から察せられます。
なんとか回復していただきたいですね。

総裁として3年間野党に転落した自民党をささえ
(その間に奥様に先立たれる不幸)、
返り咲いた与党自民党幹事長として安倍政権をサポート。

ここまで党や国政のためにがんばってきたかたが、
バッドエンドはつらすぎます。

ポスト続投は無理にせよ、回復と幸運をおいのりするばかりです。

「・・・この世にドラえもんはいないのかなあ」
といったら、

お父さん「ドラえもんが安倍さんやろう」

安倍さんがドラえもん?
ずいぶん、パンチの効かないドラえもんだな(失礼)。

多難国難な局面ですが
ともかく安倍さんには安倍さんの使命貫徹おねがいしたいですね。

そして
国をあげて、発展めざましい再生医療駆使した頸部損傷の治癒回復プロジェクト
に傾注してくださることを望みます。


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2016年7月24日 (日)

『暮しの手帖』のこども服。

暮しの手帖第90号。

昭和42(1967)年夏・刊。
ほぼ半世紀まえですね。

暮しの手帖90・1967年夏号1.jpg

お母さん、縫ってみませんか。

1型紙は、洋裁を少しも知らなくても作れること

2ミシンを使わなくても、手縫いで、いわゆる運針ができる人なら、
 洋裁を知らなくても、誰にでも縫えること

3着せてみて、こどもが可愛くみえること

この三つを目標に、暮しの手帖の衣服グループが研究してきた結果です。

すばらしい

そして、その作り方は
意外にも
直線裁ちよりはるかに本格的。

9019673きちんと胸囲や着丈を測って型紙をつくり、

型紙にあわせて裁断

えりあきや前立ては見返し袖ぐりはバイアステープで始末。
一見シンプルですが
とてもオーソドックスな裁縫ですね。

9019674胸囲の1/10を1マスにして方眼図をつくり、

そこに線をひいて製図してゆきます。

簡単ですが、既製服の囲み製図と同じ原理ではないでしょうか。

じつに合理的。

9019675ボタン付きのデザインバリエーションもありますが
前あきはほぼスナップ止めのようです。

広がりをなくしてすそを短くすれば
男の子のシャツも。

えりとそでをつければ、本格仕立てのシャツ、
打ち合わせによって男女どちらにでも。

9019677運動量の多いこどもたち、女の子なら共布でブルマーをそろえる心づかいを。
大胆なプリントや、はぎれをくみあわせたり
で印象も変わります。

まず、えりなしそでなしの基本型のワンピースを縫って着せてみて、
あとはえりやそでをつけたり、
切り替えやギャザーをよせてみたり、
好みで似あうスタイルを自分でくふうするのもだいじ

と暮しの手帖編集部は説きます。

この当時の育児中の若いお母さん
1950~60年代に娘時代をすごしたかたは、
洋裁を学んだ人口(衣服も手づくりしないと物がなかった時代)が非常に多いので
多少なりとも心得のあるかたは手順通りに型紙をつくって
ミシンをつかえば1日で4~5枚はらくらく縫えたのでしょうが、
ぜんぶ手縫いで仕上げるなら、基本型1枚に1日、2日以上はかかりそうです。

「洋裁を少しも知らなくても大丈夫、ミシンもいりません」
という名コピーは

わが実母やお祖母ちゃんのようなタイプ(たいそう不器用なうえにお金もない、同じく私も)
にはひじょうに魅力的(笑)だったでしょうが

洋裁の前知識が全くない人が
教えてくれる人なしに、はじめから完成までぜんぶ自分でできるかというと
かなり難しかっただろうと思われます。

企画じたいは大好評だったらしく、翌1968年初夏の暮しの手帖95号に
新デザインふくむ続編が載りましたが
それきりで残念ながらロングシリーズにならなかったのは
そのあたりの逡巡があった、のかもしれません。

