書籍・雑誌

2018年11月 8日 (木)

『君は薔薇より美しい』

TVの歌番組から流れてくる
布施明さんの熱唱に、思わず吸い寄せられました(笑)。

芸能にはうといのですが、
ネットで検索かけると、この​名曲​にまつわるエピソードやロマンス
をくわしく解説してくださっているサイトが見つかりました。

ここ​と​こちら​。

いやー、ネットはべんり。

1979年春のカネボウキャンペーンソング、
作曲ミッキー吉野、
演奏はゴダイゴ、
イメージキャラクターはオリビア・ハッセー。

いま考えるとあたまがくらくらしそうなほどのゴージャスな人選、
なんと贅沢なプロジェクトでしょうかlovely

およそ日本的でないヨーロピアンポップスふう無国籍サウンドの
うつくしい旋律に、
カンツォーネやシャンソンにも比肩する布施明の歌唱力。

対する資生堂はCMに
カトリオーナ・マッコール、
当時イギリスで映画化されて話題になった『ベルサイユのばら』
主演のレディーオスカルを起用、

この両陣営の好対照はとてもインパクトがあったようです。

(『君は薔薇より美しい』とは、もしや『ベルばら』とかけあわせたしゃれ?)

作家の堀寿子さんは
『女性のしあわせ120章』(立風書房刊・のち角川文庫)中に
その印象をかきとめておられます。

・・・滞在中に、テレビはよく見ました。
おかげで、化粧品のキャンペーンのため、日本を訪れたイギリスのふたりの女優を
比較することができました。一日に何回となくCMに現れてくるのですから。

ひとりはフランス革命の歴史劇で登場した新人で、顔も姿もととのっていて美しく、
見るからに健康美に輝いています。

もうひとりは、ジュリエットという大役で一躍スターになったものの、最近出演した映画では、
あまり個性を必要としない役のせいか、淡い印象しか与えられませんでした。
しかし菜食主義だという彼女は、ほっそりとして目がきわだって美しく、前者のような鮮明
な美しさというより、陰影のある魅力を漂わせていました。

1_3 この翌年、オリビアは角川映画『復活の日』に出演するなど
当時日本での仕事が多く、
「薔薇より美しい」彼女の全盛期を堪能した日本のファンは幸運でしたねlovely

時代は廻る、一瞬の鮮烈な記憶をのこして。
されど名曲は永遠に。


人気ブログランキング


本・書籍ランキング

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村


2018年10月20日 (土)

穂積さん。

昭和を代表する名優のおひとりでしたね。
映画やTVで多彩な役を演じられましたが、
実人生は『事実は小説よりも奇なり』
を地でゆくような、数奇な生涯であられたと察します。

以前の日記​でも少しふれましたが、
年代ごとにさまざま書かれた『​積木くずし​』シリーズ、
先立った前妻さんや娘さんの著書もあります。

(古い本ですが、娘さんが上梓した本、非行や薬物におぼれるさまを当事者の立場から書いた希少な証言です。一読の価値あり。)

・・・天国で今度こそ、
先の奥様や娘さんと、幸せなあたたかい家庭をつくっていただきたいですね。

ご冥福おいのりします。

​​​​​​「積木くずし」穂積隆信さん、死去 胆のうがん87歳

非行に走った実娘との日々を描いたノンフィクション積木くずし~親と子の二百日戦争~」(桐原書店)の著者で、俳優の穂積隆信(ほづみ・たかのぶ、本名・鈴木隆信=すずき・たかのぶ)さんが19日未明、胆のうがんのため神奈川県内の病院で亡くなったことが分かった。87歳だった。所属事務所が明らかにした。​​
​​
所属事務所によると、体調を崩し8月に病院に行ったところ、黄だんの症状が出て、胆のうがんであることが判明、入院していた。穂積さんは生前、「(遺体は)献体に回してほしい」と希望していたという。葬儀・告別式は未定。

静岡県出身。1953年に俳優座養成所を卒業し、59年に「にあんちゃん」で映画デビュー。悪役やとぼけた役もこなすバイプレーヤーとして映画、ドラマに出演し、洋画の吹き替えでも活躍した。近年も定期的に活動しており、今年2月には東京・三越劇場での舞台にも出演していた。​


