ソーイング・リメイク

2017年6月24日 (土)

リバティざんまい(笑)。

1ノムラテーラー』四条店を覗いてきました。

すてきな夏生地がたくさん。この四条店の2Fには、
知る人ぞ知るリバティコーナーがあります。

リバティジャパン

今月末まで、お値段が定価の10パーセント引きで
たいそうお買いどくだそうです。

Photo本家本元の英国原産リバティ。
定価4,800円(プラス税)/1メートル。

Photo_2
こちらはリバティジャパンの国産リバティ。
定価3,000円(プラス税)/1メートル。

リバティは、ほかの大手服地店でもみかけることがありますが、
ノムラテーラーさんは近畿エリアではまず屈指の品ぞろえだと思います。

いいものをみせていただきました。
・・・もちろん、メーター3,000円や4,800円の
宝石のような布など、買える身分ではございません、はいcoldsweats01

この単価で、おおざっぱに
スカートやシャツブラウスなら2メートル、
ワンピースドレスで3メートル、
オーダーで仕立ててもらったらお幾らになるか(数万円~??)、
想像しただけで目が回りそうです。

布じたいが個性的なので、オーソドックスでシンプルなデザインが合いそうです。
意外と、オリエンタル系が合うかも、
マオカラーのチャイナ風ブラウスやドレス、
アオザイふうワンピースもとてもよさそうだし、
ゆかたや夏の和服にしても映えそう。

服に仕立てるのは高価ですが、
こもの・手芸用に少し買ってゴージャスな気になるのもあり。

135センチ幅50センチで
ハンカチを3枚てづくりしたとして
1,500÷3で単価500円(プラス税)。
これならリーズナブルですね
(個人的には、500円以上する高級ハンカチも持っていませんが)。

こうしてあれやこれや想像するのも、てづくりの楽しみのうちですねhappy01

リバティプリント以外にも、
毎月月末は『はぎれの日』だそうで、
すてきな生地がお安く買えそうなチャンスなので
お近くのソーイングファンのかたはぜひ、お立ち寄りください。

2


1F店頭には、帯地のようなブロケード素材、
王朝絵巻ふうや鳥獣戯画、海外から訪れるお客さんがよろこびそうですhappy02





人気ブログランキング


手芸・ハンドクラフトランキング


にほんブログ村


にほんブログ村

2017年6月13日 (火)

お花畑なシャツ。

Photoなんとも派手々しいですがbearing・・・
いかにも「おばちゃんのシャツ」感ありありだから、まあいいかcoldsweats01

薄地ニットのカットソー、
表はピケふうで裏はポロシャツふう、

画像ではわかりませんが、縫い子の腕のわりに(爆)
りゅうとした仕上がりになるのは、
さすがコスモテキスタイル(株)さんの生地ですshine
(『とらや』の特価コーナーに出ていたハギレ)。

衿は見返しにはさんで付け
袖カフスはなし。
前あきはボタンホールいらずのファスナップ仕立て
という、とてもかんたんな服。

白状すると、こちらと同じパターン。
やっぱり、布からつくった新しいシャツはいいなあlovely

もっとも、秋mapleになるまで出番はなさそうですが(苦笑)。

試着すると
お父さんが

「なんかえらいでかくみえるな」

と正直な感想、

視覚効果なのか
実際以上に体格がごつくみえるのだそうでeye
マンガやドラマでちんぴらが派手なシャツ着てるのは
ちゃんとわけがあるんだなと
いまさら感心。


ハンドメイド(洋服) ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村

2017年6月 1日 (木)

近畿発・ニッポンのものづくり・縫製

1
毎朝のあわただしい時間帯に、時計代わりにclockつけているTVtv(笑)、
朝夕にかぎらず残念ながら気の滅入るニュースが多いのですが

ファッションのクリエイティブな分野だと、つい耳earをそばだててしまいます。

NHKのローカルニュース、
先月から、このジャンルの放映が多くてeye

東大阪市で洋裁技能士を育成・輩出する高級婦人服縫製のイワサキ

奈良でベテランの縫製職人さんを束ねてファッション産業にくさびをうちこむ
合同会社ヴァレイの若き代表・谷英希さん、

1日には滋賀県から、ヴィンテージなジーンズにこだわり作成つづける(仕事場のミシンもヴィンテージ)ジーンズ職人の小中儀明さんがとりあげられていました。

それぞれ方向性は異なっても、地元から
世界を視野にいれて国産の良質な衣類を発信つづけるみなさん、

そのつきぬ情熱heart01と向上心に心うたれます。
がんばっている若い方々の熱意の灯をたやさぬように、市井から見守ってゆきたいですね。

そして着心地よく質の高い「made in japan」がフォーマル・カジュアルとわず衣料品の分野でも
世界を席巻する日がくることを祈ります。

・・・そのために、こつこつ貯金して、上質な衣類でも
購入できるようにdollarなりたいのですが・・・

がんばっている若い世代の皆さんの活躍をうれしく思いながら、
わずかでも情熱にあやかりたいと
自分がつかうものをぼつぼつ裁ち縫いしているhairsalonあわれな(笑)状態ですcoldsweats01


人気ブログランキング


手芸・ハンドクラフトランキング


洋服ランキング


にほんブログ村


にほんブログ村

2017年5月20日 (土)

いつも、服地屋さんめぐり(^^)。

ソーイングファンにとって、きってもきれない縁なのが、服地屋さんや手芸店。
みているだけで楽しいですlovely
(みるだけで、あまり買えないといったほうが正しいのですが)。

