旅行・地域

2020年8月20日 (木)

時を越える愛。

20201_20200823001501

2017年の特集記事、 

60年前に去った残留元日本兵の夫、愛を守りつづけるベトナム人の妻

この翌年、記事の主人公・グエン・ティ・スアンさん
は天に召されました。

ベトナム残留日本兵の元妻、グエン・ティ・スアンさん死去

なんと、『ミス・サイゴン』
の真逆をゆくかたがおられたのだな
と、貧相な感慨もつのもおろかなほど
数奇な運命に立ち向かいつよく生き抜いた
すばらしい女性の一代記に、頭下がる心地です。

第二次大戦後の混乱期を二人で支えあい
4人の子をなし、
夫君はベトナム独立のために対仏抗争を戦った、
しかし1954年フランス撤退ののち帰国命令、
当時の国際規約?のために妻子を連れて帰国することはかなわなかった。

・・・その後の時代の激動、
内戦につぐ内戦やがてベトナム戦争、
ベトナム戦争後の社会混乱
と、スアンさんがどれほど波乱の過酷な人生を生きてこられたか、
察するのみです。

4人目のお子さんをみごもっているときに夫君との別離、
まだ30歳そこそこの若い女性の身で、
子供たちを育て養うだけでも並大抵のご苦労ではなかったことでしょう。

『母はつよし』で、
夫君との幸せな10年ほどの結婚生活の記憶を
生きる支えにして、お子さんたちのためにがんばってこられたのか・・・

勝手な想像ですが、
長年の歳月を、彼を待ち続けるというより
ほぼ未亡人のようなあきらめの心境、
『たとえ今世で逢えなくても、来世ではきっと逢える』
くらいの気持ちでのりこえてこられたのでは
と思います(国家間の体制や政治情勢の激変)。

そしてじつに半世紀が過ぎ、
市場開放政策(ドイモイ)で自由な活気を取り戻したベトナム、
国際交流も盛んになり、
スアンさんの生涯に関心もった日本人ジャーナリストの手引きで
ついに夫君と再会。

夫君は日本で再婚しており、日本のご家族ぐるみで
ベトナム訪問されて再会がかなったようです。
(記事中にみるおふたりのにこやかなツーショット、衣装から察するに『金婚式』祝いでしょうか。)

悲しみも苦しみも、歳月が風化させた。

再会したおふたりの間にあるのは、喜びとなつかしさ、
きっとお互いの幸せを祈る穏やかな慈愛。
(奇しくもベトナムの古典的名作『キムヴァンキェウ』のラストシーンを連想します。)


ベトジョーの記事によれば、
スアンさんの死後、先立って日本で他界されていた夫君のご遺骨はベトナムに戻されたそうです。
スアンさんの遺志を汲んだ日本の夫君のご家族にも、頭さがります。
いま、ようやく
おふたりは決して離れることなく、仲よく
同じお墓に眠っておられるのでしょうか。

スアンさんの夫婦愛の物語を
越日親善でドラマ化してほしいですね。

​​スアンさんは夫が帰国しても再婚することなく女手一つで子供を育てた。

その後、2005年に夫は日本の家族を連れてベトナムを訪れ、スアンさんとの再会を果たした。

スアンさんは毎晩ベトナムの国旗の下に日本の軍服を巻き付けた枕と一緒に眠っていた。​​

 ​夫も既に他界しており、スアンさんの希望で家族により遺骨が4000kmの距離を越えて

ベトナムに持ち帰られた。生前、地元紙のインタビューにスアンさんは、

「一度だけでも彼と再会できたので思い残すことはありません。

過去は過去です。前に進む時が来たのです」と語っている。​


胸にひびく、凛とした言葉。

これほど見事な女性に、生涯愛された夫君もまた
素晴らしいかただったのだろうと合点いたします。

偉大な先人に、ただ誇りと尊敬あるのみ。


人気ブログランキング


本・書籍ランキング

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

2020年7月21日 (火)

