« ラベンダー。 | トップページ | つねに、神頼み(苦笑)。 »

2023年12月14日 (木)

映画 窓ぎわのトットちゃん

20235_20231214204801 今年最後の年休(笑)をとった
娘に引きずられて、
映画『​窓ぎわのトットちゃん​』
を観てきました。


アニメーションと色彩はほんとうに素晴らしかった。

子供時代の幸せな記憶が
時間とともに風化して、どこにもないユートピア、
この世ならぬ最も美しい思い出に昇華されている
印象うけました。

これはもう、フィクションというより
メルヘンだなあ。

そして、すばらしい先生と個性豊かなかけがえないお友達のいる

『トモエ学園』

というメルヘンのユートピアは、

やがて荒々しい現実(戦争の時代)に苛まれ淘汰されてゆく・・・


私はまるで気が付きませんでしたが(恥)
映画館を出た後で、娘が
「年配のご婦人が、何人もすすり泣いてたよ」
と教えてくれました。


20233_20231214204801 久しぶりの外でのランチ。

チキンと九条ねぎのパスタ、
量も多すぎず少なすぎず、美味しかった。

人気ブログランキング
人気ブログランキング

芸術・人文ランキング
芸術・人文ランキング

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

« ラベンダー。 | トップページ | つねに、神頼み(苦笑)。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

窓ぎわのトットちゃん、観に行かれたんですね、
若い頃に本でチラリと見た程度です、バスか何かの学校でしたよね?その教育の在り方が素晴らしいと思ったものです。黒柳徹子さん以外にも活躍された方がいらっしゃた?ような微かな記憶があります。
テレビ放映か、ネット配信を待ちます。
娘さんと映画なんて良いですねー。
ウチは娘は大学卒業からは県外でしたから2人で遊んだりは子どもの頃とか大学生まででしたよ。引きづられてってのがいいですよね。笑笑

ローズさま、

アニメーションの時代設定、キャラクター、色彩は凄く良かったです。
昭和レトロな感じ?
私も原作を読んだのはずいぶん昔で、
(こんなお話だったかなあ)とぼんやり観ていましたが(笑)
いかにもきらきらした子供時代の記憶を再現する表現?
は上手いなあと感心しました。

こどもたちの個性を大切に尊重して伸ばす、
こんな教育をしている学校が昭和戦前にあったなんて・・・
と原作『トットちゃん』がベストセラーになった当時から
話題を呼びましたが・・・
大正デモクラシーから、自由な雰囲気でこどもの能力や資質を伸ばす
実験的教育?は一部の私学を中心に盛んになりつつあったようで、
ファシズムで暗雲拡がる直前の、一瞬の陽だまりだったのかも。

ただし、現在でもそうですが
すばらしい教育方針の恩恵うけられるのはハイソサイエティ
に属するごく一部のこどもたちだけで、
そもそも経済的にも家庭的にも恵まれた境遇にあるみなさん
ですので
トモエ学園にいったから今の黒柳徹子さんがある
というより、一種の天才であられる黒柳さん
(ご両親は音楽家、お母さまはのちエッセイスト、弟妹もハイスペックなかた)
が、幼少期にすばらしい経験をした学校が
トモエ学園なのでしょう😅。

なんだかがっかりさせるようなこと言ってしまいましたが・・・
子育て中のお父さんお母さんや
教職めざす若いかた、
かつて子供だった(笑)みなさんがごらんになって
得るところは多いと思います😊。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ラベンダー。 | トップページ | つねに、神頼み(苦笑)。 »

フォト
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

にほんブログ村

無料ブログはココログ