 1982年、当時中学生だった実娘の由香里さん(03年死去、享年35)が不良少女となり、非行から立ち直らせるまでの葛藤の日々を描いた「積木くずし―」は280万部の大ベストセラーに。当時深刻な問題となっていた10代の非行に一石を投じる作品となった。翌年にはTBS系で連続ドラマ化され、穂積さん役を前田吟(74)が、由香里さん役を高部知子​(51)が演じ、最終回の視聴率は45・3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。同年11月に映画化もされ、社会現象となった。​

 「積木くずし」は続編も執筆され、穂積さんも教育評論家として一躍時の人となったが、金銭トラブルなどで多額の負債を抱え、妻とも87年に離婚。93年に再婚した。穂積さんは2012年に、後日談を含めた「積木くずし 最終章」を執筆。同11月にフジテレビ系でスペシャルドラマ化された際には穂積さん本人も特別出演していた。


 人気ブログランキング
 

にほんブログ村 本ブログへ
​にほんブログ村​

2018年6月27日 (水)

辰巳渚さん。

20160430132009 文筆家で生活家事環境学評論家の​辰巳渚​さんがお亡くなりになりました。

えっ!?

と思いウェブ記事を拝見すると、

軽井沢でご夫君とバイクでツーリング中の交通事故とのこと。

いまや時代を席捲する『断捨離』にさきがけて

『捨てる!』技術を提唱し

「もの」にしばられない

ハイセンスで快適なシンプルライフの考現者でしたね。

まだお若いのに・・・

と早すぎるお別れが惜しまれます。

これから熟年期、シニア世代の充実したライフスタイル等々、

ご活躍のフィールドはまだまだ無限に広がったでしょうに。

楽しいツーリングのはずが、今生のわかれになってしまうとは、

まことに人の運命とは、はかりしれませんね。

Photo
私自身は、おはずかしいことに極度の貧乏性で

「捨てられない、片づけられない」たちなので、

辰巳さんのご著書を読み返しながら、修行の道は一生になりそうです。

ご冥福心よりおいのりします。





辰巳渚さん

10坪一戸建て賃貸の家。辰巳渚さんの小さな暮らしの工夫拝見!


家事塾



本・書籍ランキング


にほんブログ村

2017年5月19日 (金)

『節約』記事が好き(笑)

2今週は実父の
定例の通院の付き添いが重なり、毎日ばたばたしていました。

おかげで病院の待合室においてある雑誌をゆっくり見ることができました。

(『す〇きな奥さん』が『CHANT』と誌名変わっているのを、今さら知りました。)

主婦向けの雑誌、とくに『節約』の項目は大好きで(笑)
ついつい目がゆくのだけど、あまり奇抜なことは載っていなくて、
要するに、主婦の『節約』は地道にこつこつと。近道はなさそう。

・電気をつけっぱなしにしない、使わないときはコンセントを抜く

(まずまず。が、わが家にはお父さんという超のつく暑がりがいるので、夏場は電気代がはね上がる)

・ガスは強火にしない、余熱を利用

(ぼちぼち。なにしろガスレンジが古くていかれかけている)

・化粧品は100均で。天然ハーブやグリセリンで手づくり化粧品を

(特別な場合をのぞき化粧しないので、化粧品代ゼロ)

・衣類はネットやフリマを利用して安く手に入れる

(結婚してから自分の服は買ったことがない、貰い物か
さもなければてづくり。育児中は、自分やダンナの昔の服をつぶして子供服にしたっけ)

・手づくり、廃物利用を徹底

(まずまず。牛乳パックは使い捨てのケーキ型やまな板がわり、油切り、古いシャツはウェスに、お茶がらは掃き掃除や、消臭剤代わりに。チラシを折って生ゴミ受けに)

・カードの枚数をへらす

(カードは1枚だけ。キャッシングはやったことない)

・お風呂の残り湯を洗濯に利用

(はい。それで家族からクレームがつきますが)

・保険は最低限、医療費等の還付申告を忘れずに

(はい。もっとも医療費の還付申告は手間のわりに実入りはごくささやかですけれども)

つらつら考えてみると、日常的な『節約』とは
むだづかいせずにふだんの生活をたいせつにするということ、
それはそれでしないにこしたことはないし確かに有意義なのですが、
じつは家庭の根本的な支出は、こてさきの節約でどうにかなるレベルではなくて。

