« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年6月

2017年6月29日 (木)

教室のミシン。

1先生におことわりして撮らせてmobilephoneもらいました。
jukiの家庭用コンパクトミシン・HZL-20クードル
詳細は、こここちらにも。

2_2


意外に新しく、95年発売ですがボビンケース仕様の半回転釜。

1_2コンパクトなみためのかわいらしさにもかかわらず、
縫い目のきれいな本格派ミシン。さすがジューキ。
糸かけも、ロータリックス天秤にはおよばないものの
ちょっと独特でむずかしい(笑)、さすがはジューキ。

販売終了した機種ですが、ジューキの公式サイトにマニュアルが掲載されていました。
ありがとうジューキ。

1回や2回ではとても糸かけがおぼえられないカンのわるさ(苦笑)、
ミシンの糸かけに泣いた(苦笑)中学高校の家庭科を思い出すなあcoldsweats01

もっとずっと古い、ロータリックス天秤の名機HZ-25のマニュアルはさすがになかった、
あたりまえか(残念)。

Photo

ロックミシンはベビーロックの3本糸ロック BL3-408
名機ながら80年代の製品ということ以外、くわしいことがわかりませんでした。
基本的な操作は、わが家のおもちゃの縁かがりミシンとあまり変わらず、ほっ。
それでも使用していると、やはり(笑)本格的なロックミシンがほしくなります。
美馬精機やペガサスミシンの2本糸ロックも
機会あればお目にかかりたいですね。


人気ブログランキング


洋服ランキング


にほんブログ村


にほんブログ村

2017年6月26日 (月)

50の手習い(笑)

2このたび、細々と(笑)ご近所の洋裁教室に通い始めました。
自治体の広報でみつけた講座で教室も公民館、
週1で格安で教えていただけるアトホームな少人数クラス。

・・・自己流ではどうしても限界があり、
原型や製図、仮縫いと補正のような
基礎の基礎をおぼえたい、トシもトシなので
服にじぶんをあわせるのでなく(苦笑)
じぶんにあった服(笑)をつくって着たいと思ったのが、きっかけ。

先生は長年洋裁教育の最前線で活躍されてきたベテラン、
とても気さくでセンスのよい先生です。
講座の申し込みで教室見学しにいったところ
私をチラ見してeye

「あなたみたいにもともと自分で服をつくる人は、なれてるからすぐ上達するよ」

とおっしゃったのでドッキリ。
(なにもいってないのに、ひとめみただけで上も下も手作りとみぬかれたcoldsweats02?)

・・・思わず帰ってからお父さんにうちあけると
「プロがみたらしろうとのまちがってるとこは一目瞭然なんやろうsmile
ううん、正解だな。 

ほんとうに「百聞は一見にしかず」で、
作図や原型の展開や補正の必然性などが
どこでどうつながるのか
いくら自分でテキストを読んでも、わからないものはわからないのですcoldsweats01

すぐ先生に質問できるのはとてもしあわせなことですね。
(そのうち、あまりのできのわるさwobblyにさじをなげられるかもしれませんが。)

それにしても
この30年ほどで地元の洋裁学校がずいぶん減少しているように感じるのがさみしいです。

一部の大手・有名校は別格としても
服飾のプロ養成校として英才輩出した専門学校が
一般のかた向けの教室に縮小したり、あるいはなくなったり。

かつて芦屋の駅前で、阪急電車trainの窓から校舎schoolがみえた
田中千代ファッションデザイン専門学校は東京校に統合され、
平野ドレスメーカー専門学校も最近(2012年ごろ?)閉校されたそうです。

CADpcでパターンやデザイン展開するのが主流になった現在、
洋裁専門教育も旧来とは相当チェンジしているのでしょうね。

文化服装・ドレメのツートップ、その他の派閥のみなさまにも
いっそうのご活躍期待したいですね。


人気ブログランキング


洋服ランキング


にほんブログ村

2017年6月25日 (日)

四条大橋かいわい。

1_2
京都市のメインストリートのひとつ、四条通り。

四条大橋をわたると、マルイ、高島屋、大丸もならぶ繁華街です。

2_2
鴨川べりは市民の夕涼みに格好の場。
大橋手前の建物は有名な北京料理の老舗・『東華菜館』本店restaurant

3
名店街の櫛・かんざし。
海外からのお客にも、レトロ好きにもよろこばれそうhappy01

5ZARAのショーウィンドウ。
目を引くプリントのコーディネート。
居ながらにしてファッションショーをみるようです。

6
今月の1枚eye
こんなところに彫像?と思いきや、

えっ動いてる???

