« ワールドカップ2023日本代表ラストマッチ。 | トップページ | 13日の金曜日。 »

2023年10月10日 (火)

『推し活』に魅せられる。

2023_20231012012701誤解をよんでしまうタイトルですが(もうしわけありません)、

『推し活』するのでなく、
『推し活』という現象が、おもしろいなと感じます。

『推し活』といえば
好きなアイドルを応援するファン活動
と思っているのですが。

5人に1人がやっている「推し活」とは? 意味と活動内容を解説

​​推し活とは? 種類やメリットを初心者向けに徹底解説!

​​推し活とは何を指す? 推し活の内容やメリット、楽しみ方について紹介

芸能人にかぎらず
2次元のアニキャラやゲームキャラ、
小説やドラマのキャラクターや歴史上の人物、
そもそも『人』に限るわけでなく『もの』、機械や建築や玩具まで
幅広く対象になるようです。

私自身は、それなりに好きなものは
たくさん(笑)ありますが、

体力と集中力と、もちろんお金もないので(これが最大の原因?)
『推し活』できる度量がありません😅😅。

いろんなエピ拝見していると、

たとえば韓流スターのファンで
来日公演のみならず韓国のコンサートツアーまで追っかけするかた、
韓国でロケ地めぐりされるかた、
ファンサイト製作運営するかた、
海外遠征でオリジナルグッズ爆買いするかた・・・

どれも凄いなあと圧倒されます。

お金の問題ばかりでなく気力、体力もそうとうフル回転しますね。

そこまで好きで、熱愛しているということが、うらやましくもあり
驚嘆に値します。


もちろん『推し活』にのめり込みすぎて
散財したり、家事育児がおろそかになって離婚騒動
は困りますが
経済的また生活破綻しないレベルで
日々の励みになればそれにこしたこともないような。

画像は、法律のプロが解説する​推し活本​、
自分でも知らぬ間に脱法にならないように(苦笑)、
少しずつ読んでいこうと思います。

ひとつ気づいたこと、
こちら​のサイトから引用、

昭和の頃、“アイドルのファンは結婚したら卒業するもの”

という認識がありました。

しかし、平成に入って以降、その価値観は徐々に変わっていき、

現在では30代や40代になっても、

アイドルのライブ会場に足を運べる風潮が出来上がりました。

好きな人をずっと追い掛けられる時代に突入したのです。


私どもが子供のころは、10代のアイドルにはまるのは
やはり10代の中高生(せいぜい大学生まで)がメインだったと思いますが
今や親子二代どころか
お祖母さまも加わり3世代で追っかけしても周囲の眼を気にする必要すらありません。
それはとてもよいことですが、

なんでもありで、かつてないほど自由を謳歌できる現代
果たしてそれだけなのか・・・

市場経済の活性化?

で、働き盛りの年代から中高年以上

​『お金を持っていて、お金をつかえる世代』​

​​が推しにはまるように、​メディアや芸能プロが​

仕掛けているようにもみえます
(10代の子だと、いくら熱狂的なファンでも切れる身銭はたかがしれていそう)。

おどるのはとてもたのしいですが、
誰かにおどらされていないか
かえりみるのも大人の年代ならば大切かもしれませんね。

それでも『推し活』なさっているかたは
率直に、
とてもうらやましいです😊。

人気ブログランキング
人気ブログランキング

本・書籍ランキング
本・書籍ランキング

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

« ワールドカップ2023日本代表ラストマッチ。 | トップページ | 13日の金曜日。 »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ワールドカップ2023日本代表ラストマッチ。 | トップページ | 13日の金曜日。 »

フォト
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

にほんブログ村

無料ブログはココログ