« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

2016年8月31日 (水)

残暑はつづきます。

ようやく8月が終わりました。

暑い暑い8月だった、連日36~37℃越え、

なので「残暑きびしくきょうは33℃の予想」とか天気予報tvを聞いても

すずしくてラッキーと感じてしまいます。

例年の終戦の日前後の悲壮な戦争の悲劇の記憶が、

オリンピックと選手の皆さんの活躍runのおかげでいくぶん明るく糊塗され、

さらに世論の矛盾や混乱bombが一気に表にでてきた感のあった、動乱の夏。

昨年のちょうど今頃も鬼怒川決壊とか、被災の記憶なまなましいのですが

今回の台風で東北・北海道に大きな水害のダメージ、

熊本の地震もいまだ終息せず

メディアは南海トラフ大地震の不安をことさらにあおりたてるばかり、
間断なき天災に天よ怒りおさめてしずまりたまえと頭をたれるのみ。

個人的には、夏休み最後の日をむかえた小学生

のような、

日やけからくる疲労のような

かなしい虚脱感と消耗感(苦笑)とでもいう気分ですcoldsweats02

どうせ10月まで暑い日sunはつづくでしょうし、

「9月は夏の暑さで(家中の)よごれがゆるんでいるので大そうじに絶好な時期heart

という説もきいたことがあるので

心をいれかえて(笑)そうじでもがんばりましょうかcoldsweats01


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2016年8月29日 (月)

久しぶりに、雨。

台風接近の影響typhoonで、久しぶりの雨rain

スコールのようにざあざあ降っています。

この夏は猛暑sunなうえに、

こちらではめずらしく雨のふらない8月でした。

雨のない夏のほうが不作にならず農家のみなさまにとっては

よろこばしいとも聞きます

が、

ともかく暑すぎてなにもしたくない(苦笑)時期でした。

今年は6月は肌寒いほどに涼しかったのに

7月・8月は連日35℃越え、熱中症を心配する毎日。

冬は暖冬もしくはぎゃくに厳寒になったりするのでしょうか、

京阪の亜熱帯化はすすみそうです。

暑気払いの雨、

残念ながらお父さんがもらってきた夏風邪が

お盆休みから長引き(苦笑)家族にまんえんし、

めずらしく過ごしやすい涼しさにもかかわらず

意気があがりませんcoldsweats01


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2016年8月27日 (土)

魅惑のエマ・ハミルトン

ヴィヴィアン・リー主演の古典的名作

美女ありき

で、わが国でもよく知られるようになった、美女エマ・ハミルトン

貧しい村娘が、

ロンドンに出て小間使いや女中奉公、

やがてその美貌と人の心をとらえる魅力で

男性たちの間を渡り歩き、

ふつうならそこでお金持ちに囲われておわりそうなところを、

運命に導かれて

ナポリ駐在大使・老ウィリアム・ハミルトン卿の後妻に迎えられ

ナポリ社交界の頂点に。

名門ハプスブルグ家出身のマリア・カロリーナ王妃crownとも昵懇の仲になる。

セレブの仲間入りを果たしたかにみえた

彼女に
対ナポレオンの守りとなるべくナポリに加勢を要請する

イギリス海軍・ネルソン提督との遭遇。

世紀の恋。

1805年のトラファルガーの海戦まで、

熱烈な恋愛の期間は、わずか7年。

しかもその間ほとんどネルソンは海上勤務で

逢えない時間のほうがずっと長かったと思われます。

ハミルトン卿が亡くなり
ネルソンは戦死。

彼女を守ってくれる人がいなくなりました。

ネルソンは救国の英雄にまつりあげられ

その一族には多大な栄誉および資産が下賜されてうるおいましたが

不幸にも

愛人のエマとエマにのこされたネルソンの忘れ形見の愛娘ホレイシアは

国家に無視されてしまいました。

ネルソンの名誉の戦死から10年後の1815年、

フランスの港町カレエで

世間から忘れ去られた貧窮のうちに

絶世の美女・エマ・ハミルトンはひっそりと息をひきとりました。

どんな小説や演劇よりもドラマティックな

リアルシンデレラストーリー、女性一代記。

わが国でエマをとりあつかった作品といえば

加瀬俊一『美女ありき 提督ネルソンの恋人 その破滅への情熱』(1971年・文藝春秋社刊)