90196761967年
といえば、私はまだ生まれたての赤ん坊(恥)
でしたが、写真も素敵で今みるとなつかしいです

9019672_2東京湾付近でしょうか。

「ドラえもん」に出てくるような、土管がころがっている空き地で
縦横無尽に遊ぶ子供たち。
21世紀現代では見られなくなった風景です。


本・書籍 ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

2016年7月22日 (金)

『暮しの手帖』の直線裁ち。

今週の『とと姉ちゃん』、ついに直線裁ちがでてまいりました。
戦後すぐの衣料不足の時代に、
花森安治氏が提唱はじめ、長年『暮しの手帖』のバックボーンだった
直線裁ちの服

型紙もこむつかしい洋裁の技術も不要、
裁ち残りも少なくて布をむだにせず合理的。
まっすぐ縫えば洋服ができあがる。

じつは最近、『まっすぐ縫い』がしずかなブームで
ブティック社はじめ各社からテキストが出版されてうれしいのですが

本家本元(笑)というべき暮しの手帖社に、

ぜひ昭和の生活史をなぞる意味でも
直線裁ち』集大成の本を出版していただきたいなあと希望します。

花森安治氏なきあとの

今から30年前、1986年7・8月号に掲載された『ゆかたの直線裁ちと色』。

1ゆかたの反物2枚を中心で接ぎ、肩を「わ」にして
えりぐりをあけた、まっすぐな服。



まっすぐな服にベルトをしめるときれいな線がでて
2_2しゃれたドレスに。

左は同様なまっすぐな服のえりぐり部分をたてあきにしてVネック、
ポケットつき。

4丈を短くして、まっすぐなブラウス。
たて・よこに縞をいかすのがおしゃれ。

左はやや本格的にスタンドカラーのT型チュニック。
現在また流行になっているスタイルですね。

暑い暑い時期
かんたんにつくれて風通しよく着ていてらくな
直線裁ちは、いいですね。

『とと姉ちゃん』、みのがしたかた、もういちどみたいかたは、こちらから。


本・書籍 ブログランキングへ


にほんブログ村

2016年7月20日 (水)

缶の箱がすき(^^)。

缶の箱1.jpg

いつのまにかたまってくる、頂き物のお菓子や海苔の蓋つきの缶の箱。

スチール缶でかるくてじょうぶ、みためもカラフルなので
ついついとっておいて、
いろいろ楽しんでいます(憧れのミニマリストには、やはりなれそうもない(^^;))。

思えば遠い昔、小学校高学年の家庭科で
学校指定の裁縫用具一式そろったソーイングボックスを購入するのがきまりだったのですが
モロゾフのアルカディアの箱に
にあった針山やハサミをてきとうに入れて持って行った、
家庭科の先生のあわれみの視線(笑)もなつかしい記憶です。

現在(笑)のソーイングボックス。

缶のソーイングボックス1.jpg

もう20年以上愛用しています。
いただきもののウイスキーの空き箱、スコットランド伝統の手仕事の
いろんなようすが描かれたイラストがきれいで、

缶のソーイングボックス3.jpg

お父さんが

「なんかに使うか?」

とくれました(彼にしては、気が利いている)。

缶のソーイングボックス2.jpg

ふだんはミシンの上にぽんとほうりだしています。

ボタンやボビン、ミシン糸(普通地用とニット用)、ミシン針、手縫い糸
あみもの用のこものやソーイングの付属品など
すぐ散らばってしまうこまごましたものを収納するのに、ふたつきの箱はとてもべんり。

缶の箱3.jpg

手前は1円玉の貯金箱、これぜんぶでまだ、300円に足りません

スーパーのレシートはあっというまに箱いっぱいにあふれそうになるのに
お金はちっともたまらない(苦笑)のは、なぜ?

