楽天ブログ「荒らし」証拠1


人気ブログランキングへ

長年お世話になって愛用させていただいてきた楽天ブログ。

http://plaza.rakuten.co.jp/sarunoanata/

発端は、あの悲しい事件の裁判にふれた日記を書いたことでした。

言いがかりをつける「荒らし」さんがやってきて、
粘着されて困りました。

楽天の解析・迷惑コメント防止システムは残念ながらおそまつとしかいいようがなく、コメント欄を閉じるくらいしか対処できません。

百聞は一見にしかずで、楽天ブログで消した元記事および全コメントを掲示しました。

「荒らし」さんとは金輪際かかわりたくないけれど、いったいどんな人で
なにがしたいのか、なんとも不可解な経験でした。




2012.09.13    口に出せない言葉。 (19)  「φ(._.)主婦のつぶやき☆(222475)」
[ つれづれ日記 ]

「殺意ない」2幼児餓死、母親の控訴審初公判

大阪市西区の自宅マンションに長女(当時3歳)と長男(同1歳)を放置、餓死させたとして殺人罪に問われ、1審・大阪地裁の裁判員裁判で懲役30年の判決(求刑・無期懲役)を受けた母親の下村早苗被告(25)の控訴審初公判が12日、大阪高裁(森岡安広裁判長)であった。

 弁護側は「殺意はなかった」とし、殺意を認定した1審判決は誤りだとして刑の軽減を主張し、検察側は控訴棄却を求めた。

 弁護側は、下村被告が幼少期に受けた虐待などの影響で、育児などの不安を意識から締め出してしまう傾向があり、心神耗弱か喪失の状態だった、と主張。

 続く被告人質問で、下村被告は「(放置は危険という)認識はなかった」と述べ、日々考えていることを問われて「今は、子どもに申し訳ないという気持ちが一番大きい。どうやって生きていけば2人が見守ってくれるのか」などと、時折涙ぐみながら話した。

 今年3月の1審判決によると、下村被告は2010年6月9日、居間の扉に粘着テープを張って衰弱した長女の桜子ちゃんと長男の楓(かえで)ちゃんを閉じこめ、玄関に鍵をかけて外出。同月下旬に2人を餓死させた。〔以上・ヨミウリ・オンライン引用〕

・・・さぞや、弁護士のせんせいから入れ知恵されてその気になったのでしょうか。

殺意はなかった
殺意はなかった・・・

子どもに申し訳ない
子どもに申し訳ない・・・

時折涙ぐみながら話した
時折涙ぐみながら話した
時折涙ぐみながら話した・・・

どうやって生きていけば2人が見守ってくれるのか
どうやって生きていけば2人が見守ってくれるのか・・・

はああ。
言葉とは、ときになんと空疎なものか。

貴女は留置所でお風呂も入らせてもらい、三食たべられるんですよね。

ほんとうにお子さんがたにもうしわけない気持ちがあるならば
なぜ当たり前に生きてゆくつもりになれるんでしょうか。

どうやって生きていけば2人が見守ってくれるのか・・・

どうやって生きていけば、
なんてずうずうしい。

死になさい。

亡くなった子はなにをどうしても帰ってきません。

ならばせめて、一刻もはやく今生と訣別して、
ほんの少しでもこどもたちの近くにいってあげなさい。

裁判の温情で有期刑なのに、多少なりとも
とりかえしのつかないことをした反省があれば、控訴できないはずだと思います。

死ぬこともかなわなければ、
せめていさぎよく30年の刑期に服してください。

貴女が生きていることに、なんの希望も持てませんが、

類似の犯罪を防ぐために、
悲しい事件が増えないように、

なぜこのような人が出現するのか
どうか研究と分析は綿密に行ってぜひ公表していただきたいですね。

大阪マンション二児遺棄殺害事件 概要

大阪2幼児放置死事件

2児を餓死させた母親・下村早苗被告の"償いの言葉"に波紋

Last updated  2012.09.13 15:07:54
コメント(19) | コメントを書く

■コメント

Re:口に出せない言葉。(09/13)    no name さん

おまえも死になさい 文脈から人と認定しませんから
批判するまえに我が身を見た方がいい (2012.09.13 20:45:16)

