音楽

2020年5月13日 (水)

『都忘れ』と『乙女のワルツ』。

20194

谷村新司さんの『​都忘れ​』が大好きで、
よく聴いているのですが、

ウェブをひろいよみしていると
この曲が
『​乙女のワルツ​』にそっくり。
というご意見が少なくないのに気づきました。



『​乙女のワルツ​』は存じませんでした。
歌っている伊藤咲子さんは1970年代を代表するアイドルのおひとりのようです💗。



『昭和』を感じさせる名曲ですね!

・・・イントロや旋律とか、たしかにいわれてみれば似てる気もするけど、
サビはちがうし、
曲の印象もアレンジでかなり変わるかも・・・

そういわれると
一部でそっくり! と騒がれた
1980年代のヒット曲、雅夢の『愛はかげろう』

日本で大ブームとなった『冬のソナタ』のテーマ
ほどには、似通っているかも。

しろうとにはなにもわかりませんが😅。
わからないなりに
拝聴して楽しませていただけるのはありがたいことです。

『乙女のワルツ』でうたわれるのはかなわぬ初恋のくるしみ。

『都忘れ』は命がけの恋(かけおち?)
(水沢有美さんの透明感あるボーカルがたまりません😍)。

どちらも、詞も曲もうつくしい😊。

昭和は、遠くなりにけり👋。


本・書籍ランキング


人気ブログランキング

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

2014年1月 8日 (水)

追悼。

天神橋筋.JPG

やしきたかじんさん。

年明けそうそうの訃報、ショックです。

回復と復帰してからのいっそうのご活躍を期待していたやさき。

まだまだお若いのに、すばらしいかたとの早すぎる永訣はとても残念ですね。

たかじんさんのお名前を冠した番組、

三宅先生の鋭い舌鋒も
たかじんさんの軽妙なトークも
ともに不世出ですね。

『大阪』に愛された稀代のシンガー。

切ない女心の哀歓や人情の機微を唄った名曲が心に沁みます。



ご冥福を心よりお祈りします。


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2013年4月10日 (水)

十九の春に。

8日、新入生歓迎パーティーをかねたお花見(葉桜?)
で楽しいひととき(笑)をすごした娘。

新歓コンパとはいえ、学生の身でさしてお金はかけられず、

皆ほそぼそとたべものやのみものをもちよってのピクニックぽい感じですが、
それが分相応というところでしょうか。

娘はホームメイドのシンプルなケーキとクッキーを持参
しましたが、甘いものは
意外に男性陣に好評だったそうです

・・・若い人、殊に下宿ずまいの子にとっては
とにかく「たべもの」のさしいれくらいうれしいものはないようですね
(このさい、味や出来不出来は二の次、三の次)。

懐かしいイルカの名曲

・・・残念ながら、この歌のような「出会い」はまだ訪れていないようですが

(同期は男女とわず皆仲良しだけどいわゆる同級生ノリで、「異性」としてみてもらえない・・・らしい)

彼女がよき人間関係に恵まれますように。

2013年2月19日 (火)

遠藤正明さんに

願わくば、ぜひいつか

全国高校ラグビー大会のイメージ

キャンペーンソングを唱ってほしいです。


人気ブログランキングへ


芸術・人文 ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2013年1月20日 (日)

流浪の民。


人気ブログランキングへ

娘が

「お母さん、洋楽はくわしい?」

「イホ・デ・ラ・ルナって知ってる?」

・・・原題ではわかりませんでしたが、サラ・ブライトマン等

一流のシンガーのヴァージョンで知られる名曲『月の息子』。

ジプシーと通称される放浪民族、ロマに題材をとった作品ですね。

くわしい解説してくださっているブログ、こここちら

文化史学の授業で、はじめ先入観なしにクラスで聴かせて感想をつのったところ、

背景や歌詞はわからないながらも

「悲恋」が歌のテーマだといいあてた学生が何人もいたそうです。

娘 「心にしみるようなすごくきれいな曲で感動した

「・・・くわしい内容を聞いたらぞっとして恐ろしくなったけど

・・・流浪の民の、過酷な歴史。

彼らの厳しい戒律・掟があり、民族の血を守り抜くために他の人種との婚姻
ましてや婚外子はタブーとされたであろう遠い時代を思います。

なんらやましいことがなくても、

科学が未発達だった昔、歌の内容のように

アルビノの赤ちゃんが生まれて誤解された悲劇・・・

は実際にあったかもしれません。

月は母となることを望んだ・・・
月の白い息子・・・

なんと悲しく美しい歌。

占いや歌舞音曲、大道芸にたけるとされ
欧米を筆頭に世界を放浪するロマは
社会差別をうけながら
若干のあこがれと畏怖をもうけているようで、
彼らに着想を得た名作は少なくないですね。

わが国でもよく知られた『カルメン』、『ツィゴイネルワイゼン』。

シューマンの『流浪の民』は小学校の音楽で習ったかたが多いのではないでしょうか。
メロディーはもちろん、訳詩がすばらしいですね

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

フォト
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

にほんブログ村

無料ブログはココログ