音楽

2023年12月 9日 (土)

オー・ソレ・ミオ~私の太陽。

ぐうぜん見つけました。
海上自衛隊音楽部の『​オー・ソレ・ミオ​』。

このかたは、各地の音楽部コンサートで
名声高まっているヴォーカリスト
のおひとりとのことですが、

私は音楽はよくわかりませんが(恥)
正統派クラシックの発声ですね。
すばらしい。
音大で声楽専攻されたかたでしょうか。


自衛隊所属の音楽家・・・​オー・ソレ・ミオ​・・・
ということで、

悲運の天才テナー・​永田絃次郎​氏(陸軍戸山学校軍楽隊出身)
をちらりと思い出しました。
遠い後輩にあたるのでしょうか。

これからますますご活躍に期待するばかりです😊。

オー・ソレ・ミオ
とは、誰、または何でしょう。

愛する人
を筆頭に、
推し(笑)だったり大切な家族だったり
祖国やふるさと、
対象はひとによってさまざまになりそうです。

私にとって『​オー・ソレ・ミオ​』歌い手の最高峰は・・・
ルチアーノ・パヴァロッティ​です💗。

どんなときも、
聴くと元気づけられ、しあわせになり、前向きな気持ちにさせてもらえる。

パヴァロッティ氏の歌声は、天与の才能とバイタリティー。

世界中のファンにとって
パヴァロッティ氏こそ、『私の太陽🌞』でありつづけることでしょう。

 

人気ブログランキング
人気ブログランキング

芸術・人文ランキング
芸術・人文ランキング

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

2023年10月21日 (土)

心に沁みる歌(駄)。

『​金は天下のまわりもの​』

いつごろの歌でしょうか。

『池田』(池田勇人先生?)と『ジョンソン』(ベトナム戦争激化した時代のアメリカ大統領)
とあるところからして、1965年前後?

現在ならば『岸田』さんと『バイデン』さん
におきかわるのでしょうか(ぞっとしないなあ・・・)。

それにしても、妙に今日的。

物価値上げに安月給

なんでもそろっているけれど/それは見るだけ見せるだけ

身につまされます。

しかし。

結論が『みんな政府がわるい』とは。

まあヤケになってるのかなとは思うけど、
基本的になんでも
自分以外の誰かのせいにする風潮は、あまりいただけないような。
こういうところが左派インテリソングなのかなあ。

202319691001 202319691003 202319691002 画像は、1969年暮しの手帖100号から。
都心部の住宅難は半世紀以上前から連綿とつづいているのですね(悲)。

人気ブログランキング
人気ブログランキング

本・書籍ランキング
本・書籍ランキング

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

2023年10月16日 (月)

追悼。

寝耳に水。
とは、こういうことをさすのでしょうか。

谷村新司さんの訃報に、ただ驚いています。

享年74歳、現在の高齢化社会では、まだまだお若いですね。

日本を代表する音楽家のおひとりであり、
素晴らしいボーカリストでもありました。

永遠のおわかれはとても残念ですが、
いまは天国で
谷村さんが仲良くしておられた
アジアの大スター、レスリー・チャン
とも再会をよろこびあっていらっしゃるのでしょうか。



ご冥福心よりお祈りします。

そしてアリスのメンバーの
矢沢さん、堀内さんがどうかお元気で活躍していただけるよう
見守ってくださいますように。

 

人気ブログランキング
人気ブログランキング

芸術・人文ランキング
芸術・人文ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

2023年9月28日 (木)

オペラ『マイヤーリング』とミュージカル。

動画ふくめネット検索していると、
ときどき思わぬお宝を掘り当てます😊。
1993年上演のオペラ『​マイヤーリング​』、
残念ながら(笑)イタリア語で、字幕もないので
私にはちんぷんかんぷん(無教養な悲しさ😅😅)。

そしてこちらはなんと!

本場ウィーンのミュージカル『​ルドルフ​』、
しかも英語の字幕つき!!
​あげてくださったかた、ありがとうございます😂😂😂。



いうまでもなく
歌とアクションはすばらしいのですが
主役のおふたりが・・・
どちらかといえば分別ざかりの堂々たる風格で、

観ている側の
息がとまるほどの
みめうるわしさとはまいりません(ごめんなさい!)。

ヒロインのマリー・ヴェッツェラより、私には
ステファニー妃役のかたのほうがはるかに美人にみえます。
さすが本場・ウインナワルツのシーンは圧巻💗。



演出も構成も、
主人公とヒロインのビジュアルの美しさも
キャストのみなさまの実力も
わが国の帝劇版は本家本元のウィーンに決してひけをとらないと思います。

(みたことないけど、​​韓国ミュージカル​​だと
さらに綺麗な俳優さんぞろいなのかしら?)

帝国劇場の
2008年版では、マリー・ヴェッツェラは
『ミス・サイゴン』のヒロイン・キムがはまり役の笹本玲奈さん。
2012年版のマリーには宝塚・元娘役の和音美桜さん。

どちらも観たいなあ😍😍。
可憐のきわみでしょうね🤭🤭🤭。


念ずれば叶う。
ことを信じて、いつか
帝劇版の『ルドルフ~』を全編とおして
視聴できますように😊。

人気ブログランキング
人気ブログランキング

本・書籍ランキング
本・書籍ランキング

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

2023年9月15日 (金)

『ある朝はやく』イギリス民謡・原詩

以前日記にかいた​『ある朝はやく』
この原曲を、いまさら見つけました(恥)。

2023_20230918125902 心変わりした恋人の、つれない仕打ちに嘆き悲しむ乙女
の歌。

対訳載せてくださっているウェブログ​、
こちらもぜひリスニングのおともに😊。

「ある朝早く」は嘆きの歌

Early One Morning ある朝早く​

清涼なサウンドと編曲のおかげもあるのか、
聴いていると
2023_20230918125901 私は不覚にも、『ハムレット』のオフィーリアのイメージをかさねてしまいます。
歌詞は時代をとわない普遍的な内容なのですが。

(あわれな乙女に、あなたはなぜそんなにも酷いあつかいをなさるの?)

