書籍・雑誌

2024年1月31日 (水)

思い出せば、せつない。

全国指名手配されて
逃亡半世紀のすえに
亡くなった元テロリストらしき人物、

身元証明できないので口座も持てず
生活保護もうけられなかったのですね。

真相明かすことなく

偽名で正体を隠し通す潜伏生活・・・

この人とケースはちがうのでしょうが、
久しぶりに
『カリスマ主婦』の山崎えり子さん
を思い出しました。

節約本の著者・山崎えり子にびっくり・・・!!

山崎えり子

大昔(笑)の拙日記より。
ベストセラーの闇(駄)。

2005年に『カリスマ主婦』逮捕
の第一報きいたときは、てっきり「脱税かな?」と思いました(失礼)。

結局、なんだったのか真相はわからず・・・

20243_20240203114301 20244_20240203114301 2006年婦人公論7月22日号
に掲載されたご本人の手記でも、
指名手配犯と決めつけられた警察の誤認逮捕で人権侵害されたこと、
頼る親もない不遇な境遇で薬物依存の親戚に搾取されたり
本を出版してからも反社組織の人物に嫌がらせされたと
ご自身の不幸は縷々と述べておられるにもかかわらず
なぜ身元を隠すために戸籍まで偽装せねばならなかったのか
という核心にはいっさいふれておられませんね。

相当なタブー
(えり子さん個人の問題というより、マスコミが隠蔽する社会の闇部分に抵触?)
があるのではとうたがってしまいます。

想像の域を出ませんが、
親の代からの密入国者で
親戚も皆、非合法な手段で戸籍を手にいれたりいれなかったり
とか???

・・・ともかく、逮捕されるまで
私、このかたのファンでした。

簡素で無駄なく物を使いきり生かしきる、美しい暮らし。

彼女が元祖ではなく、ルーツは戦前の主婦雑誌から
21世紀現在の『婦人の友』や『暮しの手帖』まで、脈々と
受け継がれている感じです。

『公務員の仕事でドイツと日本を数年往復して
ドイツ人のシンプルでむだのない生活に感銘うけた』
のがうりでしたが、

経歴はすべて嘘で
海外渡航したことは無く
とうぜんドイツと無関係だそうで、
にもかかわらず
(さすが、ドイツ仕込み)
と読者を納得させる文章力、ハイスペックには
脱帽せざるをえません
が・・・

202412 わが愛読書(笑)、
『山崎えり子のシンプル節約生活へようこそ。』(2005年・主婦の友社)

『あなたも家事上手に』〈1〉~〈3〉(1983~86年・婦人之友社)

202410 202411 家族でドイツに数年駐在した
『友の会』会員と思われるかたの記事が掲載されています。

キーワード『ドイツ』がどこから出てきたのかと思ったら、
このあたりからパクったのでしょうか
20248_20240203114401 (そのほかの、食材をむだにせず美味しく使い切るくふう
や、厳選した道具を機能的につかいこなすテクも)。

私、この『​シンプル節約生活へようこそ​』
は大好きで、いまも愛読しています。

20247_20240203114401最高級品にかこまれたゴージャスなセレブリティライフ
ではなく、
ふるくからある「良いもの」を実生活で役に立てながら
センス良く、すっきりと心地よいスタイル。

20245_20240203114501 20246_20240203114401 彼女の『愛用品』、どれも素敵なのですが
エシカルでサステナブル、
ハイクオリティーでハイセンスなライフスタイル
を体現するために

(実家からもらってきた~)
(母からゆずりうけた~)

と称して
わざわざ
古物商やネットオークションで
それらしき中古の逸品をコレクターしたのかと
想像すると、なんだか悲しくなります。

火鉢や柱時計はともかく、
いまもつかえる昭和中期のナショナル電気炊飯器
なんて、どこでいくらで手に入れたのでしょう
(保温機能付きの現在の炊飯器のほうが、ずっと割安だったりして?)。

余談ですが、
『愛用品』中に
『母(または祖母)愛用の足踏みミシン』
が入っていないのは、ちょっと残念でした(まったくよけいなおせわなのですが💦)。

ハイブランドではないけれど
愛用している年代物の上質な食器リストアップ
(は、もしや向田邦子さんのパクり?)
されているので、彼女は、やはり
『被服』より『食物』『栄養』系の人なのかなと。

もし逮捕がなければ、いずれ
『母愛用のミシン』
(シンガーミシンなら戦前のスコットランド製ではなく、
さりげなく(笑)戦後の国産191Uあたり、
またはジャノメやブラザー、三菱やリッカー等の国産品、
ただし黒ミシンにかぎると想像)
も登場したでしょうか、見たかった。