歌で綴るベトナムと日本のかけはし。

youtubeでぐうぜんみつけました。
ベトナム人歌手の​ハイチュウ​さん。

日本で活動しているかたのようです。

在日ベトナム人歌手、「手紙~拝啓 十五の君へ~」をベトナム語でカバー​​

海外で歌われる日本の歌謡曲は、
まったく異なる歌詞に置き換えられることが少なくないと思いますが
(逆に海外の曲を日本語で歌う場合もしかり)、
かなり忠実な直訳されているみたいですね。

高校生たちの動画も初々しくてすてきです😊。

ベトナムに日本の曲を紹介するとともに、
ベトナムの名曲もたくさん日本で歌ってほしいと希望します。
今後いっそう活躍してくださいますように。

いつか、ライブで拝見したいですね。
ハイチュウさんの​フェイスブック​。


人気ブログランキング


本・書籍ランキング

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

2020年6月11日 (木)

ハノイの画廊で。

モンパルナスふうな風景画が多いなかで、
この人物画に惹きつけられました。
2_20200619155301
花束を抱えるアオザイの乙女??

イエローを基調にした光と影の表現が
いわく言いがたい美しさ。

旅行中でいつにもまして落ち着きがない(笑)ので
ほしい!
と舞い上がりましたが、

とても私ごときが購入できるお値段ではなく(笑)、
搬入の手間かけて
わが家に運びこんだとしても、
お迎えできるスペースがない
・・・ので、たちまち夢は水の泡。

ほしいものなんでも、
価格表みずにすいすいと大人買いできる身の上になりたい😍
・・・と願いながら、
そのまま一生を終えるのでしょうが(笑)、

たくさんの夢を心にもてるのは
素敵なことです😊(と、まけおしみ😂)。


人気ブログランキング

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

2020年5月 3日 (日)

過ぎし日の仏領インドシナ・サイゴンの夢。

古写真がみれる写真集や書籍はなかなか見つからないのですが
(もしかして日本語だから??😅😂)
検索すると昔日の興味深い動画
がたくさん出てくる、ネット💻は便利です。
(がんばって、ちょっとはベトナム語もよめるようにならなきゃ😂・・・)

 


100年前の映像と銘打たれていますが、
もっと新しく、せいぜい1930年代前後のような気がします。

自転車にまじって牛車、人力車。
今ならバイクの洪水にタクシー🚖?
しかし、道路は現在よりずっと綺麗に舗装されているような、ふしぎふしぎ😲。

手元にある新書サイズの古書『佛領印度支那』(南進社刊・1941年発行)
の口絵から(以下・同)、

1a
華僑の本拠チョロン中央市場の偉観
・・・とあるけれど、これはベンタイ市場?
佇まいは現在も面影かわらないけれど、市電が走っているあたり
21世紀現代より交通べんりだったりして😅。

2_20200507221301
安南人のアマと街頭風景
この​アマ​は、ベビーシッター、御守役でしょうか。
西洋人形のように愛らしい、フランス人のこどもたちにかしずくアマ、
現代はみられなくなった光景ですね。

 



1940年代の希少なフィルム。
国際都市サイゴンはますます発展して、
ハイセンスなファッションに身を包んだ女性たちが闊歩する。
賑わう波止場、繁華街。
モボとモガが突撃する建物はプレスルーム​。 

 





こちらは1900年から1945年と時間に幅のある動画。
王族らしき高貴な人々
から
労働に従事する一般人、
支配階級であるフランス人とおぼしきヨーロッパ系の人々の優雅な日常、

動画のラストあたりには
仏印進駐する日本軍もちょっとだけ登場。

 


コロニアルの夢はロマンティックだけど、
現地の人々にとっては過酷な日々のみ。

『佛領印度支那』には
「フランスはこれだけ天然資源の豊富な土地と二千三百萬の住民を支配してをりながら、
その支配に値する経済開発を行い住民を幸福にすることには少しも骨折っていない。
それどころか、常に経済開発を妨げ資本も技術も自国だけで独占し、住民は厭抑して文化的向上の 
芯を止める方策をとっていたのである。恰もイギリスの印度における如く、佛領印度支那は
フランス人に滋養物を供給する乳牛以外の何物でもなく、その搾取ぶりは一層苛烈であった。」
と、あります。

