« 再生あしふきマット。 | トップページ | 奥深き『ハムレット』。 »

2023年12月 2日 (土)

果敢なチャレンジ?

​​​履正社高校​が​ラグビー部新設する​とのニュース。

記者会見​されて公表したもようです。

聞くところによれば

部員急減で履正社ラグビー部は

2013年にリセット、

10年ぶりの再始動となるとのこと。

野球部などが全国の強豪として知られる、履正社高校(大阪府豊中市)がラグビー部を新設することになった。
2025年度からの活動開始に向け、1日から指導者の公募を始めた。  
同校ラグビー部は部員不足などで13年度限りで廃部。創立100周年だった昨年、
レフェリーや対戦相手ともコミュニケーションの機会が多く、
練習や試合で英語での会話が必要になるなど、
ラグビーの教育的価値を見直す機運が学内で高まったという。  
ラグビー部は野球部などと同じ「強化クラブ」として全国トップレベルでの活躍が目標になる。
1学年20~25人を想定し、練習拠点は大阪府箕面市にある人工芝のグラウンドになる。

 
大阪は東海大大阪仰星、常翔学園、大阪桐蔭などの全国屈指の強豪がそろう激戦区だ。
部の創設を担当する釜谷一平・学校法人広報企画局長は「険しい道のりになるのは承知している。
いつかは『花園』(全国高校大会)、選抜大会をめざしたい」と話した。


大阪予選の​参加チーム​をみてわかるとおり、

大阪府の高校ラグビー部はどこも激減。

最大の原因は少子化だとしても、

15人で構成される球技でしかも身体接触が許される

危険を伴うスポーツであることも、少なからず影響していると思われます。


時代に逆行するかのごとき大胆な挑戦。

明日はどっちかわからないけれども

府民(笑)としては心して見守りたいです。

かつて『平成の怪物』と称され7回もの全国制覇を果たした

常翔啓光学園を越える日が来るか?

産声あげんとするリスタートに、期待しましょう。

きょう12月2日は、関西地区大学ラグビー決勝。

天理VS京都産業大、

大学選手権決勝に匹敵するほどの好試合だったようです

(じつはまだみていません😅、これから録画したのをゆっくり拝見しようかと😊)。
ファンにとってはたのしみの多い年末年始。

選手の皆さんは怪我だけは気をつけて、
全力出し切る熱戦をいのります。

​​​
ラグビーランキング
ラグビーランキング

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ
にほんブログ村

« 再生あしふきマット。 | トップページ | 奥深き『ハムレット』。 »

ラグビーその他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 再生あしふきマット。 | トップページ | 奥深き『ハムレット』。 »

フォト
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

にほんブログ村

無料ブログはココログ