盲点
というより主婦雑誌ではおそらくわざと俎上にのせることなく
視線をずらしているのでしょうが、

一般家庭の大きな支出は
育児中ならば学費・教育費(とくに高校以上)、
住宅ローンまたは家賃、

なにより生涯ついてまわる最大の出費が『税金』。

(住居や土地の固定資産税、所得税、住民税、肉親が亡くなった場合の相続税、
誰かにあげたい場合の贈与税、まだまだそのほか)

とくに主婦向けの雑誌で、『節約特集』はひんぱんにみることあっても
『節税特集』は、あまりないような。

そのうえ考えてみれば、雑誌はメーカーの広告収入が大きな要素なので、

『節約記事』を組みながらいっぽうではつねにあらゆる分野で消費・購買意欲をあおっていらっしゃるわけで、なかなかたいへんな立ち位置だろうと思います。

・・・なのでこのての雑誌って
大好きなんだけど買う気になれない、

病院か、さもなければ図書館の開架コーナーの拾い読みで済ませてしまう。

と、じぶんが貧しいことへの
いいわけするあわれな私(苦笑)。

1_2書店の雑誌コーナーより。
表紙から、時代の「いま」がみえてくる?


人気ブログランキング


本・書籍ランキング


にほんブログ村

2017年3月21日 (火)

『巻きシッポ帝国』。

Photoはまっているマンガです。
昭和戦前の軍隊をモデルにした、イヌdogの兵隊さんマンガ。
21世紀版『のらくろ』?

本来はWEBコミックで、現在もWEB連載中のようです。
オールカラーなのでコミックとしては高価なのですが
ついつい買ってしまいました。

左の表紙は巻きシッポ帝国陸軍のリク伍長
(目つきのよくない柴犬?)。
右のアップはリク伍長の恋のライバル?
品行方正な海軍将校カイ少尉。

いちおう、リク伍長が主人公らしいのですが
くりひろげられるさまざまな人間(イヌ)模様がたのしいですhappy01

リクに思いをよせる中華料理屋の看板娘、
新米将校と当番兵のかけあい、
かたや陸軍幼年学校では
軍犬のたまごの生徒(子犬)たちが日々研鑽つんでいる。

私、幼年学校生徒監(クラス担任)のレオ中尉のファンですheart01
武骨派ではなくおしゃれでいなせ、
悠々としてクールな姿勢がカッコいいlovely

(擬人化するとしたら、往年の二枚目映画スター・上原謙さんcoldsweats01??)

富士山ろくで相まみえた
高貴な令嬢(チワワのお嬢様?)
とレオ中尉の軽妙なやりとり、とてもわらえますhappy02

巻きシッポ帝国75 偵察

ミリタリーファンにもうけるでしょうが、
とにかくこの漫画家のかた、
イヌdogをかくのが上手いなあ。

キャラがみんないきいきして、
ワンちゃんへのなみなみならぬ愛情がつたわってきます。

アニメ化tvされないかなあ?


人気ブログランキングへ


本・書籍ランキング


にほんブログ村


にほんブログ村

2017年3月20日 (月)

どうでもいいこと。

かの名探偵エルキュール・ポアロさんについて
翻訳にはその外見を

「タマゴ型のつるりとした頭にピンとたてた気どった口ひげ」

とありますが、
日本的には(笑)

ハンプティ・ダンプティがカイゼルひげをはやしたようなスタイルを連想するのですが、

映画やドラマではまり役だった名優ピーター・ユスティノフさんは
ちゃんと御髪があり、
ボアロさんに御髪があるかないかはファンの間でも論点なのだそうです。

現在もNHKBSプレミアムで拝見できるデヴィッド・スーシェさん
も、これまたはまり役で原作からぬけだしてきたようなボアロさんですね。

ぎゃくに、ハンプティ・ダンプティスタイルでない、つまり
御髪のある「タマゴ型のつるりとしたあたま」って
どんなんだろう???とイメージがわきませんでしたが、

ある日、つけるともなくつけていたTVをみた実父が
「あっ、つるりとしたタマゴ型のあたまにカイゼルひげ!」
とつぶやいたので、

私もみて(あっ)と納得しました。

Photo
明治時代(幕末?)の肖像写真。イケメンですね。

佐々木穣先生の『武揚伝』も読んでみたいのですが、かなり大作なので読了できるか自信がないのですが、まずは図書館で借りてこようかしら。

新国家構築のブレーン、
二君に仕えた開明派。

このかたの数奇な生涯、五稜郭までは劇的な半生ですが
むしろ後半生の軌跡の充実をもっとくわしく知りたい気がいたします。

NHKはいつ大河ドラマにとりあげてくださるのでしょうか。

時代の転換期に、大河ドラマの主役にこれだけ相応しいかたはおられないと思うのですがconfident


人気ブログランキング


本・書籍ランキング


にほんブログ村

2017年2月17日 (金)

