« ついに10年。 | トップページ | 『円卓の騎士』ポスター。 »

2018年11月28日 (水)

光はみえるか?

2017 ネットのニュースで拝見しました。

脊髄損傷にIPS細胞=世界初の臨床研究承認--慶応大

はるかなる道程への第一歩を
ふみだしたにすぎない段階とはいえ、大きな希望になること、
将来的には過去になすすべなかった患者が飛躍的に回復する医療科学の

プロローグとなってくれるよう祈ります。

IPS細胞はいまや
人類が難病や重傷を克服する岐路に立つ
大きな道標となりつつありますね。
期待して見守りたいです。


  慶応大は28日、人工多能性幹細胞(iPS細胞)から神経の細胞を作り、脊髄損傷で手足を動かせなくなった患者に移植する世界初の臨床研究計画について、同大の専門委員会が27日付で承認したと発表した。同大は厚生労働省に計画を提出し、了承されれば2019年度内にも移植を行う。 

 研究を実施するのは岡野栄之教授(分子神経生物学)と中村雅也教授(整形外科)らのチーム。

 計画では、iPS細胞を神経のもとになる細胞に変え、脊髄損傷から2~4週間たった患者4人の損傷部位に約200万個を注射する。移植した細胞が腫瘍化しないかなどの安全性と、手足の動きが改善するかなど効果を1年かけて検証する。 

 脊髄損傷は、背骨の中を通る神経「脊髄」が事故などで傷つくことで起き、足や手を動かせなくなる。国内の患者は10万人以上とみられる。

 これまで有効な治療法はなかったが、チームは神経のもとになる細胞を移植すれば効果が得られる可能性があるとしている。この細胞はiPS細胞を使えば大量に作製することができ、今回の計画では京都大iPS細胞研究所(山中伸弥所長)が健康な人から作ったiPS細胞を用いる。  
  


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​  

« ついに10年。 | トップページ | 『円卓の騎士』ポスター。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ついに10年。 | トップページ | 『円卓の騎士』ポスター。 »

フォト
無料ブログはココログ
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

にほんブログ村