« 『とらや』閉店、ショック。 | トップページ | まっすぐ縫う・直線裁ちのティアードスカート。 »

2020年9月30日 (水)

ケチ六。

1_20201003153201 あの『ベロ出しチョンマ』
の斎藤隆介・作の絵本。

とってもけちな、『ケチ六』こと六助さんのおはなし。

2_20201003153201 朝起きるときも、損得勘定に余念ない、ケチ六さん。

3_20201003153201 朝食のごはんを盛るのも、年取ったお母さんに指いっぽんふれさせない。
ごはんは、多すぎても少なすぎてもいけない、
多く食べすぎるのは損だが
少なすぎると一日の野良仕事にさしつかえるのでこれまた損。

ただしお母さんは、年取ってもう働けないから、ごくわずかでがまんさせる。

4_20201003153201 とても真剣に、ごはんの盛り方を検分する
のが、可笑しい。

5_20201003153201 ふだん、遠巻きに敬遠しているであろう村の衆
が、冷やかしでのぞく。

読む側も、村の衆の目線になってるんだろうなあ😅。

6_20201003153201 むだな人づきあいはおことわりなケチ六さん。

人づきあいどころか、節約のあまり結婚もしない
で、はや50歳。

人となんぞ、つきあわなくても かまわない。
かまわないどころか けっこうなことだ。
つきあいなんて、金がかかって 一文のトクにも ならない。

ううむ21世紀現代のミニマリストはだし😍。

7_20201003153201 こうして平穏な日々を送っていたケチ六さん
だが、ある日。

みたことがない不思議な子供があらわれて・・・

8_20201003153201 鳥小屋に、一羽だけ飼っている
やせこけた雄鶏にえさをやる童子。

『ミロ フトッタ』
あっ。あの ほねだらけの とりが、
まるまると ふとっちまって いる。

『ヒトリデ、 カワイソウダ』
わらしが つと手をのばすと、
あれれ、とりが 二羽になった。

9_20201003153201 なんでも、ひとつあれば倍になる
と聞かされて、逆上したケチ六さんは・・・

 

10_20201003153201 鍬なんかほっぽりだして、
童子の手をひき母屋に駆け込む。

とばっちりでこけたお母さんをみて、童子が

『コノバアサマ、フタツニスルカ』

『じょ、じょうだんじゃねえ。

そんなごくつぶし 二人もつくられてたまるか!』

寝室へとびこんだケチ六さんは
たたみをぬいて床板をはずして頭を突っ込むと・・・

11_20201003154701 すごいお金😲。

さすがに こばんは なかったが、穴あき銭にまじって
二ぶぎんなども ひかっていた。

(二ぶぎんとは、時代劇によくでてくる二朱銀 ??)

こんなにお金があったのに、おまえは・・・
と、ショックのあまり泣き出すお母さんに、

『ええやかましい、クソばばあ!』

『さ、これを倍にしてけろ!』

『ウン』

童子が手を伸ばすと、たちまちお金の山が倍に・・・

12_20201003154701 感極まって
お金の山にとびつくケチ六さん、

『ア、ニワトリニゲタ』

の声にあわてて鳥小屋にかけもどると、もぬけのから、

とんぼ返り
するまもなく、

13_20201003154701 お金の山までふっと消え、

童子も掻き消えて・・・

ケチ六は はんきょうらんだった。

『ぬすとっ! どろぼうッ!
人ごろしッ! 出てこいッ!
おらの金 かえせッ!』

絶望の絶叫。

無理もない無理もない。

14_20201003154701 絶望のクライマックス。

『あああ、おら もうダメだ。しぬ・・・

食う ものも 食わねえで ためた 金・・・ 』

 

食うものも食わねえでためた金・・・

私なぞお金もないけど
かといって食うや食わずで貯金した経験もないので
なにもいえないけど、なんと切実な😅😢。

そのとき、ケチ六に無意識にけとばされたお母さんが、
床にきちんとすわりなおして・・・

『わらしコさまや、わらしコさまや、どうぞや どうぞ、

六助を ゆるしてやってくだされ。 このままだば、六助は

気が ちがってしまうス。これは、ケチなだけで、

わるい男ではねえのだスから・・・これが 気が ちがえば

年よりの おらも 生きてはいられねえ・・・ 』

 

『・・・ほんとだ。 おらは ケチなだけで、わるい男ではねえ。

あの 金 出てこねば おらは しぬ。

こんつくたら ことに なるんだば、もっと 金つかって、ママも ちゃんと

食って、おふくろサも、食わせれば えがったァ・・・!』

すると天井のはりの上に、ふっと童子があらわれ・・・

その、ゆびさす先をみると
消えたお金の山がもりあがり・・・

ケチ六さんが、頭からとびついてかかえたときには、
童子の姿は消えていました。

15 ひたすらわが子を思いいっしんにいのる
お母さんの慈愛
とケチ六さんの絶望感が、
凄まじいインパクト。

そして、それから

ケチ六さんは
お母さんに滋養あるたまごをふくめてごはんをちゃんと
出すようになり、

16 消えたにわとりは雄雌つがいであらわれて
よくたまごをうみました。めでたしめでたし。

どうも、この結末はよくわかりません。
あまりけちけちせずに親孝行しなさい。
と、言いたいのかどうなのか。

ところで誤解されがちですが、
けちだから蓄財できるとはかぎりません。

誰あろう
私の今はなき祖父など、戦前の
薄給の田舎教員で、生涯けちけちしておりましたが😢
まったく貯金は溜まらなかった
(薄給なうえに、なき祖母が金銭感覚なく浪費家で、家計はつねにザル状態😅)。

ケチ六さんは、お金をためる才覚がありますね!
結婚せず独身を通すのは、やはり正解??

ついでに水をさす
なき父の言葉、

江戸時代の百姓が、いくらけちけちしたって
それでお金がたまるはずがない。

(農家がゆたかになったのは第二次大戦後の農地改正からだそうで、)

たぶん追いはぎかコソ泥でもやってるんだろう

身も蓋もなくて、かたじけないm(__)m。

17 1975年発行の絵本、
このおもしろさは絵本ならではのものなので、
再刊してほしいですね💗。

 


人気ブログランキング

 


本・書籍ランキング

 

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

« 『とらや』閉店、ショック。 | トップページ | まっすぐ縫う・直線裁ちのティアードスカート。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 『とらや』閉店、ショック。 | トップページ | まっすぐ縫う・直線裁ちのティアードスカート。 »

フォト
2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

にほんブログ村

無料ブログはココログ