いっぽう、現地人について、
「・・・安南人は質素勤勉で一般に教育を尊び、社会各層を通じて読書、詩舞、音楽の趣味深く
上流者はかなり発達した藝術的情操をもっているが、一面には詐り多く賭博を好む悪風を有し一般に
経済観念に欠けている。男女ともに喫煙を愛好しキンマを噛み阿片を吸い・・・」
と、いささか相反する評価😅。


2015年に宝塚歌劇で上演された​『舞音-MANON』
は『マノン・レスコー』を仏領インドシナ時代のサイゴンで
フランス軍青年将校シャルルと踊り子マノンの悲恋におきかえた作品ですが、
宗主国であるフランス人男性の現地妻となったベトナム人女性のかなしいエピソードは
めずらしくなかったのかもしれない・・・と過ぎ去った時代が偲ばれます。

『舞音-MANON』/『GOLDEN JAZZ』


人気ブログランキング


本・書籍ランキング

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村


2020年5月 1日 (金)

過ぎし日の仏領インドシナ。

モーリス・シュバリエやジョゼフィン・ベーカー
が歌ってロングヒットになったシャンソンのエキゾチシズムあふれる名曲🎵
プチ・トンキノワーズ​(邦題は『かわいいトンキン娘』)。

トンキンとは現在のベトナム・ハノイ近郊のトンキン湾一帯のエリアをさすといいます。



ネットでみつけた『トンキノワーズ』の楽譜の貴重な表紙、​ここ​と​こちら​。
あらら? なんだかジャポニズム😅??

トンキン=日本の東京
と混同されたのかしら。

トンキノワーズの楽譜の初版発行は1906年、

プッチーニのオペラ『蝶々夫人』初演が1904年、

川上一座のマダム貞奴がヨーロッパ巡業で大当たりしたのが1900年から翌1901年
と時間軸が近く、

東洋の神秘が欧米人を魅了したので
こんな可笑しな誤解もあっても不思議ではないのかも。

というより、20世紀初頭の帝国主義の時代。
日本もベトナムもその他東南アジア地域も、
西洋列強にとっては区別のつかない、とるにたらぬ存在だったというべきでしょうか😢。

トンキノワーズの
詞もメロディーもうつくしくロマンティックなだけに、
いっそう切ないですね。

アルベールカーン
当時の仏領インドシナを撮影したコレクションのなかの有名な1枚。


191578
1915年、ハノイにて
螺鈿の屏風はじめ麗々しくかざられた装飾品
を背景にしどけなく横たわる美しい女性。

(『アヘンを吸う女』とタイトルついてるけど、パイプや小道具が手前におかれているだけで
実際に吸引しているわけではない、なんだかポーズをとるモデルに近いような😅。)

・・・これぞまさしく、ラ・プチ・トンキノワーズかも。
とみとれてしまいます。


1915911
カーンコレクションから、
やはり1915年、ハノイ近郊で阮朝の高級官吏を撮影したとされるきらびやかなショット。

(・・・バックで見物している大人やこどもたちがにぎにぎしい😅、
なんだかわが国で、決めポーズで武士や芸妓を撮った幕末明治の古写真を連想してしまう、
してみるとこの高官さんたちもコスプレ?とかんぐるけど、いずれにせよ100年前の貴重な写真。)



もうもどらない時代の瞬間をきりとった
ふるい写真は大好きで、
もっともっと見たい!
・・・のですが、私自身の知識と経済力(苦笑)不足で
なかなか見つかりません。

がんばって、発掘したいなあ。

奇跡の映像 よみがえる100年前の世界


本・書籍ランキング


人気ブログランキング

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村



2019年12月 8日 (日)

ふるさとはダナン。

9_20191215094601 ベトナムの青年はダナン出身、
日本の国立大学に留学して就職、足掛け10年ほどを日本で過ごしたヤングエグゼクティブ。
おととし、お父さんがダナンに旅行したとき
偶然一時帰国していて、ガイドをひきうけてくれたのがご縁で知り合いました。
今回転職したのをきっかけに、
ダナンに新設される工場の管理職に就任予定で
いわば凱旋帰国?
(新婚の美しい奥様と1歳のお嬢さんが待っている。)
2_20191215094701
急速な発展とげるベトナムの新興都市ダナン、
国際都市としても、重要な拠点。