返事を書く

no name さん    saruyuri さん

こんにちは、はじめまして。

書き込むなら捨て台詞ではなくて、どうか真摯で建設的なコメントお願いします。
事件が事件ですから。茶化してすむ問題ではありません。 (2012.09.13 22:13:15)

返事を書く

Re:no name さん(09/13)    no name さん

茶化す?
おまえの書いてる内容のほうがよっぽど茶化してるだろが!
事件が事件なだけに想像で書くなよ!
何も知らんのだろ?
てか、何か知って書いてるのか?
たとえ、それが誰であったとしても「死になさい」と言える立場なのか?
出るとこでるぞ! (2012.09.15 22:28:28)

返事を書く

no name さん    saruyuri さん

己の身勝手で
故意にこどもを殺傷するやからは犯罪者のなかでも
最底辺のくず
というのが私の考え方です。

>たとえ、それが誰であったとしても「死になさい」と言える立場なのか?

その気持ちはりっぱだと思います。
加害者よりも、
被害者の人命救済・人権擁護こそなにより真剣に考えていただきたいのです。まして幼い子ならば。

>事件が事件なだけに想像で書くなよ!
>何も知らんのだろ?

リンク参照してください。
実際に何が起こったのか経緯のみ書いてあります。

私は彼女が死ねば良いと思っているのではなく、
彼女のしたことは死に値する重罪と捉えています。
とにかく今まで、特に家庭内のこども虐待死の刑事罰があまりに軽すぎました。
起こった事件は取り返しがつかないとはいえ、少しでも世の中が変わる契機になってほしいです。

この事件のことは過去にもなんどか日記に書いています。 (2012.09.16 07:25:38)

返事を書く

Re:no name さん(09/13)    no name さん

saruyuriさん

>己の身勝手で
故意にこどもを殺傷するやからは犯罪者のなかでも
最底辺のくず
というのが私の考え方です。

では、「故意に」の部分は過去認定されているのか?
裁判では「殺意」認定はされているが、今巷で流行っている我が子を手にかける(首を絞める・ゴミ袋をかぶせる・同居しながらにして食事を与えない・・・など)とは全く違う事件である。
弁護士から入れ知恵されたとか、そういう記述はこちらのブログ読者がいる限り誤解を与えるものだ!
彼女の本質・事実を知らずして推測で書かれている部分に危険意識に欠けていると申し上げているだけだ!
少なくとも、おたくより知っていることはある。

トップの挿絵が「ラグビー」だがもしかしてそっちに関係するのか?(父親とか天○とか)

おたくが裁判員になったらこういう判決を出すのだろうな!
見せしめっていう悪意の判決を

一度でも面会に行ってみればいい!
面白半分に人を批判するなと言ってるんだ!
起きた事件でたとえ30年が決まったとしても彼女が理解しているのか、していないのかは大きな問題だ!

一審は弁護人が一人(それも東京からの出張弁護人)
控訴審は4人の弁護団が組まれた。
一審の判決の違法性を論じる弁護士が手を挙げたのだ!
中でも女性の見地から量刑判断ミスを訴える女性弁護士が参加していることに意義を感じる。

だから・・・安易な己の意見をネット空中にばらまくなと言ってるんだよ!
事件が事件というならもう少し事件のことを法律的に理解しないと2ちゃんねらーより底辺種族になってしまうぞ!

それとも「ラグビー」関係者か?

彼女が30年もしくは極刑であったとしても世の中の仕組みが変わらない限り「これに類する事件」はなくならない!

現にこの事件の判決後も何人の子供が亡くなってると思う?

この事件が起きてから2年で、もっと悲惨な事件が起き続けてるだろ!

この事件を契機になんてありえない!

国や自治体・民間団体までが真剣に取り組まないとこれからも起き続けるんだよ!