いずれにせよ日本語詞の
秋の日のサイクリングはもちろん
朝の散歩していると
農家の少女が牛の乳しぼりしながら
明るく歌っていた
・・・という内容も、原詩をよんでからだと
あまりに能天気すぎる、かも😅。

人気ブログランキング
人気ブログランキング

本・書籍ランキング
本・書籍ランキング

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

2023年9月 6日 (水)

『世界の王』

ミュージカル『​ロミオとジュリエット​』
の人気ナンバー『世界の王』。


ロメオとジュリエット(ミュージカル)​ 

ロミオ、マキューシオ、ベンヴォ―リオ
の3人がメインの歌とダンス。


オリジナルのフランス版が
ややクラシカルな雰囲気なのにくらべて、

日本版は
よりブレイキンでロック調な感じ、

私には、ウエストサイドストーリーにみえてしまいます😅。

しかし、良い曲ですね😄😀。

人気ブログランキング
人気ブログランキング

本・書籍ランキング
本・書籍ランキング

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

2023年9月 2日 (土)

トマの『ハムレット』。

19世紀フランスオペラの第一人者である
アンブロワーズ・トマ​の『​ハムレット​』。

ハッピーエンドとはいいがたいのですが
なんとこちらのオペラ版では、亡くなるのは
ヒロインのオフィーリアとクローディアス王のみ
という、大胆な改変。

あらすじは、​ここ​と​こちら​。

『ハムレット』原作とトマの歌劇を比較!

第4幕は恋人の豹変の絶望で気のふれたオフィーリアが主人公で
水死も明らかに表現されていて、
オフィーリア・ファンとしては見逃せません。

オフィーリアの狂乱のアリア
の​訳詞​、なんと悲しい。

ありがたくも、最新版のDVDも入手できるようで、
なやましいのですが(笑)・・・

字幕のみ(苦笑)では、私のキャパではとても堪能できそうにないので、
オペラの対訳(および解説書)がほしいのですが、
拙い検索では見つからず、まずは図書館通い(笑)から😅。

・・・こんなとき、日ごろの不勉強(爆)にうちのめされます😣😵。

買うべきか、買わざるべきかそれが問題だ。

ストーリーのみ追えば、初心者にもわかりやすいハムレット
な気もするので
まずは宝塚歌劇あたり(東宝ミュージカルでも)
で翻案して踏襲してくださらないかしらと、はかないのぞみ😅。

おまけ、
アイドルグループ、 HOT DOG  CATのみなさんの
『​オフィーリア~君に会いたくて~​』

可愛くて明るくて、サウンドがはじけるようで
観て、聴くと元気になります😊。


人気ブログランキング
人気ブログランキング

本・書籍ランキング
本・書籍ランキング

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

2023年8月26日 (土)

平和を祈る。

202324_20230827094701 空港・港を整備

2023825 防衛強化

南西諸島・九州・四国に重点


わかっているつもりでも、新聞一面の見出しをみると
(『台湾有事』が近い?)心弱くもドキリとします。

本音をいえば、なにとぞ杞憂でおわってほしい、
何事も起こらないまま対立が自然瓦解してくれれば
と願うのですが。



ラバウル小唄
を思わせる旋律
と、ネットで話題になった
『台湾行進曲』。



リズムは似ていますが、
『ラバウル小唄』より溌溂とした雰囲気。

総統選挙のキャンペーン中に
李登輝先生の応援歌だったそうです。

動画に映っているみなさんはじめ
若い有為の人材をそこないませんように、
どうかいつも、ご無事で、お元気であってほしいと祈ります。

人気ブログランキング
人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

2023年6月 8日 (木)

『ある朝はやく』イギリス民謡

その昔、小学校の校内放送でよく流れていた曲。

原曲がイギリス民謡と知ったのは、ずっと後になってからでした。


NHK『みんなのうた』では
秋のサイクリングの歌詞で、軽快にアレンジされていました。



『走れ並木を』のほかに、『朝の山みち』という日本語詞もあった
(小学校の音楽の副教材に載っていた)と思い、
さがしていたら、幸運にも動画にあげてくださっているのを発見。



『朝の山道』バージョンも、NHK児童合唱団
の歌で聴いてみたいですね。

原詞の『ある朝はやく』は、
ある朝早く、
つれない恋人のしうちを悲しむ乙女の嘆き
を聞いた
という内容でしたが(ほかにもいろんなバージョンがありそうです)、

明るくさわやかなのに一抹の寂しさ漂うメロディー
は、いかにも朝の清々しい雰囲気を思わせます。


人気ブログランキング
人気ブログランキング

芸術・人文ランキング
芸術・人文ランキング

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

2023年5月 2日 (火)

夏も近づく八十八夜🍵。

本日2日は、今年の(立春からかぞえて)八十八夜です。



名曲『茶摘み』、

子供のころは、せっせっせ
の手あそびの歌・・・というイメージしかなかったのですが😅
あらためて聞くと良い歌ですね😊。



文部省唱歌は
季節や自然や風物
を美しい詞と曲で表した名作がたくさんあるので

古めかしい
とか言葉がむずかしい
などと敬遠せず、

ぜひぜひ次の世代またその次の世代へと
歌い継がれてほしいです😊。


人気ブログランキング


芸術・人文ランキング

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

より以前の記事一覧

フォト
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

にほんブログ村

無料ブログはココログ