« キンモクセイ。 | トップページ | 心に沁みる歌(駄)。 »

2023年10月19日 (木)

太宰の『新ハムレット』。

​​​​​青空文庫​で、全文が読めます。

上演もされているんですね!

youtubeにあげてくださっているのを

拝見しましたが、いや面白い!

演じるみなさまの巧みな語り口に、

げらげら笑わせていただきました😂😂🤣🤣。


どこがどう面白い?

と聞かれるとぎゃくに困りますが・・・

このおもしろさは落語だなあと思いました。

・・・落語というのは、文章で読むと
登場人物をひたすら小馬鹿にする内容で
なんじゃこりゃあ😵😵
となるらしいのですが、

噺家さんの軽妙な話術にのせられると

げらげら🤣🤣😆😂

大笑いがとまらなくなってしまう、その感覚に通じるなと。

といっても、何人もの登場人物が亡くなってるし、
ユーモラスとニヒリズムが混在しているさまは、やはり太宰。


『​小人閑居して不善をなす​』

を地でゆくような、

懐かしい昭和のホームドラマ、

家庭内悲喜劇を観ているごとき

くすぐったさ(発表されたのも昭和16年)。

このハムレットは、

『斜陽名家の、ひねくれたアホぼん😷』​

にしかみえない、若き日の太宰ご自身を投影しているとされるのもうなずける。


インテリだけど頭でっかちで

甘ったれた反抗的な若者

を取り巻く、周囲のドタバタ悲喜劇

(とはいっても、じつはハムレットがいようがいまいが

みなそれぞれ思うところあって逡巡している、それをみぬいている

ハムレットはいっそういじけるという悪循環🙄)。


シェイクスピアの原作通り

なのは、クローディアスの先王暗殺?

のみで、

実はその場面を目撃していたことをポローニアスに仄めかされた

クローディアスは動転のあまりポローニアスを殺し、

先王が亡くなった原因を聞きポローニアス刺殺

を覗き見てしまったガ―トルード王妃

は錯乱して入水自殺、

さらにノルウェー軍がデンマーク領に攻め込み

戦争が始まる

(ハムレットがずっとうじうじしているあいだに)。

 

動画とは別バージョンですが

最近も​舞台上演​されているようで、

これは、再演されたら拝見したいなあ😍。

衣装デザイン​もおもしろい🥰。

 

パクリ、

パロディ、

戯作。


表現はさまざまですが

面白いものは面白い、つまらないものはつまらない。

そして面白いものならば

偽作・戯作とわず

たくさん拝見したいです。

​​​​​

人気ブログランキング
人気ブログランキング

本・書籍ランキング
本・書籍ランキング

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

« キンモクセイ。 | トップページ | 心に沁みる歌(駄)。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

ゲラゲラですか、なんか面白そう、後で見てみますね。私も喜劇は好き、亡くなる方がいても太宰風になってるんですね。

何か藤山寛美思い出しましたよ、苦労や悲しみを全部喜劇にして、なので余計に悲しくもあり…
脱線すみません。

ローズさま、

『読む』のでなく『聴いて』わかるおもしろさ
だと思います。

やりかたはまずいのですが😖
まとまらない家族をまとめようとして
オロオロしているクローディアス王

娘と息子を心配してじたばたするポローニアスさん
に最も共感してしまいます(トシのせい😅😅?)。

喜劇王・藤山寛美さんですか。
浅学にしてお名前しか存じていませんが、
ぜひみたくなりますね。
大笑いしながらもほろりと感動させられる・・・
まさしく天才ですね💗。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« キンモクセイ。 | トップページ | 心に沁みる歌(駄)。 »

フォト
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

にほんブログ村

無料ブログはココログ