凄い好青年です。
人当たりよく、礼儀正しく、
だしたものはきちんと食べる
(お父さんみたいに、肉やフライは家族のぶんまでぶんどるくせに
野菜のおかずはそっくり残す(>_<)、なんてことしない)。
ベトナム人の男性にしてはめずらしく煙草も吸わない。
毎晩、スカイプで奥様とコミュしている(ベトナム人は家族をとても大切にする)。

彼も
お父さんがベトナム語を教わっている才媛のゴック先生も、
ベトナムの若い人たちは
かつての日本のような終身雇用の企業奉公・定年後は年金生活でゆうゆう
(ニッポンでも、この安定した図式は過去のものとなりつつあるようですが(^_^;))
という意識はなくて、
より良き条件なら転職とうぜん、
生涯を勤務先にささげる気は毛頭なく
いずれ好機あれば独立起業
の青写真をえがいているようです。
夢かなえてほしいですね。

ともかく私は、せっせと下宿のおばさん(笑)をつとめました。
本社の多忙な研修期間を
後顧の憂いなく集中できるように
そうじ、洗濯。ごはん。
贅沢はできないけど、栄養よく美味しいものをと。
(おおげさですが)日本や、日本の一般家庭に
できるだけ良い印象もってほしい。

・・・残念ながら、こちらが願うほど効果ないかもしれない(^_^;)、
ベトナムの女性は、そんじょそこらの日本人がかなわないほど
働き者でかいがいしいときいていますし、
都市部では屋台でいくらでも安くて美味しいもの食べられるし(^^ゞ。

帰国すれば、日本語堪能で留学経験ある理系エンジニアの彼は
トップエリート、
物価のちがいもあるので
さしずめ日本でいうところの『年収○千万円クラス』に該当するかと。

彼がぶじ帰国したあとで、
お父さん「しまった、下宿代ふんだくればよかった」
やあねえさもしくって(>_<)。
1_20191215094701

そのかわり、一族の有望株である彼には
家族の義務ものしかかってくるのでしょう
(双方のご両親とごきょうだいその他)。

日本では、基本的に
結婚すれば
配偶者とお子さん
のみが家族なのですが

ベトナムでは(というよりアジア全般?)
最も甲斐性ある人物に一族郎党?がぶらさがってくる
のがまだ当たり前の感覚があるようです(どこまでか、具体的にはわかりませんが)。

ともあれ、お父さんが来越したときは、
よく面倒みていただけるのかなあ、かたじけないm(__)m
(・・・あまり日本人の恥をさらさないでほしい、
私はとてもとても、お父さんほどずうずうしくなれません(^_^;))。


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

2019年8月17日 (土)

ホーチミンのフォー。

ホーチミンで、ガイドのハンさん(大学で観光学専攻)に
フォーの美味しいお店に連れて行ってもらいました。
3_20190822164201
エスニックブームで
日本でも有名になったフォー(米粉のうどん)、
いまやホーチミンはラーメン店が少なくなくて
日本人のお客でにぎわっているそうですが
(麺を食べる文化は共通?)、
本場でいただくフォーはさすがに格別でした。

フォー専門店とはいうものの、
そっけないほど簡素な食堂の店構えは
(残念ながらまだいったことはないのですが)
香港の小食店もこんな感じかなあ・・・
となつかしい気分にひたりました。
1_20190822164201
おかわり自由で取り放題のもやしとハーブがヘルシー?
4_20190822164201
辛すぎず甘すぎず、
野菜や果物と肉や魚のバランスがよく
中華とフレンチと地元の味覚が
ほどよくミックスされたベトナムのあじ
は日本人にもなじみやすいと思います。

2_20190822164201
頭上でまわる扇風機がレトロ、
暑いなかで汗をかいて
熱々のフォーをいただくのは
なかなかでした(^^)。 



人気ブログランキング

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

2019年7月25日 (木)

