« 2017年9月 | トップページ | 2018年4月 »

2017年10月

2017年10月15日 (日)

またあえる日まで

6 10日未明、実父が永眠しました。

救急外来に運ばれてから3時間、あまりにも思いがけない突然の別離となりました。

家族、とりわけ最愛の孫たちにかこまれて、最期は眠るように安らかに。
身内なのでおこがましいながら
菩薩のようなきれいな表情でした。

遠からず本格的な介護が始まる事を予期して
部屋をバリアフリー化、ケアマネージャーさんに相談にのっていただいていた矢先
のおわかれ。

かつて母の闘病、祖父母の介護で
ともに苦労かさねてきただけに、子や孫への父のいたわり、思いやりだったのでしょうか。

父の介護がすむまでは元気でいなくてはいけない
できるだけのことはなんでもしてあげたい
と念じていただけに、これで私の存在価値も無くなったなと痛感します。

娘と息子も成人して、これからは自力で自らの人生を切り拓いていかねばならない時期。

ぶじ葬儀も済ませ、悲しめる余裕があるだけ幸いともいえますが。

かけがえのない父、
みえないけれど
いつか父のもとにゆくまで、今生ではずっとそばにいてくれると信じていたいです。

生前お世話になった多くの皆様のご厚情に、深謝。

« 2017年9月 | トップページ | 2018年4月 »

フォト
無料ブログはココログ
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

にほんブログ村