が秀作です。

あと、中野好夫『人間うらおもて』(1994年・ちくま文庫)

所収の『提督ネルソンの恋』。

ほかに邦訳ふくめ

国内でエマ・ハミルトンに関するくわしい書物をご存じのかたいらっしゃいましたら、

ぜひ教えてください。お願いします。

インターネットpcで検索すると、たちまち情報がでてくる、

ファンにとってはとてもありがたい時代です。

イギリス本国では、現在もネルソン提督は国民的英雄、

そのネルソン最愛の恋人のエマに関する書籍も

フィクション、ノンフィクションあわせておびただしいようです。

が、こちらの英語力が(笑)(泣)coldsweats01・・・

私の英語レベルといったら、英検3級でもあやしいぐらい(苦笑)で、

学生時代にもっと勉強しておくべきだった

とこんなときはじめて痛感する(苦笑)のですが、

それでもファン心理(笑)というやつで、
高校時代(30年以上前! !)の辞書と単語帳引き引き、やっさもっさ。




お手頃な価格(1000円以内でないと、買えない悲しい身分(笑))
で入手した、エマの伝記。

筆者のKate Williamsは、検索すると
ナポレオンの皇后ジョゼフィーヌやビクトリア女王、
現・エリザべス2世陛下の若き日々
等、歴史上の有名人の著作で活躍する、人気作家のようです。

もっぱら最後尾の
ネルソンなきあとの彼女の悲劇的晩年にしぼって読んでいるのですが
(ひどい読み方ですが、全編通して読もうとすればこちらがそれだけで一生おわってしまいそうwobbly)
さいわいにも難しい言い回しはなく
平易な表現で、

しかもぐんぐん引き込まれてゆきます(さすが!)happy02

彼女の最晩年の悲劇は・・・

ひとつには華美な生活を好んだ彼女自身

のとほうもない浪費なのはうたがいありませんが、

大使の任終えた夫君ハミルトン卿やネルソンとともにイギリス本国に帰還

したことにも一因あるのかも。

・・・ナポリではエキゾチックなエトランジェとして

社交界を席巻した彼女も、

本国イギリスの体面重んじる上流社会?

では成り上がりの下賤な女性としか扱われなかった、

しかも善人でおだてに弱い彼女は、

なんとかして宮廷にコネをつけたいいっしんで

(これも実はネルソン生前に、賭博ふくむ浪費癖で秘密の負債を莫大にこしらえていたので、

「大使夫人としての海軍ならびに政府への多大な貢献」したとのふれこみで、

政府からの年金下賜が目的だったのですが、イギリス政府は先刻お見通しで、

薄情にも無視されてあてがはずれた)

貴婦人たちと変わらぬ浪費をつづけ、いっそう借金がかさみ手元不如意になるという悪循環。

・・・現役大学生の息子に

(最近は大学の方針で、毎年強制的にTOEIC受験させられるらしい)

ここのイディオム教えて、

と懇願すると一瞬だまり、

「・・・PCで検索すればでてくるgawk

と冷淡ににげられるばかり(苦笑)。

・・・ぼつぼつ、内容の紹介や感想もしてゆけたら・・・と思います。


本・書籍 ブログランキングへ


にほんブログ村

2016年8月25日 (木)

デュマの『レディーハミルトン』

おそまきながら、

文豪アレキサンドル・デュマが小説『レディーハミルトン』
を執筆しているのを知り、

アマゾンで検索しても

出てくるのは洋書しかもなぜかドイツ語版ばかりで、もうお手上げcoldsweats01(苦笑)。

わが国でも著名なデュマ、

『三銃士』と『モンテクリスト伯』は

児童向きから原書まで、おびただしい翻訳はもちろん

欧米ではくりかえし映画化・ドラマ化され、

たえず日本にも紹介されていますが、

知られざる

あるいは埋もれている力作・名作あまたあるんだろうなあ

と、ためいき(笑)。

もしかして、もしかしたら
デジタル化はるか以前の
選集や全集ふくめ

古い翻訳で、でていないとはいいきれないので、

ご存じのかたおられましたら、どうかご教示こうしだいでございます<m(__)m>。

映画化もされているんですね!

