« 観たいもの・ぞくぞく(笑)。 | トップページ | いとしのマリー・ヴェッツェラ。 »

2023年9月26日 (火)

『うたかたの恋』~『ルドルフ ザ・ラスト・キス』

2023_20230927000801 注文した文庫本が届きました。

ミュージカル『​ルドルフ ザ・ラスト・キス​』の原作。
2017~2018年には韓国ミュージカルでも大ヒット・ロングランだったようです。

20231_20230927153601 同じ題材なのに、
なぜ『​うたかたの恋​』でなく新作の『ルドルフ~』?
とも思いましたが、
フレデリック・モートンの原作は
ベタなロマンスというより
フロイトやマーラー、シュニッツラーやクリムトほか
多才な人材が活躍した
世紀末ウィーン
の重要事件として
ハプスブルグ家の心中スキャンダルを俯瞰的に捉えているようで、
舞台化とは分けて読書すべきかもしれません。

1936年の映画『​うたかたの恋​』、
主演シャルル・ボワイエとダニエル・ダリュウ。

この御二方のお名前を聞いただけで
胸が高鳴り天まで舞い上がる心地になります(恥)😍😍。

なき父は、戦後まもないころに映画館で『うたかたの恋』
を観たのだそうで、

​「陳腐で、たわいない話だった」​​

とにべもないことを申しておりました🙄。

「なんで? 主演が凄いのに」
ときくと、

「いや、もちろん
出てくる人物はすばらしく綺麗だったよ。
内容はつまらない、

あほな美人と

あほなハンサムが

しなくていいのに
心中しちゃう
アホらしい話で」

​・・・なんか、乙女チックな夢がガラガラと
音をたててくずれていくような😅😅。​

父はつづけて、

「だって、心中しなきゃいけない必然性がない。
身分違いの結ばれぬ恋?
皇太子で国でいちばんお金持ちなんだから
愛人にはしかるべき地位と身分を与えて
お妃は本宅、愛人は愛人宅でそれぞれ運営すればいいだけなのに。

だから本当(の史実)は『心中』ではなくて
『暗殺』だろう(あっさり)」

ううむ、ごもっとも😷。


ともあれ、帝劇で上演された『​ルドルフ ザ・ラスト・キス​』、
ネットのコメント欄みても
多くのファンが再演およびDVD化望んでおられるようで。



私も・・・、
ぜひソフト化してほしい、
願わくばDVDもだしてほしいし
動画配信もしてほしい、
NHKで放映もしてほしい・・・

そして
主演おふたりの息の合った二重唱で
素敵なナンバーに聴きほれて
身を焦がす熱烈な純愛にキュンキュンしたい🤣🤣🤣
と切望します😂😂😆。

(なんだ、いいたかったのはそれか(恥)😅😅)

 

人気ブログランキング

人気ブログランキング

本・書籍ランキング
本・書籍ランキング

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

« 観たいもの・ぞくぞく(笑)。 | トップページ | いとしのマリー・ヴェッツェラ。 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 観たいもの・ぞくぞく(笑)。 | トップページ | いとしのマリー・ヴェッツェラ。 »

フォト
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

にほんブログ村

無料ブログはココログ