« 中村吉右衛門さん。 | トップページ | 少女と花とメルヘン。 »

2021年12月 3日 (金)

『バイユーのタペストリー』小景。

20213_20211205130901 『​バイユーのタペストリー​』
について詳細に解説してくださっている​​です。

図書館で借りて、どうしてもほしくなって
高価にもかかわらず買ってしまいました。

1066年のノルマンディー公ウィリアム(ウィリアム征服王)の
イングランド征服、国王戴冠
を称えるために製作されたとされる、刺繍絵巻。

バイユーのタペストリー・奇跡の刺繍

「バイユーのタペストリー」写真20点で一挙に解説

バイユーのタペストリー

バイユーのタペストリーの謎を解説

わずか8色でリネンに刺繍され、
1000年もの時間を越えて
当時の戦闘やライフスタイルをも語り継ぐ、
貴重な歴史遺産であるとともに
デザインの美しさは手芸ファンにも注目されてきました。

20214_20211205131001 こちらは、1977年雄鶏社刊の『​豪華な刺しゅう​』。
表紙にひかれてとびつきましたが、
古い本にもかかわらず
タイミングよく安価で入手できました。

20215_20211205131001 本全体のごく一部ですが、
バイユーのタペストリーをモチーフにした
作品の作り方が載っています。

より新しいものでは
1997年、やはり雄鶏社刊で『​刺繍物語​』が発売されています。
20212_20211205130901 20211_20211205130801
ぜひ復刊してほしい、
よりたくさんの場面も作品化してほしいですね。
(私にはとてもつくれませんが😅・・・)

西洋は古来、刺繍ふくめ手芸がさかんで
王侯貴族の手になる作品も少なくないそうです。
スコットランドの悲劇の女王メアリー・スチュアートや
あのマリー・アントワネットも刺繍の名人だったとか。

悲劇の王妃マリー・アントワネットを癒した「家族の刺繍」の物語


このような歴史にまつわるクラフトアートをまとめて観賞できるような
出版物も発刊してほしいなと希望します。

もちろん高貴高名な人のみならず
市井の人の手になる「匠の技」も拝見したい😊、

昭和50年代の日本ヴォーグ社刊『世界手芸の旅』シリーズ
復刊も、どうかぜひお願いするしだいです🙇‍♀️。



人気ブログランキング


手芸・ハンドクラフトランキング


本・書籍ランキング

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 

« 中村吉右衛門さん。 | トップページ | 少女と花とメルヘン。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 中村吉右衛門さん。 | トップページ | 少女と花とメルヘン。 »

フォト
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

にほんブログ村

無料ブログはココログ