« ハノイの画廊で。 | トップページ | ステイホーム・斎さんシリーズ。 »

2020年6月13日 (土)

ステイホーム・『氷艶』2019

世界中を停滞させているコロナウイルス禍
というより
更年期??のせいか、めっきり無気力になり、怠惰になり、
出不精になり、
たのしみはボーっとネットの動画をみること(爆)。

高橋大輔さんの『​氷艶2019​』
をあげてくださっているかたがいて、

あらためて堪能しました。




キャストはいうまでもなく、演出・音楽・脚本・舞台装置、
なにもかも凄い。

氷上の光源氏の着想もすごい。




主演の高橋大輔さんはじめ、世界トップレベルのフィギュアスケーターのみなさんが
ここまでアクターをやり遂げるとは。

ランビエール扮する朱雀帝は美しく、
リプニツカヤちゃんの紫の上はこよなく可憐で、胸キュンもの。

五輪金メダリストの荒川静香さんの
弘徽殿女御は
わが子朱雀帝への盲愛とまがまがしい野望で
これまた凄惨なうつくしさ。

今後にも期待大です。

ストーリーを詳細に解説してくださっているブログ。

第一幕
第二幕

朱雀帝が紫の上に懸想するとは、
大胆な改変。



・・・原作の紫の上は、少女時代から最期まで源氏とともにあり、
初恋から結婚して婚外の異性関係ゼロ、
樺桜の咲き誇るかのごとく美しく
怜悧で優しく家庭的で子供大好き
にもかかわらず自身は子宝に恵まれず、
実家の後ろ盾も無く
拠りどころは夫の愛
のみであるために
長い歳月を愛のよろこびもかなしみも
通常の何十倍も痛感させられる
という、
文字通り理想のヒロイン。

中公新書の『​男が女を盗む話~紫の上は「幸せ」だったのか​』
を読んでいると、
ぎゃくに
紫の上の女性目線からみた『源氏』譚を読んでみたくなりました。

『源氏』関連のエッセイや評論、二次創作(笑)は、世に夥しい
かと思いますが、どなたか
ご教示いただければしあわせですm(__)m。


人気ブログランキング


本・書籍ランキング

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

« ハノイの画廊で。 | トップページ | ステイホーム・斎さんシリーズ。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ハノイの画廊で。 | トップページ | ステイホーム・斎さんシリーズ。 »

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

にほんブログ村

無料ブログはココログ