予告一見して、
なんじゃこりゃあポルノかcoldsweats02???
と一瞬でも思ってしまった不埒な私をお許しくださいcoldsweats01

イタリア・西ドイツ(当時)・フランス・アメリカ
合作映画とのことで、俳優さんがしゃべっているのもおそらくドイツ語で、
まるでわかりませんcoldsweats01

エマに扮するミシェール・メルシェは、
わが国でもロングセラー、
木原敏江さんのコミカライズでもおなじみの『アンジェリク』シリーズ
でも主演した女優さん、

妖艶かとおもえばあどけなく、

コケティッシュな魅力kissmarkで男性たちをとりこにする、

実在のエマになんとなくイメージが重なりますlovely

1960年代を代表するスターのおひとりですね。

いつかゆっくりみてみたいです。


本・書籍 ブログランキングへ


にほんブログ村

2016年8月23日 (火)

オリンピックイヤー。

リオデジャネイロオリンピックが終了しました。

夢と感動、

出場したすべての選手およびサポートしてくださった皆さま、ありがとうございます。

今回わが国は

オリンピック初出場以来の国内最多メダル獲得とのこと、

次期大会にむけて希望のスプリングボードになりそうですね。

4年後、

2020年。

前回1964年東京大会から、ふたたび56年ぶりの開催。

生涯に2回東京オリンピックを観戦される幸運なかたも多数いらっしゃるでしょうね。

わずか4年

ともいえますが、

施設完備や竣工とまだまだ課題は物心両面で山積みですが

4年後、

オリンピックをモチーフに、いっそう

より良き『日本』になってほしいと祈ります。



See you next time in Tokyo!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村

2016年8月21日 (日)

猛暑がつづいています。

連日36~37℃越えの暑さsun

洗濯物t-shirtを干すだけでシャワーのように汗だらだら。

暑さをこえて熱い、

まさに熱帯域。

しかも雨rainが降らない、

それなのに湿度が高い、

たいへんな季節です。

さすがに首都圏はこちらよりは涼しいと思うけど、

オリンピック8月開催・・・はこわいですね。

せめて10月以降にお願いしたいです<m(__)m>。

13900155_534618396742587_4593960493
ベトナム・ホーチミン市繁華街のマネキン。

セクシーheartというよりたくましいですね。

なんだか強そうcoldsweats01


13920775_534618386742588_2231023217ホーチミンは基本的に1年中夏服sportsでOKなエリアらしいですが、

8月はなぜか大阪よりすごしやすいようです。

平均気温29~30℃?

地球温暖化で日本の熱帯化はすすむのでしょうか。



人気ブログランキングへ


にほんブログ村

2016年8月13日 (土)

