« 『うたかたの恋』~『ルドルフ ザ・ラスト・キス』 | トップページ | オペラ『マイヤーリング』とミュージカル。 »

2023年9月27日 (水)

いとしのマリー・ヴェッツェラ。

20233_20230928185701 1888年4月、17歳の少女マリー・ヴェッツェラは
馬術場で、初めて間近でルドルフ皇太子を見て、胸ときめかした。

1888年秋、夏の家族旅行からウィーンに戻った彼女は
大胆にも皇太子に恋文を出す。
思いがけず、
会ってお話がしたい
との返信をもらい、有頂天になる。

1888年11月、運命的な出会い。
3か月ほどは、人目を忍びながらも幸福な恋愛の時期。

皇太子がローマ法王庁に離婚要請して拒絶されたことが
フランツ・ヨーゼフ帝に報告され、皇帝の激怒はもちろんのこと
ふたりの関係は明るみに。

もはや臆面もなく
ドイツ大使主催の大夜会にマリーを伴って出席したルドルフは
ステファニー妃の目前で
マリーとだけ、踊り明かした。

1889年1月26日
皇帝と皇太子の激しい言い争い。

1月29日
皇太子は狩猟と称してひそかにマリーを連れて
マイヤーリンクにむかう。

そして運命の、翌1月30日。

侍従が施錠されたドアを破って室内に入ると、
朝の薄光に寝台に横たわるふたりの遺体を発見した・・・

『ルドルフ ザ・ラスト・キス』各国のミュージカルのワンシーン。
名曲ですね。

マリーは
貿易で財を成した
資産家の令嬢とはいうものの
家柄は成り上がり男爵家にすぎず、本来王宮に出入りもできない身分。

ふたりの接点は無いにひとしいはずだったが、
社交的で人脈の広い彼女の母が
皇太子の従姉ラリッシュ伯夫人と懇意だったことから
運命が劇的に動き始める。

ラリッシュ伯夫人の手引きで逢瀬を重ねるふたり。
マリーは夢にまでみた憧れの皇太子殿下に夢中になり、
皇太子も自らを慕う乙女の純情に心うたれたことは想像に難くない。


・・・何冊かの本を斜め読みしましたが(笑)・・・

(彼女は、まるで『ロミオとジュリエット』のジュリエット姫そのままだなあ。)

と思いました。


20232_20230928185701  現在ならばまだ高校生の年代。
現代のティーンエージャーが芸能界のスターや有名アスリートにあこがれるように
将校として軍に勤務する凛々しい皇太子に
恋焦がれたとしても何ら不思議でなさそう。

それがただの憧れですまなかったのは
むしろ悪因縁というべきか、
運命のいたずらとよぶにはあまりの激動。

実際にお目通りしてから正味4か月足らずの交際、
お互いを理解するには短すぎ、
またその必要もないほど恋に夢中だったのかなと思います。

20232_20230928185801 『ロミオとジュリエット』は
出会って恋して結ばれて離ればなれになり、かなしい行き違いから
ふたりが絶命するまで、わずか5日間。

さすがに演劇よりは長いにせよ、
若さ、純情、あとさきかえりみずわが身を捧げてしまう熱烈な恋心
は重なってみえます。

世界のなかで貴方しかみえない
どころか
自分のことも相手のこともほんとうにはみえていない、
激しい恋の情炎
に身をやくことができるのも、若さの特権でしょうか。

(身を焦がす恋の炎がつきたあとに
のこるのが失望か、
幸運にも信頼と愛情かは、
人それぞれなので誰にもわかりません。)

いっぽうのルドルフ皇太子は、
政策や外交でことごとく皇帝と対立して
皇太子でありながら権力から遠ざけられ、
あろうことか反政府運動にも傾倒し、
結果とうぜん挫折し、
酒やモルヒネや女性関係に依存していた、
いわば鬱屈した貴公子
で、ロミオではなくハムレットに近いと感じます
(どちらも王子様だし)。

もちろんマリーは
政治的立場など斟酌するにはあまりにもおさなく、
憂愁の皇太子殿下の心癒したい優しさと恋情で
一途に慕っていたのでしょうか。

大胆なまでに素直な恋、
ひたむきで清らかな乙女心。
しかも可憐で
馥郁としたバラのつぼみのように美しかったのであれば。

20231_20230928185701 マリーを思うたび
そのいじらしさ、
明日なき恋に怯まぬいさぎよさ、
死をも恐れぬ若さ・・・
いとおしさと切なさに胸しめつけられます。

マリー・ヴェッツェラジュリエットなり。

思ったかたは、ポチッとおしてやってください。

人気ブログランキング
人気ブログランキング

本・書籍ランキング
本・書籍ランキング

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

« 『うたかたの恋』~『ルドルフ ザ・ラスト・キス』 | トップページ | オペラ『マイヤーリング』とミュージカル。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

一緒に死にたいなんで恋、
経験ありますか?
好きな人と、今この時に世界が終わってしまっても良い、むしろ別れたくないから世界の終わりになってほしい、
間違いかも知れないけど、それほどまでに恋焦がれて離れ難く死を選ぶ-
どーなんだろ?本望だったのかもねー、
今の世に現実の世界にそんな激しい盲目の恋なんであるなかなぁ?
どーですか? そんな恋してみたい?
するパワー、ある?この歳で…
恋に焦がれて燃え尽きて…

なんだかなー…
そんなパワーはバァヤには残ったりませんなぁー、

って感想にも何にもなっておりせんなー。

ローズさま、ようこそ( ^^) _旦~~。

そうですね、ともに滅びてこその恋。
って、とてもできませんねえ😅😅。

さすがに今どきのドラマでも、それはなさそうだし、
あるとしたら古典芸能かオペラ、宝塚の古典的演目くらい??

ただ、生命も投げ出せるほどの凄い恋愛への
あこがれは万民(笑)にあるからこそ、連綿とさまざまな傑作が
生まれたわけで。

美しい劇、舞台、音楽、感動的なメロドラマ
を拝見できるだけで充分しあわせですね😊。

マリー・ヴェッツェラの場合、
本来は思春期の憧れの淡い思い出
でおわったはずのところが
運命のいたずらで
死出の旅にまでつきあうはめになった
(史実は謀殺か情死かわかりませんが、ルドルフ皇太子とともに
彼女が亡くなったことは事実)、

しかも若さと純粋さゆえに
その瞬間も
彼女は決して悔いなかった
のではと思い、
その向こう見ずないさぎよさ
にいっそう、切なく感動させられます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 『うたかたの恋』~『ルドルフ ザ・ラスト・キス』 | トップページ | オペラ『マイヤーリング』とミュージカル。 »

フォト
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

にほんブログ村

無料ブログはココログ