富裕層(実際の彼女は当時まちがいなく富裕層だったと思いますが)
でない、ごくふつうの(いわばアッパーマス?)
つつましやかな、
けれどもほんとうに自分のすきなものにだけかこまれた
品の良い暮らし
が、正体を偽って生きる彼女の
理想形だったのでしょうか。

彼女の片棒かついだ
(同情的な表現すれば、彼女に運命狂わされた?)
内縁の夫さんは、現在どうしているのでしょう
(えり子さんの著書によれば、高専の先生で、事故で足が不自由)。


O0640064014061175405 うちの主人は
「俺はカーチャンの正体を知ってる、
わが家のトップシークレットだぞ」
とわけ知り顔に申しますが😅、

なにはなくとも
「隠し事の無いごくふつうの平和な日常」
こそ、ありがたく清々しいことを痛感させられます。

山崎えり子さんが現在
どこでどうなさっているかはわかりませんが
(彼女がおっしゃることが正しいならば、今年還暦)
どうかお元気で
平和におだやかに生活しておられることをねがうのみ。


追記、

20241_20240203114301 『ゆうゆう』2005年12月号より
えり子さんの自宅突撃インタビューにて

掲載されているセイコーの置時計、

(見出し)ドイツ人の生活にならって
ものを大切にする生活を実践

「私が生まれたとき、両親が出産祝いのお返しにした時計です。
現代のものにはないツヤや重みが気に入ってます」
・・・との、えり子さん談。

同じ時計・・・わが家にあります!!😂😂🤣🤣

202413 1985年ごろ、
なき父がお祝い事に招待されて
結婚式の引き出物に戴いたものです。

げらげら😆😄。

人気ブログランキング
人気ブログランキング

本・書籍ランキング
本・書籍ランキング

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

2024年1月 5日 (金)

篠山紀信さん。

元日のショックさめやらぬなか、
訃報に驚きました。

まぎれもなく日本を代表するフォトグラファー
のおひとりですね。

篠山紀信​さん
といえば、時代を彩る美女たち
を美しく撮ったカメラマン
というイメージつよいのですが、
多岐にわたる膨大なお仕事されているようで、

20241_20240106143801 いま手元にある本、
『シルクロード』。
文庫なので写真が小さくて残念😅。

20242_20240106143801 こちらは狂王ルートヴィヒとよばれた
ルートヴィヒ二世のお城にまつわる写真集。

ともに1983年刊、
当時の篠山さんは多忙をきわめつつ
写真家として最もお仕事充実していた時期だったでしょうか。

20244 20243 『王の夢』一部から。

20245 居城に『ニーベルンゲンの歌』名シーン
の壁画も多数あるようです。

個人的には、篠山さんが撮り続けた
若き日の坂東玉三郎さんの艶やかな舞台写真
たくさん拝見したいなあと思います😊。

ご冥福心よりお祈りします。

本・書籍ランキング
本・書籍ランキング

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

2023年12月25日 (月)

愛と許しと癒しの日。

O・ヘンリーの名作『​賢者の贈り物​』。
クリスマスの定番といえるハートウォーミングなストーリーです。

『若草物語』のオープニングに、
南北戦争下で従軍牧師のお父さんの留守家庭を守りながら
クリスマス🎄なのにゴージャスなプレゼント🎁もないことを嘆く
四人姉妹が、お母さんにうながされて
もっと貧窮した病人の大家族のもとに朝食を差し入れに行って、
すがすがしい気持ちに充たされるエピソードがありました。

おなじく『若草物語』のクライマックスで、
戦地で病にたおれたお父さんの看病に行くお母さんの旅費をつくるため
次女のジョーが自慢の美しいロングヘアを換金するエピがありましたが、
もしやO・ヘンリーはここから着想得たのでしょうか。

事件解決ののち、

​「いまは罪を赦すクリスマス🎄の時期だよ」​

と言って、あわれなコソ泥をみのがしてやるホームズ先生
の、『​青い紅玉​』。

私は残念ながらクリスチャンでもなんでもなく
無信仰な俗物(笑)ですが

『愛と赦しと癒しの日』であるクリスマス。

というコンセプトは、心にしみます😁😄。

願わくば
ウクライナはじめ世界各地の戦争、内戦、紛争
が、すみやかに終息しますように。

人気ブログランキング
人気ブログランキング

本・書籍ランキング
本・書籍ランキング

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

2023年12月12日 (火)

誕生日プレゼント。

2023_20231212213901 「お母さんの誕生日プレゼント🎁」
と、娘がくれました。ありがとう😀😄!