『少年倶楽部のなぞ』シリーズ平和の風3

1_2表紙帯より、

昭和12年、後楽園球場での「巨人対阪神」戦を親友の喜多さんと観戦しにいった

八二(はちじ)は、ぐうぜんにも『少年倶楽部12月号』を手に入れる。

喜びもつかのま、その『少倶』には、暗号文のような書き込みがしてあった。

それはいったい何を意味するのか・・・・そして、特高警察までが、

八二と喜多さんをつけねらってきた・・・。

戦争の時代を生きた、川柳人の姿をえがく創作文学。

川柳作家、鶴彬。本名・喜多一二(きた・かつじ)。

反戦川柳作家として活躍し、若くして亡くなったこのかたを

この本をみるまで存じませんでした。

反戦川柳作家・鶴彬

川柳で侵略戦争と戦った若者、鶴彬

反戦川柳作家 鶴彬の生涯

作者の吉橋通夫さんは児童文学部門で活躍しておられますが、

大人向けに鶴彬の伝記小説も執筆されているのでこちらもいつか読んでみたいです。

野球好きな小学生の八二(はちじ)少年。

家が材木屋を営んでいるために、ひんぱんに出入りする「木材通信社」の編集者・喜多さん

と仲良し。

喜多さんは28歳、目元すずしい二枚目だがいつもお金に困っている。

文学に造詣が深く、キャッチボールの相手だけでなく

八二少年に川柳のおもしろさを指南してくれる。

3八二少年が後楽園球場のトイレでみつけた『少年倶楽部』。

じつは忘れ物と見せかけて、「二十面相」が同志にわたすためにわざとおかれたものだった。

本文中には、えんぴつで暗号文のようなしるしがつけられていて・・・

4喜多さんは、『二十面相』に心当たりがあるらしい。

「何者なの?」

「正義の味方だ」

「正義の味方が、どうして警察に追いかけられるのさ」

「正義の味方だから、追いかけられるんだよ」

2気がつけば

見えるところ見えないところ、『二十面相』をマークしているらしき

特高警察の目が光っている。

検挙歴のある喜多さんもまた特高にリストアップされている要注意人物

とうすうす知り、緊張する八二少年。

ふたり、なにくわぬ顔で駅のホームで電車を待っていると、

横須賀海兵団の水兵が、八二少年の手にした『少倶』をじっと見ている。

・・・尾行をまきまき、市電で喜多さんが知っているという『二十面相』の家に向かうふたり。

5いろんな人が行き交う、東京駅。

工場で酷使され、身体をこわして郷里に帰る若い娘さんの姿に

喜多さんは社会悪への怒りを燃やす。

ふるさとは病いといっしょに帰るとこ

 

もう綿くずも吸えない肺でくびになる

「あんな若いむすめさんを、ボロボロになるまでこきつかって、

大もうけしている資本家のブタどもめが・・・」

喜多さんの、こんなこわい顔を初めて見た。

八重洲口で、赤ちゃんをせおったお母さんが

通り過ぎる人々に千人針をたのんでいる。

ベンチでぽつねんと、歌をくちずさむ傷痍軍人。

万歳とあげていった手を大陸へおいて来た

 

手と足をもいだ丸太にしてかえし

 

(・・・時代に匕首をつきつけるかのごとく、鋭い句。)

ようやく目的地とおぼしき家にたどりついたものの、

家の前には先回りした特高が・・・。

みずから喜多さんのつかいをかってでる八二少年、

なにくわぬ顔で特高の前をとおりすぎ、家宅訪問。

喜多さんにいわれたとおり、

「鶴さんの使いで来ました・・・」

と呼びかけると、かいがいしくむかえてくれた宅のおばさん、

案内された部屋には、なんと見覚えある水兵が・・・

「川柳作家の鶴彬というお名前、ごぞんじでしょう」

「はい、するどい人ですね。

『屍しかばねのいないニュース映画でいさましい』

という句など、戦争のみにくさにフタをする報道の役割を、みごとにあばいていますよ。

機会があれば、一度会ってみたいものです」

「この少年は、彼の使いで来たのですよ」

「奥さん、なぞがとけました。鶴彬氏が、あの雑誌をみて、わたしたちの連絡文書

だと気づき、それでこの少年をよこしたのですよね。これは、まれにみる幸運だ」

水兵に市電までおくってもらう帰途、待ち伏せていた特高に襲われるも

間一髪、水兵が返り討ちしてことなきをえる。

「二十面相さんやみなさんは、何をしている人たちなんですか」

水兵さんがニコッとわらった。

「天皇の命令にそむく国賊さ。では、鶴彬氏によろしく」

・・・はからずも、第二次大戦前夜の反戦レジスタンス?

の地下活動をかいまみた八二少年。

が、もちろんそのまますまされるはずもなく、翌日

木材通信社に警察がおしかけ、喜多さんは逮捕。

拘置中に発病し赤痢で入院した死の間際の喜多さんに、

10分だけ見舞いにゆくことができた八二少年は、最後の句を託される。



暁を抱いて闇にいる蕾

「たとえむしりとられても、つぼみは、また必ず芽を出すだろう。

そして、ふくらみつづけて、いつの日か花ひらくものさ。

君も、大きくなったら、そんなつぼみのひとつになってほしいな」

暁を・・・

は時代を越えてみる者の心ゆさぶる名作です

が、

本作はくもりなき子供の目で暗い時代の側面をきりとった反戦作品なのでしょうが

物語としては成功作とは思えません。

『二十面相』がだれで何者なのか、

同じくおばさんや水兵は何者か、鶴彬とどう接点があるのか、

なにを活動してるのか、

ほのめかすだけで、すべて謎のまま。

1991年、汐文社刊ですが

今後復刊されたときには、

戦後おとなになった八二少年が彼らと再会して

なにもかも解明される後日談を付け加えてほしいです。

あと、細かいことなのですが

小学生の八二少年がつめえりの通学服なのがちょっと気になります。

昭和戦前の学生服は

小学生は折れた衿、中学からは詰襟。

だったような。

もちろん、小学生のつめえりがなかったとはいいきれませんが

(学習院初等科は紺のつめえりでボタンのみえない比翼仕立て)、

昭和日常博物館

ほかならぬ『少年倶楽部』

昭和8(1933)年発行復刻版表紙。

えり付きの通学服を着た小学生、

こちらは昭和16(1941)年5月号表紙。

真珠湾攻撃の半年ほど前、

すでに国民服統制令がでていた頃?