昨日(9・15)も6歳と9歳の子供を「殺した」母親がいただろ?
自分だけが自殺したら残された子供がかわいそう・・・
そんな理由で自分は生き延びて2人死んだよ・・・

無くならないんだよ・・・この事件が契機にって
子供を殺めるときに「ん?ちょっと待てよ」とは考えられない狂気の心情になってるとおもうから。

ま、おさるさんには人の心までは読めないのでしょうから、今後も人を非難して気に入らなければ「死になさい」と書けばいい・・・ネット上に (2012.09.16 09:16:36)

返事を書く

Re:口に出せない言葉。(09/13)  harmonica. さん

まだまだ世間知らずですね。

いっぱい遊びたい盛りに出産・子育てが重荷だったのかと感じています。

実際に面識はありませんが、彼女が生かされている意味をよく考えて欲しいです。

子ども達に見守られる、ことばの表現が、ニュアンスがうまく伝わってきませんね。

多分、誰かから言われた言葉を間違えて覚えているのか、認識してしまったのでしょう。

子ども達に向き合って逢える時まで、生きることなんでしょうね。
(2012.09.16 09:51:30)

返事を書く

Re[1]:口に出せない言葉。(09/13)    no name さん

harmonica.さん

>まだまだ世間知らずですね。
   誰がですか?
>いっぱい遊びたい盛りに出産・子育てが重荷だったのかと感じています。
   そうではありません。これは背景に裏付けがあります。
>実際に面識はありませんが、彼女が生かされている意味をよく考えて欲しいです。
   彼女は生かされてるのではなく、一時死のうと思ったところから生きようとしてるのです。
>子ども達に見守られる、ことばの表現が、ニュアンスがうまく伝わってきませんね。
>多分、誰かから言われた言葉を間違えて覚えているのか、認識してしまったのでしょう。
      表現はヘタでしたが、言わされたのではなく、彼女の言葉です。事実彼女は2人の子供の名前を織り込んだハンカチを握りしめていました。
>子ども達に向き合って逢える時まで、生きることなんでしょうね。
   もう逢えないことは彼女はやっと認識できるようになりましたが、やはり2人の子供は心の中に生き続けていると思っていますし、それが生きる証です。
弁護人などから言わされた言葉は一切ありません。

私は彼女を擁護したいわけではなく間違った司法判断をされていることに対して怒りを感じています。
その間違った司法判断により、このブログのように間違った認識が広まっていることに危機感を感じているわけです。
人はなにびとも自分自身を見つめずに他人を揶揄したり批判することは危険です。ましてや「死」を促すようなことは合ってはいけないことです。
自分は間違っても彼女のようにはならない・・・などと驕った気持ちは、もし、そのような現実に陥った時に人生を見誤ります。
なかなか伝わりにくいのかもしれませんが、多くのブログや記事に彼女を批判したものがありますが、「ここ」には私は反応してしまいました。私はほかのどのブログにもコメントなどしていませんが、ここはダメです!
死になさい・・・神や仏にも裁判所にもその権限はありません。
こういうブログを書く人がいるから尊厳というものが軽視されるのです。
私は少なくとも彼女のことをあなたたちより知っています。 (2012.09.16 10:45:33)

返事を書く

no name さん    saruyuri さん

なんだか意見が混在していますが、
上から順番に。

>では、「故意に」の部分は過去認定されているのか?

事実のみ、
夏場の暑い時期にエアコンも付かないゴミで動けるスペースもない水も食べ物もない密室に50日放置されてどうなるか想像つかないなら恐ろしいです。こどもたちが外に出てゆけないように、しっかり粘着テープも貼りめぐらしてるんですね。

>裁判では「殺意」認定はされているが、今巷で流行っている我が子を手にかける(首を絞める・ゴミ袋をかぶせる・同居しながらにして食事を与えない・・・など)とは全く違う事件である。

事実・結果をみればへりくつでしかありません。

>弁護士から入れ知恵されたとか、そういう記述はこちらのブログ読者がいる限り誤解を与えるものだ!