人気ブログランキングへ


手芸・ハンドクラフト ブログランキングへ


ハンドメイド(リメイク) ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村

2016年7月16日 (土)

びっくり仰天したこと。

別冊太陽いわさきちひろ・平凡社刊

昨年9月の古い話題でほんとうに恐縮なのですが、
今さら知って(苦笑)あまりにびっくりしたので(^^;)。

多摩美術大学卒業制作優秀作品がいわさきちひろ作品と酷似

いわさきちひろ団体多摩美術大学の卒業制作作品に抗議の意志を表明

多摩美術大学公式サイトより

なんとまあ、
上で引用させていただいたウェブサイトで内容は言い尽くされている感がありますが・・・

卒業制作なら、当然指導陣の責任問題があると思われます。
クリエイター育成が目的なので、自身や他者の作品への誇りや敬意は
徹底してほねのずいまでたたきこまれるべきと外部の人間は考えますが、
著作権法の指導教育とか、どうなってるんでしょう

美大の教員ともあろうものが
いわさきちひろほどの有名画家を存じあげないというのも吃驚仰天
ですが(かりに知っていたならば、もう確信犯でお手上げですが)、
画風や色を参考にしたどころか
構図からポーズからまるうつしで
だれがみても歴然としたレベルであぜんぼうぜん

いわさきちひろのパクリ
という先入観もたずに
一個の作品としてみれば、決してわるくない画と思います
が、
「オリジナル」いわさきちひろ
とてらしあわせると厳然と品が下がるのが明々白々
(だからこそ「パクリ」?)。

かんがえてみれば
完成度でも
絵の上手さでも
品格でも
オリジナルを凌駕するパクリ
って、みたことない気がする
(それが、「パクリ」だから?)。

・・・もし、ごぞんじのかたいらっしゃったら、ぜひ教えてください。

この美大卒業生のかた、
若いだけに
いわさきちひろだけでなく先人の傑作をたくさんみて精進して、
いずれご自身のすばらしいオリジナルの作品世界を作っていただきたいな
と願います。

・・・こんな私ですら(苦笑)、
高校時代はいわさきちひろの画風にはまって
しきりにまねした絵をかいていました。
さすがにまるうつしはできませんでしたが。
当時のスケッチ(恥)。

1




なんじゃこのへたくそな画は?
と思ったかたは、あわれんでポチッとおしてやってください

人気ブログランキングへ


芸術・人文 ブログランキングへ


にほんブログ村

2016年7月14日 (木)

おしゃれなキャラデザ(^^)。

駅前の、ディズニーキャラがファンシーなコスメコーナー

ファンシーキャラデザ2.jpg

最近のディズニーキャラのファンシーグッズ(文房具やアクセサリー、コスメ)
のキャラデザ、じつは若手の日本人女性クリエイターが手掛けていらっしゃるのではないかと
想像します(色づかいも画風も、なんとなく少女漫画っぽい)。

チップ&デールとクラリス。

ファンシーキャラデザ1.jpg

クラリス、やっぱりかわいいなあ
ハートにくらりときちゃう


人気ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村

2016年7月12日 (火)

(詐欺の)歴史はくりかえされる?

ゆず湯.jpg

金投資詐欺容疑、
TVで第一報をきいたときは(豊田商事??)
と連想しました(年がばれるね?)。

金投資詐欺容疑で10人逮捕 被害5億円超か、兵庫県警

金投資詐欺で10人逮捕=250人で5億円超被害か―兵庫県警

金地金やプラチナへの投資名目で高齢者らから現金をだまし取ったとして、兵庫県警生活経済課などは13日、詐欺容疑で、投資会社「ジェーシーアイ」(大阪市中央区)元社長の山本辰人容疑者(51)=大阪府四條畷市清滝=と、現社長の前田宏一容疑者(45)=同府寝屋川市国松町=ら10人を逮捕した。

 両容疑者は「違法な行為はしていない」と否認している。

 同社は3年間で兵庫や大阪、京都、奈良など近畿2府4県を中心に、約250人から約5億7000万円をだまし取ったとみられる。

 逮捕容疑は、2012~13年、兵庫県加東市に住む60代女性ら、県内外の50~80歳代男女5人に、金地金の分割購入を持ち掛け、頭金などの名目で計約400万円をだまし取った疑い。