ウィンドウショッピング(笑)。

OSKの帰途、ふらふらと
京都四条の有名服地店『​ノムラテーラー​』へ。

20191_20190802224501 高級服地コーナー、リバティープリントもむろんすてがたいのですが
今回みとれたのは、シルク。 

タイ、ベトナム、カンボジア、インド・・・
どこの名産もすばらしいけど、
やはり国産にがんばってほしい、
一般人が好んでバラエティーに富んだ国産シルクを着て楽しめるようになってほしいな
と願います👀。 

20192_20190802224501
すてきなお値段。
素材からいって、決して割高ではない
・・・と思うのだけど、メートル数千円で
資材や裏地もそろえて
スーツやドレスに仕立てておいくら・・・
と妄想しただけで気が遠くなりそう(苦笑)。

シルクや綿ローンにかぎらず、
ワゴンセールの格安のはぎれでも、
ファストファッション隆盛のいま現在では
むしろ既製品の衣類より高くついたりしますね。時代はかわった・・・

それでも
みているだけでうっとりしあわせな気分になる、
夢をよびおこしてもらえるのは、とてもうれしいことです(^^)。


人気ブログランキング

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ソーイング(縫い物)へ
にほんブログ村

2019年5月15日 (水)

大阪市中央公会堂にて。

大阪が誇る(笑)重要文化財、中之島の​大阪市中央公会堂​。

1_2 2_2  3

さ る4月26日に、
はるばる長崎の佐世保より
​歌劇ザレビューハウステンボス​の​公演​が開催され、
運よくチケットが取れたので
若い友人のトゥイちゃんと、
ベトナムから来日したトゥイちゃんのお母さま
を招待しました。

 

(明るくてあたたかい人柄の、とても素敵なお母さまでした。)

 

長崎の坂本龍馬がメインテーマで
言葉のわからない外国のお客にはいきなりちんぷんかんぷん
かと心配だったのですが(実際そうにちがいない(^_^;))、

 

ジェンヌさんたちの華やかな歌とダンスのレビューで
おおいに楽しんでくださったようで、よかったです。

 

 

トップスターの伊織はやとさん、
豪放磊落な龍馬も
後半のレビューの貴公子も、ピタリと決めて観客をうっとりさせてくれるところは、さすが。

 

メンバーはちがえど
4月2・3日のクールジャパンパーク大阪公園では
レビュー『蝶々夫人』公演もあったようで、うーんこちらも観たかった、
ソフト化してほしいなあ。

 


人気ブログランキング

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

2019年2月14日 (木)

ホーチミンの教会。

2 私どもが訪問したとき、有名なサイゴン大聖堂は、全面改修中でした・・・。


3 ふだん、教会関係者や信者のみなさんがつかっているらしき礼拝堂。
天井高く風通しがよいために
外の暑さにくらべて涼しく快適。

おごそかな静けさ。
建物も新しい。

ベトナムは、信仰、宗教自由
(仏教徒がいちばん多く、道教の寺院もあります)。 

1_2 大きな声では言えませんが、
ええかげんな社会主義じゃのう
(まあ、真面目な全体主義がいいとも思えませんので、ほどほどがいちばん)。

4 教会を出て真向かいに、瀟洒な建物。
学校かなと思ったら
ガイドのハンさんいわく
「キリスト教関連の本屋さん」なのだそうです。
 
7 宗教関連の書籍のみならず、クリスチャングッズがずらり。
家庭や教会に掲げる聖画やロザリオ、おメダイ、司祭服までなんでもそろいます。

5 1Fのめもあやな聖杯? コーナー。
今回私がベトナムで拝見した中で最高級品。
信者であれ地元の一般のかたが買えそうにないお値段で、
法人格でなければ購入するのは旅行者でも糸目をつけないお金持ちですね
6 純金かしらん。左から、
6070万ドン=約28万9048円、
5880万ドン=約28万円、
4600万ドン=約21万9048円。

うーん。確認するすべはないけど
ほんものの24金なら、ちょっとほしいな
(いずれにせよ絶対にとても買えませんが(笑))。
『坊主丸儲け』などと下世話なことばが思い浮かびました。
主よ、信仰なきあわれな下賎の民(わたし)をお許しください。



人気ブログランキング

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
フォト
2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

にほんブログ村

無料ブログはココログ