彼女の発言、時系列で変化していますよ。
逮捕直後の最初の本人の告白が最も重視されたのでしょう。

>彼女の本質・事実を知らずして推測で書かれている部分に危険意識に欠けていると申し上げているだけだ!

彼女の本質・事実を多少なりとも直接知っているであろう皆さんはそろって口をつぐんでいらっしゃいますね。
明らかなのは行動と結果が最悪な犯罪という事実のみ。

>少なくとも、おたくより知っていることはある。

では、真実の彼女をわかってもらえるように裁判で証言するなりマスコミに話してください。

>起きた事件でたとえ30年が決まったとしても彼女が理解しているのか、していないのかは大きな問題だ!

ほんとに、彼女には自分の罪科をきちんと理解してほしいです。けれども反省できる人なら最初から事件は起こらないのではないでしょうか。
そしてもし理解できたならば、生きていられないほどの苦しみでしょう。

>彼女が30年もしくは極刑であったとしても世の中の仕組みが変わらない限り「これに類する事件」はなくならない
>この事件が起きてから2年で、もっと悲惨な事件が起き続けてるだろ!
>この事件を契機になんてありえない!

これより悲惨な事件がそうめったに起きては困りますが。
だからどうなんですか。
事件が頻発してるからといって彼女の犯した罪の重さにかわりありません。

>国や自治体・民間団体までが真剣に取り組まないとこれからも起き続けるんだよ!

ここは全く同感です。それを痛感させられたうえでも、悲しい事件でした。

>子供を殺めるときに「ん?ちょっと待てよ」とは考えられない狂気の心情になってるとおもうから。

だからこそ、彼女はこどもを棄てて遊びまわることができたのでしょうか。

no nameさんはどういう立場のかたですか。
人権派、それとも宗教関係者? (2012.09.16 11:03:43)

返事を書く

no nameさん    saruyuri さん

>こういうブログを書く人がいるから尊厳というものが軽視されるのです。

私はあなたがなんのおちどもないのにむごたらしく死を迎えたかわいそうなこどもたちの尊厳を軽視しておられるようにしかみえないのですが。 (2012.09.16 11:12:33)

返事を書く

Re:no name さん(09/13)    no name さん

わかったようなこと書くなって!
おまえが仕入れてる情報は報道やマスコミでしかないんだろ?
結局、マスゴミなどに振り回されてる一般人だろが!
私には彼女の上の子と同じ歳の孫がいる。
私の目線は彼女ではなく彼女の親目線だ!
何もかもが彼女のせいにする彼女目線の意見は聞き飽きた。
だが、お前の「死になさい」発言は非常に問題だっていってるだろが!
彼女を擁護してるわけではないが事実に反した部分が多すぎるのでそこに危機感を感じてると言ってるだろが!
こういう文章を書いて「宗教家?」「人権家?」などと聞くおまえはなんなんだよ!
宗教家でもないし人権家でもないしましてや政治家でもない。
だから人を非難などしないし疑問は疑問で投げかけるだけだ!
「死になさい」と言えたお前はどこかの国家元首きどりか? (2012.09.16 11:14:31)

返事を書く

Re:口に出せない言葉。(09/13)    no name さん

「死になさい」という言葉がなければこんなクズブログに反応なんかしてねーよ! (2012.09.16 11:21:55)

返事を書く

no nameさん    saruyuri さん

まずは、ぶしつけな質問に答えていただきありがとうございます。

>私は彼女を擁護したいわけではなく間違った司法判断をされていることに対して怒りを感じています。

間違った司法判断てなんですか? 量刑が予想より重かったこと?

>彼女を擁護してるわけではないが事実に反した部分が多すぎるのでそこに危機感を感じてると言ってるだろが!

どうかご存じの事実をぜひ世間一般に公開してください。

ただ、事件の発端~経過と結末こそ「ゆるぎない、最大の事実」であることはお忘れなく。

>私の目線は彼女ではなく彼女の親目線だ!