ありがとうディック・ブルーナさん。

Photo_2ピーターラビットとならんで世界一有名なうさぎ、
ミッフィーちゃんの生みの親・ディック・ブルーナさんが天国へ旅立たれました。

これ以上ないほどのシンプルな線と色の構成、
誰にでも描けそうでいながらブルーナさん以外描けない
明快なオリジナリティー。

ミッフィーちゃんふくめキャラクターに託した
こどもたちの日常を優しく見守る眼差し。

もう10数年昔になるので、むしろびっくりするのですが、
2002年放映のNHK『未来への教室「ディック・ブルーナ 幸せを運ぶ絵本」』
は、もういちどみたいなあlovely。再放送してほしいです。

この番組をみて、絵本から伝わるとおりの
かざらないあたたかな人柄に、いっそうブルーナさんのファンになりましたconfident

どうか安らかに。
天国でもやはり笑顔で作品制作なさっているのかなとイメージします。

たくさんの夢と希望を、ありがとうございました。

ミッフィー作者「ディック・ブルーナ」のスゴ過ぎるこだわり


人気ブログランキングへ


本・書籍 ブログランキングへ


にほんブログ村

2017年2月 4日 (土)

帰天 

Photo中曽根政権下で文化庁長官つとめた作家の三浦朱門さんがお亡くなりになりました。
91歳。
『第三の新人』と謳われた同世代のみなさま、

遠藤周作先生、安岡章太郎先生、北杜夫先生たちと
いまは天国で再会してにぎやかに談笑なさっておられるでしょうか。

才色兼備の女流作家で賢夫人の曽野綾子さんとは
おしどり夫婦で知られていらっしゃいましたが、
才媛の曽野さんも30代の若いころに長期間うつ病で苦しんだり、
50代には眼病手術もあったりして
華やかな活躍のかげに、温和でスケールの大きなご夫君の支えは多大なものだったろうと察します。

現在のように高齢少子化、高齢者介護が大きな社会問題になる以前の
1980年代に「家族」と「老い」や「生」をあたたかく究明した新聞連載エッセイ
『四世同堂』は好著でしたね。

その朱門さんご自身が、近年は要介護になられ、
老々介護の当事者となられた曽野綾子さんのご苦労もなみたいていではなかったと思います
(立ち読みレベルなのですが、床につく時間の長くなった朱門さんのためにあまり外出せず在宅している奥様を気づかって、『君もたまには取材旅行にいっておいで』とすすめる夫君の優しさ)。

曽野綾子独占手記 夫・三浦朱門を自宅で介護することになって

もちろん社会的にも経済的にも一般人とは比較するべくもない恵まれた境遇に
いらっしゃるとは思いますが、

すでに文学的同志やパートナーを越えてお互いに自分の半身のような存在ですから
のこされる側のかなしみやつらさもいかんともしがたい事でしょう。

曽野綾子さんは学生時代に同じ文学グループで朱門さんと出会い、
卒業するかしないかの早い時期にご結婚されたので、結婚歳月はすでに60数年。
なんともうらやましいです(私ですら、その半分の30年にもまだとどかない(^^;))。

雑誌で若き日のご夫妻の写真を拝見したことがありますが、
映画のワンシーンのような、ためいきがでるようなお似合いの美男美女でしたね。

曽野綾子さんの『太郎物語』を下敷きにしたNHKドラマ『太郎の青春』では
ご夫妻がモデル
の主人公の両親
を長門裕之さんと岸田今日子さんが演じておられました。

どうか安らかに、
そして糟糠の奥様を天国から見守ってくださいますように。


人気ブログランキングへ


本・書籍 ブログランキングへ


にほんブログ村

2016年9月 8日 (木)