小学校の名称は国民学校で児童は少国民、

白い衿の通学服は

『はだしのゲン』も着てましたね。

そういえば、『おそ松くん』も・・・

小学校の通学服は、戦後の昭和30年代まで、残っている地域があったのだそうです。

だいぶ脱線してしまいましたが、

歴史の闇に惜しくものみこまれた逸材の、鶴彬もそのおひとりですね。

戦争や戦時下の悲劇は、多種多様な人材の消耗損失だと痛感せざるを得ません。

とはいえその精神は朽ちることなく珠玉の作品にとどまり、

永遠の感動をよぶことに心うたれます。


読書日記 ブログランキングへ


にほんブログ村

2016年8月11日 (木)

宝塚歌劇『TRAFALGAR』ざんまい。

ネルソン提督の愛人、エマ・ハミルトン

の資料をほそぼそとあさっていて、

宝塚歌劇団がこの『世紀のロマンス』を上演していることをいまさら知りました。

2010年公演の『TRAFALGAR』トラファルガー ネルソン、その愛と奇跡

その人物相関図

こちらのやや辛口な評価?

も参考になりそうです

動画が上がっていたので、さっそく視聴(ハイライト?)。

宝塚歌劇 宙組 Trafalgar 1/2

宝塚歌劇 宙組 Trafalgar 2/2

くりかえして、みました。

(私はよほどあたまがわるいのか、1回みただけでは内容がよく把握できない)

タカラヅカの王道、

ファンの紅涙をしぼり、うっとりと酔わせる夢舞台

主役のトップスター、大空祐飛さんは

ネルソンに扮するにはあまりにも・・・妖精のように美しく

(それが、宝塚だから)

北翔海莉さんはエマの夫・ウィリアム・ハミルトン卿にしては

あまりに若くクールな二枚目で

(どちらかといえば史実のグレヴィルのほうがイメージが近いかも)

いかにもエマを血の通った女性ではなく書画骨董のようにめでる

冷酷な人物という設定

はハミルトン卿にやや気の毒な感じ、

野々すみ花さんのエマは道ならぬ恋になやむ純情可憐な若妻で、

これもまた史実のエマの退廃的な美とはひとあじちがう、かも。

それにしては、二人の不倫の愛の結晶・ホレイシアが生まれ育つ

プロセスまで出てくるのは妙に現実的で、夢の舞台にそぐわないかと思うのですが

ラスト近く、エマが

「・・・100年後、200年後、きっと戦いのない平和な時代が来るまで

あなたのパパのトラファルガーの奇跡の偉業は語りつがれるでしょう」

といいきかせたりしてるし。

エマも、なぜかネルソンも反戦平和主義者の設定になっている。

これは、軍を礼賛するわけにいかない21世紀現代ニッポンの苦しい?事情に

あわせてあるとしか思えない。

・・・といったようなへりくつは

ぜんぶすっとばしてしまい、すっかり夢見心地

恋の魔法のごとき、宝塚の魅力に

おぼれ浮かれているていたらくでございます

レディーハミルトンの「心の友」(ジャイアンではない)、

反ナポレオン同盟を指揮して

ネルソン提督のイギリス海軍を支援した

ナポリ王妃マリア・カロリーナ

(マリー・アントワネットのお姉さん)。


芸術・人文 ブログランキングへ


本・書籍 ブログランキングへ


にほんブログ村

2016年8月 9日 (火)

