« 頂(いただき)の記憶。 | トップページ | カーテン地で手さげ。 »

2018年10月23日 (火)

仏印進駐時代の歌。

現在のベトナムが、フランス領インドシナだった時代。

「小パリ」と謳われたサイゴン(現・ホーチミン)は
文字通り、洗練された『花の都』だったことでしょう。

大東亜共栄圏の、夢のあと。

こちらの『佛印進駐の歌』は、
間奏にラ・マルセイエーズのイントロが入っていたりして、
ぐっと小洒落ています。


人気ブログランキング

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

« 頂(いただき)の記憶。 | トップページ | カーテン地で手さげ。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 頂(いただき)の記憶。 | トップページ | カーテン地で手さげ。 »

フォト
2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

にほんブログ村

無料ブログはココログ