« ヘンな世の中。 | トップページ | 真田丸・甲冑(笑)。 »

2016年7月 6日 (水)

表紙は語る・大正初期の少年誌。

手もとにある、時事新報社刊『少年』。
えらんだわけではないのですが、偶然にも大正2(1913)年
の同年発行。

少年・表紙・大正2年.jpg

色刷り木版画ふうのほのぼの感。
当時の世界的有名人・極地探検家スコット卿の悲劇
などリアルタイムで本文にとりあげられています。
さすがは新聞社。

こちらは、ランダムに
明治44(1911)年から大正3(1914)年発行の実業之日本社刊・『日本少年』。

な・なんと、1冊200円の、ほぼ投げ売り状態(爆)でした
これだから古書あさりはやめられません・・・

日本少年・表紙・明治45年~大正3年.jpg

すでに本文で竹久夢二、川端龍子といった
当時の新鋭が活躍なさっています。

ほどなくして『赤い鳥』『金の船』『コドモノクニ』等々
児童向け出版の隆盛でキラ星のごとく、
新たな才能が続々登場。

こちらは大正元(1912)年の『日本少年』増刊号。
乃木大将の自刃・殉死がすぐに子供たちにも届けられています。

日本少年増刊号・大正元年.jpg

表紙だけみていても、
昭和戦前の雑誌文化爛熟期(この約25年後?)
とは雰囲気が明らかに違いますね。

表紙も本文も、とても素朴でシンプルな感じです。
大正3(1914)年創刊・後発の『少年倶楽部』も
創刊当時はほかの雑誌と似たり寄ったりだったのでしょう。

20~30年間で、社会も政治も科学も生活の文化水準も、
時代が大きく様変わりしたであろうことを実感させられます。

やがて大正末期には他社ライバルを抜いて
少年誌トップの地位を確立した『日本少年』、
昭和時代の『日本少年』や博文館の『少年世界』も願わくばぜひ拝見したいですね。

上記の『日本少年』より
竹久夢二の詩画。


1_2思い出



『郵便ほい

お上の御用で

えっさっさ』

『えっさっさ』

郵便脚夫のうしろから

学校帰りの子供等が

えっさえっさとついて行く。

『郵便ほい

お上の御用で

えっさっさ』

・・・いまみると、古き良き時代。
明治の終わりごろは、
または夢二さんが幼いころは
まだ飛脚のような郵便やさんがいらしたのでしょうか。


人気ブログランキングへ


本・書籍 ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村

« ヘンな世の中。 | トップページ | 真田丸・甲冑(笑)。 »

古本コレクション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ヘンな世の中。 | トップページ | 真田丸・甲冑(笑)。 »

フォト
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

にほんブログ村

無料ブログはココログ