« OSK SAKURA REVUE にいってきました。 | トップページ | ウィンドウショッピング(笑)。 »

2019年7月22日 (月)

OSKの『海神別荘』。

歌舞伎や舞台で、さまざまに上演重ねられる『​海神別荘​』。
ありがたいことに、青空文庫で原作の全文が読めます。

青空文庫 海神別荘

超自我の幻想

読めば、今回のOSKの舞台がいかに
鏡花の原作を忠実に再現していることか、むしろ驚きます。
2019osk1_20190803151501
OSKトップスター・桐生麻耶さんと城月れいさんの名コンビ。

役名はそのまま、『公子』と『美女』。
『公子』は海帝のあととり(皇太子?)、
原作エピによれば
あの『竜宮城』の『乙姫さま』の弟にあたるらしい(^^)。

『美女』は陸の娘だったが、
地上の栄華をねがう父親はじめ漁村の人々のために
人身御供として海に捧げられ、
「人」から「人外」に転生して公子の花嫁となった。

この『美女』のお輿入れの場面は
19世紀の『ラファエル前派』描くところの
テーマ『水と乙女』をほうふつとさせる。

水辺のオフィーリア。20191_20190803151601 20193

20192_20190803151601 オフィーリアの入水、
海へのささげものとされた『美女』の入水に重なってみえますね。

20191_20190803151602
アストラットのエレイン姫。
失恋の傷心で落命したエレインの亡骸は、彼女の遺言により
小舟でキャメロット城にむけて流される。
20192_20190803151603
英国留学中の漱石も魅せられた
アーサー王伝説の幻想シーン。
20192_20190803151602
エレイン姫のヴァージョンというべき『シャロットの乙女』。 

20191_20190803151603 かなわぬ恋に憑かれたかのように小舟でキャメロット城に赴かんとするシャロットの乙女、
まもなく彼女は息絶える。
2019osk2_20190803151501
一方、『海神別荘』の美女は
海に投身してのち、タツノオトシゴの輿にゆられて覚醒する。
2019osk3_20190803151501
「精霊」や「物の怪」といった「人外の者」
を耽美な筆で格調たかく描いた鏡花は、
実際に「物の怪」や「精霊たち」と自在に対話できたのではないか
と思えるほどに、幻想の世界に引き込まれます。
2019osk5
公子の宮城を護衛する
『黒潮騎士団』。
海をあらしてまわる海賊然とした『赤鮫』
と対決するアクションシーンがかっこいい。
2019osk4_20190803151501
公子の花嫁が御輿入れ、
祝賀ムードに浮かれて舞い踊る
僧都(楊琳さん)と腰元たち。

韓流時代劇と華流武侠劇をミックスしたような、
エキゾチックなファッション。

入水して転生した『美女』は、
陸の人々の眼にはおそろしい白蛇にしかみえない。
2019osk6_20190803151501
昨年末の『円卓の騎士』でシルフィードに扮した
OSKの名ダンサー、麗羅リコさん。
流麗な舞であやしい白蛇を好演。

外はとても暑いけど、
南座では歌劇おとめのみなさんの熱演で魅了されました。
どうもありがとうございます(^^)。


人気ブログランキング


本・書籍ランキング

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

« OSK SAKURA REVUE にいってきました。 | トップページ | ウィンドウショッピング(笑)。 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« OSK SAKURA REVUE にいってきました。 | トップページ | ウィンドウショッピング(笑)。 »

フォト
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

にほんブログ村

無料ブログはココログ