全身白塗りの凄いパフォーマンス。

ギターの弾き語りで路上ライブはめずらしくないのですが・・・

酷暑sunの中ごくろうさまです。


人気ブログランキング


にほんブログ村

2017年6月24日 (土)

リバティざんまい(笑)。

1ノムラテーラー』四条店を覗いてきました。

すてきな夏生地がたくさん。この四条店の2Fには、
知る人ぞ知るリバティコーナーがあります。

リバティジャパン

今月末まで、お値段が定価の10パーセント引きで
たいそうお買いどくだそうです。

Photo本家本元の英国原産リバティ。
定価4,800円(プラス税)/1メートル。

Photo_2
こちらはリバティジャパンの国産リバティ。
定価3,000円(プラス税)/1メートル。

リバティは、ほかの大手服地店でもみかけることがありますが、
ノムラテーラーさんは近畿エリアではまず屈指の品ぞろえだと思います。

いいものをみせていただきました。
・・・もちろん、メーター3,000円や4,800円の
宝石のような布など、買える身分ではございません、はいcoldsweats01

この単価で、おおざっぱに
スカートやシャツブラウスなら2メートル、
ワンピースドレスで3メートル、
オーダーで仕立ててもらったらお幾らになるか(数万円~??)、
想像しただけで目が回りそうです。

布じたいが個性的なので、オーソドックスでシンプルなデザインが合いそうです。
意外と、オリエンタル系が合うかも、
マオカラーのチャイナ風ブラウスやドレス、
アオザイふうワンピースもとてもよさそうだし、
ゆかたや夏の和服にしても映えそう。

服に仕立てるのは高価ですが、
こもの・手芸用に少し買ってゴージャスな気になるのもあり。

135センチ幅50センチで
ハンカチを3枚てづくりしたとして
1,500÷3で単価500円(プラス税)。
これならリーズナブルですね
(個人的には、500円以上する高級ハンカチも持っていませんが)。

こうしてあれやこれや想像するのも、てづくりの楽しみのうちですねhappy01

リバティプリント以外にも、
毎月月末は『はぎれの日』だそうで、
すてきな生地がお安く買えそうなチャンスなので
お近くのソーイングファンのかたはぜひ、お立ち寄りください。

2


1F店頭には、帯地のようなブロケード素材、
王朝絵巻ふうや鳥獣戯画、海外から訪れるお客さんがよろこびそうですhappy02





人気ブログランキング


手芸・ハンドクラフトランキング


にほんブログ村


にほんブログ村

2017年6月21日 (水)

久しぶりの雨。

雨がふらない6月だなと思ったら、
夜半すぎから久しぶりの雨
と思う間もなくじゃじゃ降りに。

九州ではまた地震、
山陽四国から近畿にかけて大雨警報、

神々の怒りのごとく、天地鳴動が止まないのはおそろしい。

 

どうかお怒りしずめ、国安らかでありますようにと祈るのみ。

京阪では、明日から晴れがもどるらしい、
またたちまち雨が恋しくなりそうです。


人気ブログランキング


本・書籍ランキング


にほんブログ村

2017年6月16日 (金)