最悪な虐待の負の連鎖というべき不幸な事件だと思います。
だからこそ、同類の事件防止のためにも緻密な検証が必要と感じます。 (2012.09.16 15:17:01)

返事を書く

Re:no nameさん(09/13)    no name さん

頭の悪い奴とは話にならん!
「死になさい」という言葉さえなければ反応してないといってるだろが!
「死になさい」と言えるお立場の方なのでしょうかねw
ホントにブログモブログ主もクソだわw (2012.09.16 15:42:58)

返事を書く

no nameさんへ    saruyuri さん

とげとげしいやりとりは好みませんので、目線を変えて。

>私には彼女の上の子と同じ歳の孫がいる。

とてもうらやましいです。
私は子供が生まれた時、はじめて自分自身よりずっと大切なかけがえのない存在があること、同時に自分を生み育ててくれた親や父祖への感謝を実感しました。
孫は、実の子よりもさらに、何倍も可愛い存在だときいています(実際、義両親や自分の親をみてもそう感じます)。

だから、親にも祖父母の愛にも恵まれずろくでなしな大人たちのしわ寄せで落命した桜子ちゃんと楓ちゃんがかわいそうでなりません。

かのマザー・テレサは
(世界平和のために何をしたらいいのかと聞かれて)
帰って家族を大切にしてあげて下さい。
と答えたそうですが、まさに真理ですね。
不幸なこどもをふやさないために、一般人の私どもにできることは、まず自分のまわりの人々をだいじにすること。

だからお孫さんをいっぱい愛してかわいがってあげてください。
愛情に裏打ちされた薫育なさってください。
自分を決して粗末にせず、他人も大切にできる人に育てて下さい。
まともな親なら、わが子や孫が
自分自身を見つめずに他人を揶揄したり批判しない
(でも場合によっては不当な圧力には屈せず正々堂々と戦って打ち負かすことができる)立派な人に育ってほしいと願わないはずはありません。

未来をになうこどもたちのしあわせのために、
まちがっても彼女のような欠落した不幸な人にならないように、
まず身のまわりからおしみなく愛をあたえてあげてください。 (2012.09.16 15:53:34)

返事を書く

Re:no nameさんへ(09/13)    no name さん

saruyuriさん

>とげとげしいやりとりは好みませんので、目線を変えて。
ならば「死になさい」は公開意見として許されるわけか?
めんどうくさい奴やな!
他人の生き死にに首突っ込むな!
お前が書いているレベルは2チャンネル以下だっていうことだよ!
いかにも自分は清く正しく生きてます~
みたいに愚かに見えるだけ
(2012.09.16 16:08:03)

返事を書く

no name さん    saruyuri さん

もう~no nameちゃんてば言うことキツイんだからあ~(・∀・)。

私は聖人君子でもなんでもありません。
「死ね」なんて私も言いたくないですよ。
でもあえてその禁句をなげかけたくなるほど憤怒にかられる心情をわかってくださいな。

逆に死ねと言いさえしなければ何をしてもいいんでしょうかね。

彼女がママを慕うこどもたちにしたことほど酷いことはそう無いと思いますが。

まあ、もうやめましょ。
納得しかねるかもしれませんが、お互いの意見の違いを尊重しましょうよ( ^^) _旦~~。

>「死になさい」という言葉がなければこんなクズブログに反応なんかしてねーよ!
>頭の悪い奴とは話にならん!
>ホントにブログモブログ主もクソだわ

あすは敬老の日です。
こんなクズブログやクソブログ主のことなんか
きれいさっぱり忘れて、

かわいいお孫さんをいっぱい抱きしめてあげてください。
お願いしますm(__)m。 (2012.09.16 16:33:20)

