« OSK『新撰組』観てきました。 | トップページ | ふう。 »

2019年3月13日 (水)

OSKの『新撰組コンチェルト』。

・・・浦賀に黒船が来航して以来、開国か攘夷か騒然とする世情。
幕末動乱の時代の波にのまれもがきながら、
若者たちは己の進むべき道を模索していた。

新撰組生え抜きで明治を生きのびて天寿を全うした
永倉新八(栞さなさん)のナレーション、

京で新撰組に粛清された長州シンパ?
の不逞浪士たちの怨霊(天輝レオさん、斎藤一と二役) 
との掛け合いのかたちで、
新撰組興亡の物語が語られてゆきます。

Osk7 多摩の田舎で、乱世に一旗あげようと剣術稽古にはげむ
試衛館の面々。
京の治安警護のため会津藩預かりのうえ身分を問わず武士にとりたてられるとの
浪士組募集に色めきたつ。

たかが俺達/されど俺達/武士(もののふ)ではないが/

Osk8 やがて果敢な活躍が会津に認められ、
『新撰組』の名を賜る。
京の市井の人々の間で評判高い新撰組に、
芸妓衆も惹かれてゆく。

Osk1 土方にあわい思いをよせる
若手芸妓・梅若。
「土方はんは、『鬼』なんかやない、志のある優しいお方や・・・」

・・・観る前は悲恋を想像していたのですが、あっさりと一方通行の片思い(笑)、
それがかえって良い味だしている、 
芸妓さんたちは、殺伐とした男の世界に安らぎをそえる、明るい狂言回し
Osk5 生え抜きの同志である山南の離反と切腹、
池田屋で喀血して病の床につく沖田。
鉄の規律で縛られた新撰組の「なにか」が瓦解してゆく
とともに、時代は急旋回しつつあった・・・

Osk3 朝廷の懐柔に成功した薩長同盟、
新撰組はあえなく『朝敵』の汚名をかぶる。
時流の転変のなかで、
沖田や近藤をうしない、
Osk6 先立った同志たちの志を背負い報いんがために
土方歳三は
戊辰戦争から函館の
最後の最後まで戦いつづける・・・

Osk9 土方の死。
楊琳さんの倒れ方がとてもうつくしくて、みとれてしまいました。
・・・千秋楽の舞台を、
娘とゴック先生(主人のベトナム語会話の先生)と観る機会をえました。


Osk2 娘はともかく、さすがに
ゴック先生には幕末の時代劇はわけがわからない
のでは(じつは、娘もかなりあやしい(苦笑))
と思ったのですが、
和服の所作や殺陣、
京ことばやべらんめえはものめずらしかったようです(ゲイシャ・サムライ?)

「・・・これ、たった150年前の出来事なんですよ
といったら、そっちのほうが意外だったようで。

Osk10 エンディングのOSKのテーマ『桜咲く国』、
和服とパラソルのミスマッチも、歌劇の魅力。
歌舞伎の反対ともいえる
女性劇団員のみの舞台『少女歌劇』は、

歌舞伎とならび日本独自の、
世界に誇れるサブカルチャー
だと思います。

ダンスと歌のステージもさりながら、
ジェンヌさんたちの発声と話し方が美しいので
日本語の勉強(ヒアリング?笑)にもなるらしく、
また、さそってください
と言っていただけるとうれしいですね
近鉄アート館の公演はおわりましたが、 
この4月にあのハウステンボスの親会社、旅行会社のエイチ・アイ・エス
主催で
大阪城ちかくのクールジャパン大阪開場記念公演
と銘打って
宝塚OGや​ハウステンボス歌劇団​等グループをかえて何回か歌劇上演され、
OSKは今回の『新撰組コンチェルト』をひっさげて参加されるようです。 

史上初!! 日本の歌劇大阪城に集う

お近くのかた、興味もたれたかたは、ぜひ足をお運びください。 


人気ブログランキング

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村


« OSK『新撰組』観てきました。 | トップページ | ふう。 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« OSK『新撰組』観てきました。 | トップページ | ふう。 »

フォト
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

にほんブログ村

無料ブログはココログ