野際陽子さん。

3素敵な女優さんでした。
心より哀悼の意を表したいです。

ほんの少し前まで、TVドラマで元気にご活躍されていたイメージがあったのですが、
女優道をつらぬきとおした、見事な生涯であられたと思います。

昭和の名作『キイハンター』は
私がこどもだったせいでよくおぼえていないのですが、

映画『二百三高地』の乃木大将夫人、
平成になってからは様々なドラマのお姑さん役、
シリアスでもコメディでも、おしゃれで知的な雰囲気で魅了してもらいました。

安達祐実さん主演でドラマ化された『ガラスの仮面』(もう20年前ですね! びっくり)
では野際さん扮する月影先生がまさしくコミックからぬけでてきたように
リアルな相似で、『人間劇画』と話題になりましたが
おもしろいことに
野際さんと月影千草は対照的な軌跡を歩んでいますね。
(フィクションですが)
貧しい生い立ちから身を起こし舞台女優の芸ひとすじに精進してきた月影千草に対し
野際さんは
NHKアナウンサーから芸能界入りし、
女優に転身してからもパリ・ソルボンヌに留学した知性派。

Photo月影千草
を、あの『日出処の天子』の山岸涼子先生が描いた、稀少なイラスト。

ご冥福をお祈りします。

(しかし。『テロ等準備罪』成立の国会内外の騒乱が
野際さんの訃報で一気にかすんでしまい、各TV局がそろって追悼特集にきりかえている
この節操のなさはなんなんでしょう。
いや、それだけ野際さんがスターだったというべきでしょうか。)


人気ブログランキング


本・書籍ランキング


にほんブログ村

2017年6月13日 (火)

お花畑なシャツ。

Photoなんとも派手々しいですがbearing・・・
いかにも「おばちゃんのシャツ」感ありありだから、まあいいかcoldsweats01

薄地ニットのカットソー、
表はピケふうで裏はポロシャツふう、

画像ではわかりませんが、縫い子の腕のわりに(爆)
りゅうとした仕上がりになるのは、
さすがコスモテキスタイル(株)さんの生地ですshine
(『とらや』の特価コーナーに出ていたハギレ)。

衿は見返しにはさんで付け
袖カフスはなし。
前あきはボタンホールいらずのファスナップ仕立て
という、とてもかんたんな服。

白状すると、こちらと同じパターン。
やっぱり、布からつくった新しいシャツはいいなあlovely

もっとも、秋mapleになるまで出番はなさそうですが(苦笑)。

試着すると
お父さんが

「なんかえらいでかくみえるな」

と正直な感想、

視覚効果なのか
実際以上に体格がごつくみえるのだそうでeye
マンガやドラマでちんぴらが派手なシャツ着てるのは
ちゃんとわけがあるんだなと
いまさら感心。


ハンドメイド(洋服) ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村

2017年6月 1日 (木)

近畿発・ニッポンのものづくり・縫製

1
毎朝のあわただしい時間帯に、時計代わりにclockつけているTVtv(笑)、
朝夕にかぎらず残念ながら気の滅入るニュースが多いのですが

ファッションのクリエイティブな分野だと、つい耳earをそばだててしまいます。

NHKのローカルニュース、
先月から、このジャンルの放映が多くてeye

東大阪市で洋裁技能士を育成・輩出する高級婦人服縫製のイワサキ

奈良でベテランの縫製職人さんを束ねてファッション産業にくさびをうちこむ
合同会社ヴァレイの若き代表・谷英希さん、

1日には滋賀県から、ヴィンテージなジーンズにこだわり作成つづける(仕事場のミシンもヴィンテージ)ジーンズ職人の小中儀明さんがとりあげられていました。

それぞれ方向性は異なっても、地元から
世界を視野にいれて国産の良質な衣類を発信つづけるみなさん、

そのつきぬ情熱heart01と向上心に心うたれます。
がんばっている若い方々の熱意の灯をたやさぬように、市井から見守ってゆきたいですね。

そして着心地よく質の高い「made in japan」がフォーマル・カジュアルとわず衣料品の分野でも
世界を席巻する日がくることを祈ります。

・・・そのために、こつこつ貯金して、上質な衣類でも
購入できるようにdollarなりたいのですが・・・

がんばっている若い世代の皆さんの活躍をうれしく思いながら、
わずかでも情熱にあやかりたいと
自分がつかうものをぼつぼつ裁ち縫いしているhairsalonあわれな(笑)状態ですcoldsweats01


人気ブログランキング


手芸・ハンドクラフトランキング


洋服ランキング


にほんブログ村


にほんブログ村

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

フォト
無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

にほんブログ村