 同容疑者らは勧誘時に、「値上がり時に途中解約すれば、差益を受け取れる」などとうそを言い、代金名目で多額の現金を詐取したとみられる。契約者が値上がり時に解約を申し出ても、「さらに値上がりする」と応じなかったり、値下がり時には「損失が広がらないように」と新たな契約を持ち掛けたりしたという。被害者の中には投資金3200万円をだまし取られた人もいるという。



熟年世代を狙った悪質な詐欺、

(また大阪か)とがっかりしますが、
意外に報道の声が小さく感じられるのは、
早く発覚して被害者総数や被害総額が比較的少なかったため?
(だとしたら、警察グッジョブ)

判明しないものもふくめて
一般の善良なみなさんがコツコツためた預金を
ねらう犯罪は無数にあるということでしょうか。

ヤフーのコメント欄、

これ、逮捕はされても被害者のお金は戻らないんだろうなあ…
それなのに、最長で10年の懲役って軽すぎるよ

詐欺罪は早く構成要件と刑罰の期間を改めるべき
これじゃあ、詐欺をやって下さいと法律が言っているようなものでしょ


・・・全面的に賛成します。

むろん投資など夢のまた夢の世界ですが、
純金なら購入してみたいなあ・・・

・・・と、スーパーの買い物のおつり(笑)の
10円や5円を
貯金箱がわりのフタつきの空き缶で
じゃらじゃらゆすりながら夢見ている(苦笑)
いまの境遇こそ幸せなのかもしれません


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2016年7月10日 (日)

参院選。

暑い、暑い日曜日
午前中に家族で投票に行き、
ガレージを掃いて草むしりをして
図書館に本を返しに行きました。

20151109131858.jpg

午後7時10分スタート
に繰り上げ放映された『真田丸』をみてから、

ずっとTVつけっぱなし。

今夜は朝まで生テレビ?

でも適当なところで眠くなったら寝ます

ハラハラドキドキ
とはゆかず、まず
予想範疇に妥当な結果で収まりそうですね。

ともかく、わが国がより良い方向に向かってくれますように。


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2016年7月 8日 (金)

真田丸・甲冑(笑)。

真田丸・段ボール甲冑1.jpg

大阪地下鉄・中央線『本町』駅の通路。

今年のNHK大河ドラマ『真田丸』にちなんで
段ボールで復元した甲冑のレプリカが展示されていました。

『日の本一の兵(つわもの)』と謳われた
軍事の天才・真田信繁。
全力で駆け抜けた果敢にして壮烈な生涯に、
大いにみならいたいですね。

赤と黒の対。

真田丸・段ボール甲冑2.jpg

匠の技だなあ


人気ブログランキングへ


にほんブログ村

2016年7月 6日 (水)