返事を書く

Re:口に出せない言葉。(09/13)    無知はきらいだ さん

まず、このページを下村さんに贈りましょ。
ご贈答です。万が一死んだら貴方は殺人です。
裁判所でさえ、死刑がかくていしても死になさいとはいいません。
それと、貴方のブログですが自分の家庭のはけ口か、皆さんにコメントをいただきポイントがほしいのか・あははいい年してなさけない。楽天ブログに申し出て住所など調べていただきましょうね。お孫さんが悲しむな。人に死になさいといえる耄碌しているのか、警察沙汰になりたいのか?
誰かに頼まれたのか・・この案件は大切な殺人なのか違うのかの物証になるのでね。
最後に、下村は留置所にいるわけないじゃないですか
しらぬが花ですね (2012.09.24 17:57:50)

返事を書く

無知はきらいだ さんへ    saruyuri さん

捨てハンでもハンネにして頂けただけ進歩ですね。
元・no nameさま。

私の発言ちゃんと読んでくださっていますか?

最後まで読んでいただいたら、言ってる意味わかると思いますが。

結局あげあしとって嫌がらせして面白がってるだけですか?
だとしたらもったいない。

何人たりとも、どんな犯罪者や極悪人であろうと
「死ね」と発言するのはNGである。

という考え方は尊敬し評価に値しますが
方法が???です。

あなたの行動は
たとえば、「なにがあっても人を傷つけてはいけない」とりっぱなこと言う同じ口から
ちょっと気に入らない相手には「アホ、ばか、○ね」と公然とわめいているような幼稚で滑稽なことですよ。

あと、ご自身のコメント読みなおしてみて下さい。
(彼女がいるのは「拘置所」ですね。そこは訂正します)

れっきとした誹謗中傷、脅迫ですよ。

これ以上エスカレートするならしかるべき措置をとらせていただかざるをえません。

今後はコメントくださってもレスしませんので、あしからずご了承ください。 (2012.09.24 19:26:55)

返事を書く

Re:口に出せない言葉。。(09/13)

    元no name508 さん

何の被害妄想ですか?
私は無知はきらいださんではありません!
やはりONEーBIG(※)さんとはお知り合いのようですね。
一次ネグレクトがあったことでこのような事件が起こったことはONEーBIGさんが一番ご存知でしょう。
ブログ主もブログもやっぱりくそだわ (2012.09.25 08:09:37)

返事を書く

<< 前へ │次へ >> │一覧│ コメントを書く│ 一番上に戻る│

 ONE-BIG先生はラグビーの名将で、数年来ブログ友(の、端くれ)をさせていただいています。いわばスターと1ファンの関係です。
そして被告女性の出身校の先生でもあり、事件発覚当時は連日マスコミがおしかけて大変でいらしたようです。
先生を尊敬はしておりますが、考え方も物の見方も異なります。
こと事件に関しては、赤の他人の私はどうしても否定的になりますが、
先生にとっては彼女も大切な教え子であり、いわくいいがたい思いがあるかと察します。
なのに、「荒らし」さんは私のブログのリンク先から? なぜか私が先生のシンパと早合点したようで、
私も怖くなりこの件に関して急遽先生に
「拙ブログが荒らされて困っている、『やはり知り合いだな』と確信したかのような言い方したので先生のブログにも来るかもしれない、「荒らし」なので来ても絶対まともに相手せずにかわしてほしい」
とだけ連絡しました。
・・・その後は静観するのみですが、心苦しく感じています。
(このとき、少しでも迷惑が及ばないようにと上記の日記を削除しました)。



読み返して感じるのは、得体の知れない気持ち悪さ。

過度な執着心と視野の狭さ。

「死になさい」の一語に過剰反応して叩くきっかけを発見したことを異様にはしゃぎ喜んでおられるようにしかみえません。

じつは、私の意見などさして目新しいものではなく世論にあふれているありきたりな感想でしかないと自覚していますが。

ちょっと大きな掲示板などごらんになったことがないのでしょうか。


「荒らし」さんのおっしゃること全体を通してみえるのは

自分の脳内だけで完結しているかのような奇妙な現実感のなさですが、

この「不気味なまでの現実感の欠如」

どこか下村被告の起こした事件と相通ずるような気がします。


・・・だから彼女にご執心するのでしょうか。

「荒らし」さん自身、身元の特定をさけるために虚実おりまぜて書き込んでいるのかもしれませんが、

コメントみるかぎり法律に詳しい人とは思えませんが、

裁判マニアのようでもあり、脳内真実だけではなく少なくとも彼女の公判をまのあたりにしている感じです。
傍聴人か裁判員(またはその身内・縁者)でしょうか。


>一審は弁護人が一人(それも東京からの出張弁護人)
>控訴審は4人の弁護団が組まれた。
>一審の判決の違法性を論じる弁護士が手を挙げたのだ!
>中でも女性の見地から量刑判断ミスを訴える女性弁護士が参加していることに意義を感じる。