灼熱のミナミ。

連日の酷暑(35℃越え?)、

TVをつけても「猛暑」「熱中症に注意」と毎日テロップが出ます。

とにかく、お盆休みにはいるまえに

実父のおつかいでクリニックと薬局にいってきまして、ほっ。

Photo_2なんば高島屋のショーウィンドウ、

涼を呼ぶ? ゆかたのディスプレー。

この真向いで、路上ライブ

やさしい旋律と歌声にふらふらとひきつけられました。

1_3ストレートに強烈な日差し

浴びながら、キーボード弾いてうたう青年。

いやー、若いってうらやましいなあ。

シンガーソングライターの​日比直博さん

とおっしゃるそうです。

みなさま、応援してあげてください。

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

2016年8月 7日 (日)

華麗なる闘い。

酷暑の日曜日

にもかかわらず、区民センターの興業は満員です

大衆プロレス松山座8月公演、

Photo


眼が釘付けになったのは女子プロレスタッグマッチ
井上貴子・豊田真奈美VSブリバト♥


全女黄金期の対抗戦時代から、20年以上たっても

現役でおとろえぬファイトをみせてくれる両選手は、ホントに凄い。

美魔女や美熟女

なんて表現をかろやかにこえて、エイジレスな美しさ

華麗なとび技・返し技、相当な自己鍛錬の結果だろうなと

頭がさがります。

ブリバト♥(井上貴子選手の弟子的なポジションらしい)

には、高いハードルだったかも

(母娘くらいの年代差)、

まだ圧倒的な技能差があるようにみえました。


1_2そしてベテランのお母さん世代が余裕の勝利。

見習って

たるんだ(笑)カラダと心をひきしめねば

と思いながら、暑さにまけて

だらだら、ごろごろしているだめな私(苦笑)。

皆さま、おつかれさまでした。

また熱い闘いで魅せてくださいね


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2016年8月 5日 (金)

ハッピーバースデー。

お父さんの誕生日。

もう半世紀(笑)生きぬいてきたわけですね。

はじめて会ったeyeのが私が二十歳になる前でしたから、

もう人生の半分以上、30年のつきあいになります。

日々すごしているとありがたみを忘れがち(苦笑)ですが、

もっと感謝して、彼を大切にしなくてはなりませんね(反省)。

プレゼントに、出張や旅行用airplaneの新しいキャリーバッグを買いました。

健康に気をつけて、これからもずっと元気ですごしていけるばかりでなく、

ここまで世の中の恩恵と幸運で生きてこれたぶん、

ささやかでもすこしずつ世の中に役立ち還元してゆけるような

そんな生き方ができるといいなと願います。

画像はその昔、卒業旅行のお土産で

彼に贈ったウェッジウッドのネクタイピン(とうぜん安物coldsweats01)、

もっとも彼はネクタイピンなどしないので

ほぼ未使用のまま引き出しにおさまっていますが・・・

ハッピーバースデーgood


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2016年8月 3日 (水)

8月3日は、

ごろあわせで8ハチ3ミツの日(はちみつ)の日なんだそうです

そういえば・・・大阪・ミナミのディズニーショップ
も「プーさん」ディスプレーを強調なさってたような

こちらも、ごらんください。




人気ブログランキングへ


にほんブログ村

2016年8月 1日 (月)

千代の富士

ベルばら。

最強の横綱、
昭和の生んだ角界のまぎれもない星のおひとりでした。

61歳はまだまだ若い!
本当に惜しまれます。

大関・貴ノ花は新星千代の富士に敗れて引退を決意、
そして約10年後、
最強の横綱千代の富士に貴ノ花の次男・貴花田が挑む。

当時は紅顔の美少年力士だった貴花田に土をつけられて
第一線を退く引導をわたされた、親子二代にわたる劇的な因縁。

現・貴乃花親方、花田光司さんの心情もお察しします。

小兵ながら俊敏にして勇猛果敢な取り口、
圧倒的な強さと人気で角界に貢献した千代の富士関
が関取として大ブレークする直前、
プロレスデビューの計画があったことを今や知る人ぞ知る、

見てみたかった…。幻に終わった「千代の富士」のプロレス転向

今となってはどこまで本気のプロジェクトだったのか
わかりませんが、

梶原一騎氏の目のつけどころはさすがというほかありません。

先代貴ノ花、北の湖
しのぎをけずったスターたちも若くしてなくなり、千代の富士までも・・・

はやすぎるおわかれはとても残念です。
ご冥福おいのりします。


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

フォト
無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30