表紙は語る・大正初期の少年誌。

手もとにある、時事新報社刊『少年』。
えらんだわけではないのですが、偶然にも大正2(1913)年
の同年発行。

少年・表紙・大正2年.jpg

色刷り木版画ふうのほのぼの感。
当時の世界的有名人・極地探検家スコット卿の悲劇
などリアルタイムで本文にとりあげられています。
さすがは新聞社。

こちらは、ランダムに
明治44(1911)年から大正3(1914)年発行の実業之日本社刊・『日本少年』。

な・なんと、1冊200円の、ほぼ投げ売り状態(爆)でした
これだから古書あさりはやめられません・・・

日本少年・表紙・明治45年~大正3年.jpg

すでに本文で竹久夢二、川端龍子といった
当時の新鋭が活躍なさっています。

ほどなくして『赤い鳥』『金の船』『コドモノクニ』等々
児童向け出版の隆盛でキラ星のごとく、
新たな才能が続々登場。

こちらは大正元(1912)年の『日本少年』増刊号。
乃木大将の自刃・殉死がすぐに子供たちにも届けられています。

日本少年増刊号・大正元年.jpg

表紙だけみていても、
昭和戦前の雑誌文化爛熟期(この約25年後?)
とは雰囲気が明らかに違いますね。

表紙も本文も、とても素朴でシンプルな感じです。
大正3(1914)年創刊・後発の『少年倶楽部』も
創刊当時はほかの雑誌と似たり寄ったりだったのでしょう。

20~30年間で、社会も政治も科学も生活の文化水準も、
時代が大きく様変わりしたであろうことを実感させられます。

やがて大正末期には他社ライバルを抜いて
少年誌トップの地位を確立した『日本少年』、
昭和時代の『日本少年』や博文館の『少年世界』も願わくばぜひ拝見したいですね。

上記の『日本少年』より
竹久夢二の詩画。


1_2思い出



『郵便ほい

お上の御用で

えっさっさ』

『えっさっさ』

郵便脚夫のうしろから

学校帰りの子供等が

えっさえっさとついて行く。

『郵便ほい

お上の御用で

えっさっさ』

・・・いまみると、古き良き時代。
明治の終わりごろは、
または夢二さんが幼いころは
まだ飛脚のような郵便やさんがいらしたのでしょうか。


人気ブログランキングへ


本・書籍 ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村

2016年7月 4日 (月)

ヘンな世の中。

キヨハラさんにはおよばないのでしょうが、
有名女優のダンナさんがドラッグを所持していた
というので連日テレビが騒いでいます。

・・・いつもふしぎなんですが、
有名芸能人がヤクをやったヤクをやったとわーわー騒ぎ立てるより、
ルートからつきとめて
ドラッグの元締めとなるシンジケートこそ壊滅させるべき
だと思うのですが、そこはどなたもふれませんね。

上層部で警察ふくめ国家の中枢と癒着している?
近隣諸国の財源になっている?
よほど根深い、社会の闇がありそうです。

法律もとおりいっぺんで、
売買したり所持して逮捕された人が
誰から買ったか、詳細を告白してもしなくても
判決にあまり影響なさそうな感じだし・・・

一般人に比べてはるかに所得が多く
交友関係が広く
危険な誘惑が多いであろう
芸能界の人がドラッグの陥穽におちることじたいは
(嘆かわしくも)さして物珍しいこととは思えません。

真実を追求するべきジャーナリズムが死に態(悲)
の現状であるかぎり、
今後もトカゲのしっぽ切りのごとく頻発しそうですね。
怖い怖い。
20160706_184246.jpg

見るだけでわかる薬物乱用防止

青少年の薬物問題を考える会

夜回り先生こと水谷修先生の公式サイトより
ドラッグのウソ、ホント


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2016年7月 2日 (土)

表紙は語る・戦中の主婦之友。

わりに肌寒い日が多かった6月から一転、
うだるような猛暑にへたりきっている週末です。

たまってきた古雑誌の整理をしようとひっかきまわして・・・

なんとなく感無量。
1941年から1945年の主婦之友。

主婦之友表紙1941~1945年.jpg

上段左から、1941年3月号・5月号・1942年新年号・4月号・6月号

下段左から、1942年12月号・1943年6月号・8月号・1944年3月号・1945年3月号。

1943年、昭和18年から急激にページ数が減って薄くなり、
紙質のわるさはいわずもがな、表紙画にも戦時下の窮乏が
如実にあらわれているようです
(消火訓練? バケツリレー?)

ただしく表紙画は語る・無言の心の叫び。

こちらは同じく、1944年、敗戦色濃くなった昭和19年発行の主婦之友および婦人倶楽部。

主婦之友・婦人倶楽部表紙1944年.jpg

いずれも、片手で折り曲げられるほどの薄い本誌。
銃後の女性たちのかなしみがダイレクトに伝わってくるようで瞑目するのみ。

戦争の根絶・恒久平和を祈念します。



人気ブログランキングへ


本・書籍 ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

フォト
無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30