« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

2019年7月

2019年7月27日 (土)

特等席(駄)。

20191_20190802102301 さほど広くもないわが家の2Fほぼ中心に、なぜか四畳ほどの納戸があります。

物置のつもりで、今まで「さしあたりつかわないもの」を
ぽんぽん押し込んでいたのですが、
お父さんの乱心(爆)で、しまいこんでいたほとんどのものを処分して、
そうじしてぞうきんがけ、ついでに小窓をあけると・・・

あらふしぎ、
別天地(おおげさですが)かと思えるほど快適な空間。

わが家のいちばん北側なので
(聞きかじったところだと、『北』は風水では最上の方位なのだそうです)
涼しい風がとおり、
窓の下は一面緑がひろがり
(家の裏が雑木林と藪なので(^_^;))
窓わきにおりたたみいすをもってきてすわると
なんとすがすがしい心地。

納戸なので
もちろんエアコンはついていませんが、窓も電源もあり、
私どもが引っ越してくる前の住人、
つまりこの家を建てたかたは
どんなつもりだったのだろうと、つい妄想してしまいます。

・・・昭和後期から平成にかけて、
かつてこの家でふたりのお嬢さんが成長したそうで、
ここがいわゆるセカンドルーム、あそびにきたお友達をまじえて
たのしい秘密基地だったのかな?・・・等々。

壁の片側が作り付けのたなになっていて、
バブルはなやかなりしころ、奥様やお嬢様愛用のブランドバッグがならんでいたのかな??・・・とか。

・・・現在は、そのおなじたなに
私が何年もかけて溜め込んだ(恥)安毛糸と端切れをならべてニタニタしているのですが(^^;)。

20192_20190802102401
窓辺でそよかぜにあたっていると、あまりに快適なので
プールサイドよろしくデッキチェアーでも持ち込んで
冷たいお茶のタンブラーを添えれば
(秋は紅茶に代えて)
まんまバカンス気分だな、と夢ごこち
だったのですが、
せっかく不用品を処分して風通しのよい空間ができたのに
新たに「もの」を買ってふやしては本末転倒と思い直し、あきらめました。

・・・かわりにもともと納戸にしまっていた古いござを床にひいてねそべると・・・
わるくはないけど窓からとおいぶん風があたりにくいし、
なにより私がござに横になると、どこからみてもかんぺきに乞食スタイル(苦笑)。

すてきなスペースができたなと
まいあがりましたが、
しあわせはながくつづかないもの、
お父さんはさっそく
ご自分の部屋の「さしあたりつかわないもの」
ごっそりと納戸の空きスペースにおしこむ算段していらっしゃるようです。


人気ブログランキング

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

2019年7月25日 (木)

ウィンドウショッピング(笑)。

OSKの帰途、ふらふらと
京都四条の有名服地店『​ノムラテーラー​』へ。

20191_20190802224501 高級服地コーナー、リバティープリントもむろんすてがたいのですが
今回みとれたのは、シルク。 

タイ、ベトナム、カンボジア、インド・・・
どこの名産もすばらしいけど、
やはり国産にがんばってほしい、
一般人が好んでバラエティーに富んだ国産シルクを着て楽しめるようになってほしいな
と願います👀。 

20192_20190802224501
すてきなお値段。
素材からいって、決して割高ではない
・・・と思うのだけど、メートル数千円で
資材や裏地もそろえて
スーツやドレスに仕立てておいくら・・・
と妄想しただけで気が遠くなりそう(苦笑)。

シルクや綿ローンにかぎらず、
ワゴンセールの格安のはぎれでも、
ファストファッション隆盛のいま現在では
むしろ既製品の衣類より高くついたりしますね。時代はかわった・・・

それでも
みているだけでうっとりしあわせな気分になる、
夢をよびおこしてもらえるのは、とてもうれしいことです(^^)。


人気ブログランキング

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ソーイング(縫い物)へ
にほんブログ村

2019年7月22日 (月)

OSKの『海神別荘』。

歌舞伎や舞台で、さまざまに上演重ねられる『​海神別荘​』。
ありがたいことに、青空文庫で原作の全文が読めます。

青空文庫 海神別荘

超自我の幻想

読めば、今回のOSKの舞台がいかに
鏡花の原作を忠実に再現していることか、むしろ驚きます。
2019osk1_20190803151501
OSKトップスター・桐生麻耶さんと城月れいさんの名コンビ。