harmonicaさんとのやりとり、

>実際に面識はありませんが、彼女が生かされている意味をよく考えて欲しいです。
   
彼女は生かされてるのではなく、一時死のうと思ったところから生きようとしてるのです。

>子ども達に見守られる、ことばの表現が、ニュアンスがうまく伝わってきませんね。
>多分、誰かから言われた言葉を間違えて覚えているのか、認識してしまったのでしょう。
     
 表現はヘタでしたが、言わされたのではなく、彼女の言葉です。事実彼女は2人の子供の名前を織り込んだハンカチを握りしめていました。

>子ども達に向き合って逢える時まで、生きることなんでしょうね。
  
 もう逢えないことは彼女はやっと認識できるようになりましたが、やはり2人の子供は心の中に生き続けていると思っていますし、それが生きる証です。
弁護人などから言わされた言葉は一切ありません。

・・・気持ち悪くて吐きそうになりました。

本当だとしたら(ここだけは、うそを書いているとは思えません。「荒らし」さんが攻撃する私ではない別のかたのコメントへの返事だし)
反省はおろか彼女は自分がなにをしたのかぜんぜん理解していませんね。

どうやって生きていけば、ふたりが見守ってくれるのか

の迷言にふさわしく、
自分自身が突然不慮の事故でこどもたちをうしなった悲劇の母
とでも思いこんでいるかのような態度。

ただ自分が遊びほうけたいがためだけに、

生きている相手に対する態度では毛頭無く、

まるで飽きたおもちゃを捨てる以下な無頓着さで

蒸し焼きになりそうな酷暑の時期にライフラインを完全に断ったごみ部屋に

出られないように3才と1才の幼いわが子を閉じ込めて餓死させた、

もっとも残酷な方法で死に追いやった当の本人がよくもまあ。


あたかも彼女の母性を証明するかのように誇らしげに書くほうも書くほうですが、

これでだまされて感動する人がいたとしたら、
かんぺきに彼女と同じ脳みそのお仲間ですね。


事実彼女は2人の子供の名前を織り込んだハンカチを握りしめていました。

って、それがどうしたの?

子供の名前を織り込んだハンカチは、誰がさしいれたのでしょう。

お涙ちょうだいな演出がみえみえの、安っぽい似非ヒューマニズムにしかみえません。



不気味なのは、たかがしょぼい他人のブログに

鬼の首を取ったかのごとく

「死になさい」っていったいった、神仏や裁判所にもそんな権限はないのに
「死ね」っていった、人殺しとかわらないひとでなし♪

みたいにしつこく喰いさがりはしゃぎながら、

そんなにも「死」に敏感でありながら

彼女がなにをしたかという肝心要の認識がすっぽりと抜け落ちていることです。

社会を震撼させる惨い事件なのに、

市井のごくふつうの娘さんとごっちゃにしているかのよう。



そしてもっとも気づかうべきは

犠牲になった幼いこどもたちなのに、

そこは微塵もふれない無関心ぶり。

こどもたちへの思いやりや供養の心は皆無。

絶句するほどの非人間性


あまりにからっぽですかすかな内面。


・・・奇しくも彼女のメンタリティーと共通するので

彼女の存在が「荒らし」さんのアイデンティティーを刺激するのでしょうか。


鳥肌がたつ・・・というより心底とてもおそろしくなりました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


事件・事故ニュース ブログランキングへ

フォト
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

にほんブログ村

無料ブログはココログ