シャーロック・ホームズとジェレミー・ブレット

2023年11月30日新刊、

原著の出版は2020年。

ジェレミー・ブレットさま没後4半世紀以上経っても、

グラナダ版ホームズの根強い人気を実感します。

・・・ちなみに
第一シリーズでワトソンを演じたデビッド・バーク
の息子さんのトム・バークは

やはりNHKで放映された『マスケティアーズ パリの四銃士』アトス役、
『戦争と平和』ドーロホフ役
でわが国でも知られる、実力派俳優として活躍なさっていますね。

時代の流れを感じてしまう😃🙂・・・

そういえばNHKで
ジェレミー・ブレット扮するホームズ先生
の吹き替えではまり役だった露口茂さん、おげんきでしょうか😃。

これから楽しみに、じっくり読もうと思います😊。


人気ブログランキング
人気ブログランキング

本・書籍ランキング
本・書籍ランキング

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

2023年11月24日 (金)

追悼・伊集院さん。

伊集院静さん​の​訃報​。

がん公表からあまりにはやいお別れに、悄然とするばかり。

酒と賭博と、女性たち
を愛し愛され・・・
なき父が「良い文章書くねえ」
と、高い評価していました。
私、いつものことながら(恥)「遅れてきたファン」
になってしまうかも。

今年は(毎年なのでしょうが)、
時代をつくったみなさまの訃報が殊に多いような、
自分自身の「老い」をも実感します。

20231_20231125223501 いまは天上で、夏目雅子さんや色川武大先生とも
再会よろこんでいらっしゃるでしょうか。
20232_20231125223501
直木賞受賞も経て30年以上、
終生の伴侶となり作家生活を支えた
奥様の篠ひろ子さんの心境お察しするのみ。

ご冥福お祈りいたします。

本・書籍ランキング
本・書籍ランキング

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

2023年10月31日 (火)

ハロウィンのたのしみ?

図書館で予約して、借りてきた本😊。

私どもの居住する市の図書館は、大幅な蔵書の整理(断捨離?)
なさっているのか、他市からの取り寄せが多くて・・・
他市お取り寄せだと、待ち時間長く、貸出期間延長できないデメリット
もありますが、いつも図書館にお世話になってる身(笑)
としては、感謝こそすれあまり文句はいえません。

20231_20231101085701 昭和57(1982)年刊。
このチープ感(笑)は、昭和後期のレトロかも😍😍。

著者の佐藤有文さん
は、雑誌『ムー』でも活躍なさったオカルト研究家
で、名著『​世界妖怪図鑑​』とか、好きだったなあ💗。

20232_20231101085701 ルルドの泉と聖ベルナデッタ。


20234_20231101085701  『シャーロック・ホームズ』原作者で、医師でもある
コナン・ドイル先生が幻惑された『妖精事件』。


20233_20231101085701 『呪いのダイヤ』。
子供のころ(いまもだけど)、高価な宝石などとは一生無縁と思っていました。
いわくありげな逸品(ジュエリーにかぎらず)の
ひめられたエピソード、たくさんあるのでしょうね。


20235_20231101085701 『吸血鬼ドラキュラ』のモデルとされる
ワラキア公国のドラクル公ヴラド・ツェペシュ。

笑い話同様、
世界の怖い話・怪奇もの
も、とてものどかでなつかしいですね。

 


人気ブログランキング
人気ブログランキング

本・書籍ランキング
本・書籍ランキング

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

2023年10月19日 (木)

太宰の『新ハムレット』。

​​​​​青空文庫​で、全文が読めます。

上演もされているんですね!

youtubeにあげてくださっているのを

拝見しましたが、いや面白い!

演じるみなさまの巧みな語り口に、

げらげら笑わせていただきました😂😂🤣🤣。


どこがどう面白い?

と聞かれるとぎゃくに困りますが・・・

このおもしろさは落語だなあと思いました。

・・・落語というのは、文章で読むと
登場人物をひたすら小馬鹿にする内容で
なんじゃこりゃあ😵😵
となるらしいのですが、

噺家さんの軽妙な話術にのせられると

げらげら🤣🤣😆😂

大笑いがとまらなくなってしまう、その感覚に通じるなと。

といっても、何人もの登場人物が亡くなってるし、
ユーモラスとニヒリズムが混在しているさまは、やはり太宰。


『​小人閑居して不善をなす​』

を地でゆくような、

懐かしい昭和のホームドラマ、

家庭内悲喜劇を観ているごとき

くすぐったさ(発表されたのも昭和16年)。

このハムレットは、

『斜陽名家の、ひねくれたアホぼん😷』​

にしかみえない、若き日の太宰ご自身を投影しているとされるのもうなずける。


インテリだけど頭でっかちで

甘ったれた反抗的な若者

を取り巻く、周囲のドタバタ悲喜劇

(とはいっても、じつはハムレットがいようがいまいが

みなそれぞれ思うところあって逡巡している、それをみぬいている

ハムレットはいっそういじけるという悪循環🙄)。


シェイクスピアの原作通り

なのは、クローディアスの先王暗殺?