役名はそのまま、『公子』と『美女』。
『公子』は海帝のあととり(皇太子?)、
原作エピによれば
あの『竜宮城』の『乙姫さま』の弟にあたるらしい(^^)。

『美女』は陸の娘だったが、
地上の栄華をねがう父親はじめ漁村の人々のために
人身御供として海に捧げられ、
「人」から「人外」に転生して公子の花嫁となった。

この『美女』のお輿入れの場面は
19世紀の『ラファエル前派』描くところの
テーマ『水と乙女』をほうふつとさせる。

水辺のオフィーリア。20191_20190803151601 20193

20192_20190803151601 オフィーリアの入水、
海へのささげものとされた『美女』の入水に重なってみえますね。

20191_20190803151602
アストラットのエレイン姫。
失恋の傷心で落命したエレインの亡骸は、彼女の遺言により
小舟でキャメロット城にむけて流される。
20192_20190803151603
英国留学中の漱石も魅せられた
アーサー王伝説の幻想シーン。
20192_20190803151602
エレイン姫のヴァージョンというべき『シャロットの乙女』。 

20191_20190803151603 かなわぬ恋に憑かれたかのように小舟でキャメロット城に赴かんとするシャロットの乙女、
まもなく彼女は息絶える。
2019osk2_20190803151501
一方、『海神別荘』の美女は
海に投身してのち、タツノオトシゴの輿にゆられて覚醒する。
2019osk3_20190803151501
「精霊」や「物の怪」といった「人外の者」
を耽美な筆で格調たかく描いた鏡花は、
実際に「物の怪」や「精霊たち」と自在に対話できたのではないか
と思えるほどに、幻想の世界に引き込まれます。
2019osk5
公子の宮城を護衛する
『黒潮騎士団』。
海をあらしてまわる海賊然とした『赤鮫』
と対決するアクションシーンがかっこいい。
2019osk4_20190803151501
公子の花嫁が御輿入れ、
祝賀ムードに浮かれて舞い踊る
僧都(楊琳さん)と腰元たち。

韓流時代劇と華流武侠劇をミックスしたような、
エキゾチックなファッション。

入水して転生した『美女』は、
陸の人々の眼にはおそろしい白蛇にしかみえない。
2019osk6_20190803151501
昨年末の『円卓の騎士』でシルフィードに扮した
OSKの名ダンサー、麗羅リコさん。
流麗な舞であやしい白蛇を好演。

外はとても暑いけど、
南座では歌劇おとめのみなさんの熱演で魅了されました。
どうもありがとうございます(^^)。


人気ブログランキング


本・書籍ランキング

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

2019年7月21日 (日)

OSK SAKURA REVUE にいってきました。

2019osk1  

京都南座の
OSK SAKURA REVUE
第一部 歌劇『海神別荘』
第二部 STORM of APPLAUSE 
(​OSK日本歌劇団​が毎年開催の『夏のおどり』)
を観にいってきました。
2019osk4
現在ほぼ57名の
OSKメンバーがほとんど全員集合する
二大メインイベント『春のおどり』『夏のおどり』。
(ミュージカルも好きですが、こちらの出演人数は10数名~20名前後?) 
2019osk2
圧巻で、幻惑されましたね。

2019osk3
幕間時間に
ちょっとはりこんで(笑)いただいた、『OSK弁当』。
なだ万茶寮​プロデュース、お値段1500円なり。
2019osk6
美味しかったです。


人気ブログランキング

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

2019年7月19日 (金)

京都市伏見区の事件。

20192   20191
私事なのですが、事件​の当日は義母と祇園四条におりました。
祇園まつりの後宮で、平日にもかかわらず人通りも多く・・・

事件の一報がスマホに載ったときは、
「アニメの会社で火事? 放火!?」
といぶかしかったのですが
死者30人越えの大惨事になるとは。

アニメーションや製作現場はよく知らないのですが、
有為の若いかたたちが、
こんな不可解な事件で犠牲・被害に遭うとは、
ことばもありません。

カリタスの児童殺傷事件とか、
よくわからない動機で
無関係な罪の無い人々がむごたらしい被害にあうのは
あってはならない事ですが
現段階でふせぎようがないのもおそろしいですね。

『人権』や『忖度』は、
世の中のルールを守って尋常な生活おくっている一般人
にこそ最優先されるべきで、
無意味に社会に害なす者
を保護するべきものではないと思います。