もっと、エマ・ハミルトン

エマ・ハミルトンで検索していてすてきなウェブサイト発見しました。

やはり、餅は餅屋というべきか、本国はさすがlovely

http://www.emmahamiltonsociety.co.uk/

公式サイトかと思われるほど充実した内容

で、ネルソンとエマの子孫にあたる皆様の代々のご家族ご紹介も載っていますhappy01

貧しい階級から身を起こし、

美貌と才気でナポリ駐在大使夫人・レディーハミルトン

にまでのぼりつめ、

イギリス救国の英雄ネルソン提督との激しい不倫の恋。

3ロムニーを筆頭に、当代一流画家がきそって

後世にのこした明眸皓歯な彼女の美しさkissmark

劇的な人生の軌跡、こちらのサイト訪問すればエマのすべてがわかる。

さらにうれしいのは、推薦図書で

膨大な量にのぼるであろう
エマに関する文献を記載してくださっていて、

(いま私の手もとにあるケート・ウィリアムズとノラ・ロフツさんの本も入っています)

そのうち出版年が古く絶版になった本(復刊されているものもあるようですが)

に関しては

ウェブ閲覧可能なリンクしてある絶大サービス(なんとありがたいhappy02)。

(・・・あとは、こちらの英語力の問題だけ(苦笑)。)

好奇心をひかれるのは

Recommended Reading

デュマの『レディーハミルトン』がリストアップされていないこと

(原作・1968年版映画ともに)、

ヴィヴィアン・リーとローレンス・オリヴィエの『美女ありき』

は(史実をもとにしたフィクションですと注釈入れながら)しっかり入っているのに。

・・・史実のエマのファンにとって

あまりうれしくない内容なのかとかんぐってしまいます。

ともあれ、ウェブサイトは成長するので

今後も埋もれたエピソードや名作の発掘、さらに新作の傑作が刊行されて

ふくらんでゆくのだろうな

と、とても楽しみですheart

さらに欲をいえば児童書も紹介していただきたいのですが

(こちらの貧相な英語力の問題でcoldsweats01(苦笑))・・・

国民的英雄ネルソンに関する児童向きの本は数多あれど、

エマを児童書はむりかなあ(不倫だし)。

ということでエマ・ハミルトンお好きなかた、

興味もってくださったかたは、ぜひ。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

2016年9月 6日 (火)

稀代の美女・エマ・ハミルトン

「買い」な本を入手しました。

『Norah Lofts』(『Kate Williams』と同じく歴史伝記小説が得意分野のようで、

エレアノール王妃やその息子リチャード獅子王、アン・ブーリン等

英国史上の有名人を数多く手がけられているようです)

というかたの著書『Emma Hamilton』。1978年刊。

ハードカバーはいささか重いかなと思ったのですが

全208ページと

伝記としてはページ数が少なく

貴重な図版が多数あり

なにより文字が大きくてみやすいのが

(老眼にも、英語力ゼロにも)とてもうれしい。

しかもタイミングよく送料込みで1000円ちょっとで購入できました。ありがたきしあわせ。

5表紙はエマの美貌を多数の不朽の名画にのこした

ジョージ・ロムニーの有名な一枚。

エマ、このころ二十歳になるかならないか

でしょうか。

いま読んでいる『Kate Williams』の『England's Mistress

のエピローグ(苦笑)がおわったら、

さっそく読みたいです。

もし現代に生まれていたら、彼女は

ハリウッドスターかスーパーモデル、

その美貌と才気、表現力で

世界的な有名人になっていたかもしれません。

2彼女お得意のパフォーマンス『アティテュード』。

ギリシャ風の簡素なドレスに1枚のショールだけで

ポーズや表情でたちまち

古代の美神やニンフ、演劇のキャラクターから泰西名画中の人物まで

変幻自在に表現するのだそうです。

あのゲーテも大絶賛。

1ナポリの画家が描いた

ポジリッポ海岸のネルソン提督とエマ。

ナポリ郊外の風光明媚な景勝地ポジリッポ、

中央左寄りにネルソンとエマがお人形のように愛らしく描かれています。

いずれも本文より引用。


本・書籍 ブログランキングへ

にほんブログ村

より以前の記事一覧

フォト
無料ブログはココログ
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

にほんブログ村