« 2017年3月 | トップページ

2017年4月

2017年4月 6日 (木)

ウエスト・サイド物語のマリア。

20171日に、BSで放映されたデジタル・リマスター版
ウエスト・サイド物語
録画して、たらたら(笑)と観ています。

1961年の映画ですが、映像がクリアで綺麗でやっぱりデジタルはいいな、と。

劇団四季や宝塚歌劇でくりかえし再演され、
この夏は本場ブロードウェイのキャストが来日公演決定という、
ミュージカルの金字塔。

『ウエスト・サイド物語』あらすじ・キャスト・評価まとめ【名作ミュージカル映画】

キャラクター紹介

後味の悪い話 ウエスト・サイド物語

NY下町の不良少年グループの抗争なのですが、
映画は今みると、とてものどかで「古き良きアメリカ」の郷愁すら感じます。
舞台劇なので当たり前とはいえ
カーチェイスも建物爆破bombも銃撃戦も出てこない。

(ナイフとピストルで人が3人も亡くなっているので、実際は「のどか」なはずないのですがbearing・・・)

ロミオとジュリエットに該当する、トニーとマリア。
ふたりともどうみたって『不良』にはみえませんcoldsweats01

娘「マリアぜんぜん『不良』じゃないよ。お兄ちゃんがグループのリーダーってだけで」

人種のるつぼ、NY。
その下町にくらす移民の人々の間にも、お互いへの差別意識や拮抗がある。

家族ぐるみで何度か会う機会でももうけて、
ゆっくりわだかまりをといたらよかったのに
とも思いますが、

なにしろ出会って恋におちてからheart01
トニーが殺される永遠の別れまで、わずか2日。

青春とは、なんと駆け足なのか。
悲しみはふかくても、のこされた者たちの人生はそれよりもずっと長くつづいてゆく。

『ウエスト・サイド物語』 マリアの不思議

ウエストサイド物語 (1961年) アメリカ映画

生き残ったマリアがどうするのか、
ジェット団とシャーク団がどうなるのか、
気になることを観客の想像にまかせる、余韻をもたせるラスト。

・・・私の妄想(笑)ですが、
瞬く間に過ぎ去った青春と同じく、マリアの結婚も早いんじゃないかなと。
なにより、ベルナルドを失った悲しみにくれる両親が、
彼女がはやく身を固めることを望みそうな気がします。

彼女が結婚するのは、ベルナルドの友人か
もしかしたら思いがけずお金持ちに見そめられてシンデレラになるかも。
そうでなくとも、ブライダルショップの美しいお針子をまわりの男性たちがほっておかないでしょう。

やがてマリアは平凡でも幸せな家庭をきずき、
子どもたちは系譜にとらわれることなく、現代のニューヨーカーとして成長してゆく・・・

「ウエストサイドストーリー」に後日談があったら…??

「ウエストサイドストーリー」に後日談があったら…??

1950年代から60年代、
プエルトリコにかぎらず、中南米から移民して縫製の仕事
につく女性はNYでは引く手あまただったようです。

恋にうかれ、仕事場で歌い踊りはしゃぐマリアに、
ブライダルショップのマダムがぴしゃりと、
「仕事しなさい。シンガーになりたいなら出ていってちょうだい」

マリア、当意即妙に

「シンガーにはなりません、ミシンは『シンガー』ですけど」

みどころは、なんといってもジョージ・チャキリスとリタ・モレノの
圧巻なダンスと歌なのですが

マリアに扮するナタリー・ウッド、うっとりするほどかわいいlovely

彼女の最盛期ともいうべき1960年前後、

ベトナム戦争の泥沼以前、貧しかった日本が豊かなアメリカにあこがれ恋いこがれていた時代。

ナタリーはまさにアメリカのもっともよい時代、『グッド・オールド・デイズ』
のアイコンですね。


人気ブログランキング


本・書籍ランキング


にほんブログ村

2017年4月 4日 (火)

ピュア。

2
フィギュアスケートの羽生結弦選手のことをさして
『天使』という表現が多用されているのだそうです。

羽生結弦、まるで『地上に降りた天使』

これは私ごときがうんぬんすることではなく、
無数のファンやスピリチュアル系のかたが
すでに語りつくしていらっしゃることなのでしょうね(^^)。

天使と悪魔の顔・・・【羽生結弦】2つの表情をもつ選手

技や身のこなしの美しさはフィギュアスケートの骨頂でしょうが、
外見や華はいうにおよばず、
『天使』とよばれるのもうなずけるような神聖さを感じます。

フィギュアスケーターがよく『氷上の妖精』と称されますが、
競技中の羽生くんはまさに『精霊』のよう、
『神に選ばれし者』の清らかさ
に、観ているこちらまで内面から浄化されるようです。

こんな感銘をうけたスケーターは
浅田真央選手につづきふたりめ、
このおふたりは常人にないなにかがそなわっていらっしゃいますね。

羽生くんが『天使』なら、真央ちゃんは『観音菩薩』?

念のため(笑)、私は霊感ゼロでスピ系でもありません。

ドリカムの名曲『A little waltz』で構成された羽生くんの動画、
つくったかたのなみなみならぬ愛情がつたわってきます。

おなじく、『Stand alone』にのった真央ちゃんの動画。
この真央ちゃんは、巫女のような、凛とした美しさですね。


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2017年4月 2日 (日)

エイプリルフールが終わりました。

Photo4月1日はエイプリルフール、
「うそをついてもいい日」といわれていますが
この場合のうそは誰かをおとしめたりがっかりさせるうそではなく、
本来は罪のないうそでなければならないのだそうです。

さて。
ともかく、今年のエイプリルフールが終わりました。

ロンドンやサンクトペテルブルグのような大都市でテロ頻発、
シリア内戦、
大陸や半島の動乱

国内にあっては
景気回復の命題、
来る東京オリンピックやラグビーワールドカップの安全な開催と成功にむけての努力、
大企業で巨大グループ『東芝』の存続か否か
等々、課題が山積した国難の時期。

これからより良き方向に向かうように、

黒い霧がはれるように
『国』を覆っている『嘘いつわり』があばかれて

正しいことを正しい、
良いことは良い、
悪いことは悪い
間違ったことは間違っている
とはっきり言える世の中になりますように



人気ブログランキング


にほんブログ村

2017年4月 1日 (土)

相次ぐ逆転勝利。

怪我をおしての新横綱・稀勢の里の春場所優勝。

羽生結弦選手のフィギュアスケート世界選手権、5位と出遅れながらも
フリーで世界新記録最高得点マークしての優勝。

よろこびのつづく、時おりしも春。なにか暗示的。

国民に大きな希望をいだかせてくださって、ありがとうございます。

国の前途もあかるくてらされるようです。


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

« 2017年3月 | トップページ

フォト
無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30