« オーバーブラウス完成。 | トップページ | 8月が来るたびに »

2017年8月 1日 (火)

美麗ファッションイラストレーション。

1ファッションイラストレーター・志村萠さんの画で構成された
ソーイング本です。いずれも鎌倉書房刊。
左から、1981・1985・1989年発行。

81
1981年刊・『ステッチハウス⑧ホームウェア



82
とてもかんたんなのにおしゃれなエプロンとスカート。



83らくらくシルエットのスモックふうブラウス。
これはちょっと、自分用に作ってみたいlovely




1_21985年刊・『ブラウス、スカート&パンツ
当時、ソーイングファンに大好評だったと思われる
じか裁ち洋裁シリーズ』の一冊。
(スカートが圧倒的に多くて、ブラウスとパンツはあまり載っていないのが
やや残念。)

2
ヴィヴィッドでおしゃれな画、
みているだけで楽しくなります。



31980年代、時代の空気を感じさせるのか、
なんだかなつかしい気持ち。


5_21989年刊・『ソーイングブック』。
いかにもゴージャスでバブリーな雰囲気・・・
なのにじか裁ちでかんたんにつくれるところが、合理的。
着彩は、エアブラシかスパッタリング?
華麗にしてこのアナログさが、素敵(やはり、時代だなあ)。

4直線裁ちながら、とてもハイセンスなエプロン。
フリルやレースを多くしてアレンジしたら
メイドエプロンもOKかな?


2_2
軽快で活動的なパンツ。
これも自分のふだんづかいに、作ってみたいな。



1_3ほぼ直線裁ちで、こんな立体的なサンドレスに。
作ったら誰か着てくれるかなあ。



3_2型紙のいらないじか裁ちで、
どこかノスタルジックな愛らしいワンピース。
これも作って、誰かにプレゼントしたい。
しろうと(私)目線ですが、やはり発行年が新しくなるたび、
デザインもつくりかたも合理的に改良されるようです。

志村萠さんは、『ドレスメーキング』等で
1960年代から活躍なさっていた大御所、いつまでもお元気で
いっそうのご活躍をと、祈ります。

じつは、志村萠さんの画 ! !
と選んでとびついたわけでもなく、
長年ほそぼそとソーイング本あさりをしているうちに
ぐうぜん集まったものです。

天の僥倖に、深謝。

 

« オーバーブラウス完成。 | トップページ | 8月が来るたびに »

ソーイング・リメイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« オーバーブラウス完成。 | トップページ | 8月が来るたびに »

フォト
無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

にほんブログ村