« 稀代の美女・エマ・ハミルトン | トップページ | あぜんぼうぜん。 »

2016年9月 8日 (木)

もっと、エマ・ハミルトン

エマ・ハミルトンで検索していてすてきなウェブサイト発見しました。

やはり、餅は餅屋というべきか、本国はさすがlovely

http://www.emmahamiltonsociety.co.uk/

公式サイトかと思われるほど充実した内容

で、ネルソンとエマの子孫にあたる皆様の代々のご家族ご紹介も載っていますhappy01

貧しい階級から身を起こし、

美貌と才気でナポリ駐在大使夫人・レディーハミルトン

にまでのぼりつめ、

イギリス救国の英雄ネルソン提督との激しい不倫の恋。

3ロムニーを筆頭に、当代一流画家がきそって

後世にのこした明眸皓歯な彼女の美しさkissmark

劇的な人生の軌跡、こちらのサイト訪問すればエマのすべてがわかる。

さらにうれしいのは、推薦図書で

膨大な量にのぼるであろう
エマに関する文献を記載してくださっていて、

(いま私の手もとにあるケート・ウィリアムズとノラ・ロフツさんの本も入っています)

そのうち出版年が古く絶版になった本(復刊されているものもあるようですが)

に関しては

ウェブ閲覧可能なリンクしてある絶大サービス(なんとありがたいhappy02)。

(・・・あとは、こちらの英語力の問題だけ(苦笑)。)

好奇心をひかれるのは

Recommended Reading

デュマの『レディーハミルトン』がリストアップされていないこと

(原作・1968年版映画ともに)、

ヴィヴィアン・リーとローレンス・オリヴィエの『美女ありき』

は(史実をもとにしたフィクションですと注釈入れながら)しっかり入っているのに。

・・・史実のエマのファンにとって

あまりうれしくない内容なのかとかんぐってしまいます。

ともあれ、ウェブサイトは成長するので

今後も埋もれたエピソードや名作の発掘、さらに新作の傑作が刊行されて

ふくらんでゆくのだろうな

と、とても楽しみですheart

さらに欲をいえば児童書も紹介していただきたいのですが

(こちらの貧相な英語力の問題でcoldsweats01(苦笑))・・・

国民的英雄ネルソンに関する児童向きの本は数多あれど、

エマを児童書はむりかなあ(不倫だし)。

ということでエマ・ハミルトンお好きなかた、

興味もってくださったかたは、ぜひ。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

« 稀代の美女・エマ・ハミルトン | トップページ | あぜんぼうぜん。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 稀代の美女・エマ・ハミルトン | トップページ | あぜんぼうぜん。 »

フォト
無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

にほんブログ村