火傷で重傷の犯人とされる人物は
より高度な治療のために
ヘリコプターで大阪の病院(と放映されていたニュース映像では、間違いなく大阪狭山市の近畿大学付属病院でした。京都からなぜわざわざ遠方へ?)に搬送、
取り調べや裁判の為にのみ医療プロジェクトチームが全力で救命回復にあたる
というのも、なんともやるせない。

未来への大きな希望をいだいていたであろう
京都アニメーションのスタッフのみなさまのご冥福お祈りするとともに
善良な一般人が安心して通常の生活送れるように
参院選後はすみやかな法改正・改善おねがいしたいです。

京アニ放火犯の素性と戦後「凶悪放火魔事件」の60年史

1分で黒煙充満か=被害スタジオ、新入社員も-「生きて裁かれるべき」・京アニ放火 

京アニ火災 京都・マンガミュージアムなどに募金箱

​​もはやテロ?​​




人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

2019年7月17日 (水)

参院選まぢか。




平成から令和と元号が代わっても、こどものネグレクト・虐待の陰々滅々とした報道がなくなりません。

すみやかな法改正をのぞみます。

できれば
『虐待防止救援センター』かなにか(名称はなんでもいいですが)
従来の児童相談所より上位のセクションを
警察内に設置して専門家をおき
情報収集・通報できるようにしてほしいです。
要するに強制捜査権発動できるポスト
(看護師や保育士、在野組織とも連携して)。

というのも、ご近所に虐待やネグレクトの可能性あるお子さんがいても
民間人レベルでは、やはりできることに限界あります。
せいぜい通報するしかない、にもかかわらず
通報先の児童相談所や地元警察があてにならず
かわいそうな結末むかえる報道が多すぎていやになる。

札幌の事件​のケースでも、
とある掲示板でも
心あるネットユーザーのみなさんが被害者であるお子さんを気の毒がりながらも

「・・・ほんとにかわいそうだけど、かりにわが家で(被虐待のお子さんを)
預かって、
全身いれずみのあるあんな怖い男性が取り返しにきたら
と思っただけでおそろしくて、実際には通報くらいしかできない」

との内容があり、頷きながら身につまされました・・・。

この種の虐待事件で、主犯が母親の場合
(父親の場合はあまり容疑者に同情的な意見てみたことない、私がみおとしてるだけかもしれませんが)

子の命にかかわる危害くわえた親を責めるだけではなにも生まれない、
親自身が不幸な育ち方しているのだからそこを斟酌しなければ
虐待・ネグレクトの悲しい事件はなくせない。

とお優しい意見がままありますが、
(有識者でもそんな論調のかたが少なくない、もっともそう仰るかたが具体的に不幸な母子救済に尽力している実例はとんと存じませんが。)

私は正直、こんな虐待するような親はどうでもよくて、
それでもなんとかお子さんだけは助ける方法がないものかと
足りないあたまでかんがえてしまいます。

逆も真なり。
で、ぶじに子供を救い出せれば、少なくとも
親は殺人者にならずに済みますね。

育児に悩んでいても、なりふりかまわず
周囲に「助けて」と声あげられる親なら、
『事件』にまで至らないのではと思います。

札幌の事件の場合、
18歳かそこらの少女妊婦が
ひとりで出産
(配偶者どころか彼女の親や知人がろくすっぽ現れない)、
その段階で
産院がしかるべき機関に連絡、

定期的に保健師さんが家庭訪問して育児指導
(経過報告、赤ちゃんに不審な点あればすぐ通報)、

いざとなったら強制捜査でお子さんを保護。

・・・とかできれば理想なのですが。
情緒欠如してる親に過重な母性神話の押し付けが酷というならば、
周囲の善意のおせっかい、
多少の介入が耐えられないほどひどいしうちとも感じません。

(いろんな事情があって、親のない子や実親に育てる能力の無い子を
ひきとって親になりたい優しいカップルも存在しますね。)

そして生まれてきた子には、その子の親でなくても
地域のおとなたちが愛情もって見守りはぐくんでゆけるような、
少子化だからこそいっそう思いやりある世の中であってほしい。

そのための『身をきるような改革』ならば
増税もいくらか首肯できるかと思います。

国会は国家、国民の益に供するためにあり、
徒に安倍さんの足をひっぱるばかりが
議員のみなさんの仕事ではないはずですが。


​​​「んも~かわいい!」がなぜ「虐待」に……札幌2歳女児衰弱死の闇​​




人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

フォト
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

にほんブログ村

無料ブログはココログ