のみで、

実はその場面を目撃していたことをポローニアスに仄めかされた

クローディアスは動転のあまりポローニアスを殺し、

先王が亡くなった原因を聞きポローニアス刺殺

を覗き見てしまったガ―トルード王妃

は錯乱して入水自殺、

さらにノルウェー軍がデンマーク領に攻め込み

戦争が始まる

(ハムレットがずっとうじうじしているあいだに)。

 

動画とは別バージョンですが

最近も​舞台上演​されているようで、

これは、再演されたら拝見したいなあ😍。

衣装デザイン​もおもしろい🥰。

 

パクリ、

パロディ、

戯作。


表現はさまざまですが

面白いものは面白い、つまらないものはつまらない。

そして面白いものならば

偽作・戯作とわず

たくさん拝見したいです。

​​​​​

人気ブログランキング
人気ブログランキング

本・書籍ランキング
本・書籍ランキング

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

2023年10月13日 (金)

13日の金曜日。

20191_20231013223101 本日は13日の金曜日です。
そして今月は10月で、ハロウィーンのイベントシーズンでもあります。

夕方に、図書館に
今日が返却期限の本数冊返しに行き、
新たに学研の怪奇ミステリー本(児童向け)(笑)
の予約お願いしてきました。

まくらもとに、
日本やヨーロッパ各地の
怪奇民話や伝承ミステリーのたぐい
を積み重ねて、秋の夜長(笑)をゆっくり、楽しみたいです。

現実に、奇怪な恐ろしい事件が次々発生し、
世界各地で紛争や内戦が絶えないなか、

のどかな怖い昔話や懐かしい怪談を愉しめる
とてもしあわせで恵まれた環境
(貧乏でお金は、ありませんが😅😅)
にあることに、感謝ばかりです。

人気ブログランキング
人気ブログランキング

本・書籍ランキング
本・書籍ランキング

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

2023年10月 5日 (木)

『あわれ彼女は娼婦』

2023_20231013154501 図書館で借りてきました。
原作者ジョン・フォード版『ロミオとジュリエット』
というべき『​あわれ彼女は娼婦​』。

イタリアのパルマを舞台に
近親相姦の禁忌を犯した兄妹の純愛と悲劇
なのですが、
小田島雄志先生の名訳で、とても読みやすかったです。

なんでもあり
にみえる21世紀現在でも数少ない恋愛のタブー、
ましてや17世紀の発表当時はセンセーショナルだったと思われますが、
主人公たちをとりまく周囲のドロドロ感が半端なく
逆に愛し合う兄妹が純粋で清らかに浮かび上がってくる不思議。

求婚者たちのあらそい、
恨み多きソランゾ卿
とまちがえて罪もないヴァーゲット
を殺害したグリマルディ
は貴族で枢機卿の縁故であるがゆえに
罪の裁きもうけず
ローマに送還されただけにとどまり、

コキュにされた復讐のために、恋敵をおびきよせてだまし討ちするべく
ソランゾが催した宴の席は血で血を洗う死闘の修羅場となり
結果ソランゾもジョバンニも討たれ
(愛する妹のアナベラは饗宴の直前にジョバンニに心臓を一突きされて
永遠の眠りについているので事実上の心中?)、
それぞれの財宝は枢機卿が没収して
ローマ教皇庁に寄進することを宣言して幕。

なんとも無残な悲劇の結末ですが、
これは腐敗した?カトリックの本拠地ローマ教皇庁に
対するあてこすり
および英国国教会に媚びへつらっているのでは
とかんぐってしまいます
(エリザベス女王の父・ヘンリ―8世がお妃を次々とりかえるために
離婚を許さないカトリックから離脱して設立したのが英国国教会😅😅)。

兄妹間の熱烈な禁断の愛と妊娠
をカモフラージュする当て馬として
アナベラが結婚を了承したソランゾ卿は
この点ではまったく被害者なのですが、
あろうことか婚礼の席で
かつて自分がもてあそんで捨てた人妻に旧悪をばらされる
失態あり、
みずからの不行跡はたなにあげて
コキュにされたことに怒り狂い
新妻を責めさいなむモラハラ夫
で、あまり同情できない不遜な人物に描かれている
のは劇として上手い、

その従者でスペイン人のヴァスケス
は非常に有能で忠実な召使としてキャラが立っており
人妻と相通じるとみせかけて主人を毒殺から救ったり
アナベラの乳母を篭絡して
お腹の子の父親を探り出したりと大活躍。

これは舞台観劇したくなる、

憎らしい悪党か、
主人に誠をつくす忠臣か、
その両方か、
ヴァスケスを演じる俳優さんの表現によって
ずいぶん印象が変わりそうです。

1961年にあのルキノ・ヴィスコンティ演出でパリで上演されたときの主役は
当時婚約中だった
若き日のアラン・ドロンとロミー・シュナイダー。
文字通り花も色褪せるほどに、美しい御二方だったことでしょう。

1971年にはシャーロット・ランプリング主演で
『​さらば美しき人​』の邦題で映画化されています。
残念ながら今のところネット配信はないようですが
ソフト化されていて​DVD​は手に入りやすそうです。

いつかみたい
のですが・・・

きっと映画版は悲恋に重点がおかれて、
ソランゾ卿の従者ごとき脇役は登場しないかもしれませんね😅。

 

人気ブログランキング
人気ブログランキング

本・書籍ランキング
本・書籍ランキング

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

2023年9月29日 (金)

『うたかたの恋』をめぐる妄想(駄)。

​・・・気づいたのですが、ルドルフ皇太子とマリー・ヴェッツェラ
の交際が始まった1888年は、まさしく19世紀末。
英国ではヴィクトリア朝時代。
架空ですが、あのシャーロック・ホームズが
活躍した同時代ですね。

おはずかしいですが(苦笑)私はトンデモとナンセンス、
通常だとありえないような
無関係な組み合わせ(駄)が大好きです😅😅。

ここからまったくの妄想ですが・・・

『うたかたの恋』の真相究明するホームズせんせいなんて、いいなあ😍😍。


----------------------------------------------
オーストリア・ハンガリー帝国政府から極秘の依頼をうけ、
マイヤーリンク事件の真相を捜査するホームズ。

浮かび上がってきたのは
帝国打倒の数々の工作活動、
急先鋒のボヘミア独立運動家は皇太子を担ぎ上げ、
親ユダヤの皇太子を利用してユダヤ資本から莫大な活動費
を享受していた。
いっぽう、やはりユダヤ系資本と結託した
皇太子と親交深い反政府活動グループは
革命遂行のあかつきには、ほかならぬ皇太子殿下を
共和国初代大統領に就任させると誘う。
しかし皇太子の逡巡や考えの甘さもあり、グループの計画は頓挫。
あまりにも多くを知りすぎた皇太子は、口封じに・・・

・・・秘密裏に
テロ首謀者たちが処刑され組織が壊滅したのち、

不幸な老皇帝は
謁見したホームズにお礼を述べ、うちとけて語り合う。


老帝・・・そなたのおかげで、

わが帝国も今しばし、生きながらえることが出来ようぞ

 

ホームズ・・・恐れながら陛下、より巨大な原動力がふたたび、

みたびと出てまいりましょう。

時代は激しくうごいております。

われわれはいやが応もなく、その傍観者とならざるを得ません


老帝・・・君もそうか。

余とともに、つかの間の残照の中に佇んでいるのだな

 

カッコいい😆😆😆!!(←自分で書きながら恥ずかしい😖😖)​

こんな設定のパスティーシュ、
既存か
もしくはどなたかが発表してくださらないかなあ😃😃。

ぜひ挟んでほしいエピソード、

マイヤーリンクの現地調査で、
暮れなずむ夕空に、

2023_20230930113101 美しいマリー・ヴェッツェラの幻影をみるホームズ先生、

思わず独り言つ。


「ひとは花のごとく散る・・・」

「なんと儚く、彼女はうつくしい生命を散らしたのか」

 

・・・原作のシャーロック・ホームズせんせいは
恋愛に全く関心が無く、
科学と論理的思考の権化のように思われていますが
原作の連作短編を数々読んでいると、どうしてどうして
決してその心は木石ではなく、ちゃんと人情味を解する人格者でございます😊。

お粗末な個人ブログの妄想(爆)、失礼いたしました。


大好きなグラナダTV版オープニング、

ガラケー時代は、携帯の着信音にしておりました💗。

人気ブログランキング
人気ブログランキング

本・書籍ランキング
本・書籍ランキング

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

より以前の記事一覧

フォト
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

にほんブログ村

無料ブログはココログ