手芸のトーカイ

垂涎のカットクロスがならんでいます。

1
みてるとどれもほしくなる
のだけど・・・高い!(笑)。

向かって右上の布は2メートルで1000円とちょっと、
シャツにいいかなと思いましたが
あきらめました(笑)。

2
おもわず目を引かれるようなすてきな布だとさらにお高い、
いやいや価格設定はごくふつうで、私の感覚(笑)がおかしいのでしょう。

トーカイさんでは無料会員カードを申し込めば
商品20パーセント割引と、たいそうおとくです(まわしものではありません)。

さらにクライ・ムキ先生と提携しているので
クライ・ムキ式ソーイングスクールの開催等イベントも定期的にあるようです。

かつて自分が着るものをてづくりできないかと
考えるようになったのも、いわゆる就活の時期に、あらためて
市販の服の高さにびっくりしたのがきっかけ
(現在のようにファストファッション隆盛になる、すこし前だったかな?)。
貧乏こそ、私の手づくりの原点(笑)。

この前、寄った時
薄利多売の「とらや」さんの特価コーナーすら
以前とくらべて相当高価になっていてどぎもをぬかれました。
(コットン生地が4メートル1000円以下だった時代から、布をみにゆくのが楽しみだった)

ちょうどシーズンの入れ替え時期だったのか、
めずらしく「ほしい!」と感じるものもなく・・・
今度ゆくときはフルパワー夏物全開になっているかなと、期待しています。

思えばその昔、

「…トシをとったら、リバティーのタナローンも本物の絹のちりめんも、ほしいものなんでもすいすいっと買えるようになりたい!」

と念じたのですが、

トシはあっというまにとりましたが、
いまだにそのような身分にはなれません。むざんやな(笑)。


人気ブログランキング


手芸・ハンドクラフトランキング


にほんブログ村


にほんブログ村

2017年5月 2日 (火)

ジーンズのかんたんリメイクバッグ2。

1_3ジーンズというのも正確でなく、
特価セールで手に入れたデニムのはぎれでつくった自分用パンツ。

季節のかわりめに重宝な七分丈のシンプルパンツ、
9年ほど愛用しました。

洗濯をくりかえしてよれよれ、ひざが切れてまた下の縫い目も擦り切れてきました。
しかし。
布としては、やわらかく針の通りがよくなり
色褪せや色抜けのムラも味わいになるので、ただすてるのはもったいない。

ジーンズの色落ち、加工について知ろう

市販品なら、前もって柔和な色味を出し使い込んだ感じになるよう加工してあるのですが、
しろうとにそんな技術のあるわけもなく・・・

それでも古デニムの独特の風合いはすてきなので、
効果的なリメイクを考えたいですね
(バッグやリュックのほか、クッションや座布団カバーもよさそう)。

で、やはり(笑)定番なふだんづかいのバッグに。
いちばんかんたんで手間もかからず、元の布もほとんどむだがでません。

2バッグ本体は腰部分でカット、
両脚ぶんから持ち手と底まち(10×36)を2枚ずつ。
補強のためにあいだに接着芯をはさんだ底2枚をキルティングして、本体に縫い付けます。
両脇ぶんの本体布はつまみをとってタック、
底の4辺は返し縫い。

3
持ち手は肩がけしやすいように(不足分は余り布を接ぎ合わせる)長めにして
(10×70センチ)
寸法ぶんのキルト芯(5×70)
をはさんでステッチ。

キルト芯で補強と肩がけしやすいバッグになります。


中央にみえるのは元の両脇の縫い目利用ポケット。
ハンカチやティッシュ、ちょっとしたものをしまうのにわりとべんりかも
・・・って、元型のときといっしょか。

4_2






スーパーのおつかいに、お出かけに
活躍してくれるデイリーバッグです。


人気ブログランキング


リメイクランキング


にほんブログ村

2017年5月 1日 (月)

血染めのデニム(駄)。

イズミヤで、120センチ~150センチ幅1メートル
特価200円くらいで切り売りされていた厚地デニムのハギレ。

分厚くてかたい生地なのですが
使い込むほどに洗いざらされて色あせ肌ざわりもやわらかく、いい感じになってきます。

厚地なので
電動コンパクトな家庭用ミシンしかないころは縫うのもおっかなびっくりでしたが・・・
古い職業用黒ミシンならラクラク。

が、ぬいしろ片返しで始末縫いしていると、
生地がかさばって縫い終わった布本体をミシンの押さえ金から外すのに四苦八苦、

押さえ金ばかりに気をとられていたせいか
あやまって人差し指の爪のつけねあたりに針がぶすり、

やっと外したときはもうおそい、
縫いかけの布に真っ赤な血がぼたぼた。

あわてて水洗い、
さいわい指のケガも大したことなく、バンドエイドですぐ止血、
一晩つるして・・・
翌日仕上がりました。

1_2







シンプルなクロップトパンツ。

これから暑くなるので、
薄手の生地(笑)でもう何枚か用意したいです。


人気ブログランキング

洋服ランキング


にほんブログ村


にほんブログ村

2017年3月25日 (土)

スウェット地のリメイクベスト。

1_2


ねまき代わりに、室内着に、
くたびれてくると落ち葉掃きや庭木の手入れの外仕事に、
お世話になり着倒した、ユニクロのスウェットの上下。

さすがによれよれ、くたくたになり
カットしてウェスに・・・とも思いましたが
だめもとでソーイングの練習をdelicious

スウェットの上下。
小さい子のウェアにつくりかえるのはとても重宝で、
幼稚園サイズならブルゾンとベスト、
ベビーサイズだとオーバーオールとロンパースとパンツくらいとれるのですが

2_3



自分用を自分用に・・・のリメイクだと、
意外にちいさいものしかとれません。

前後身頃で左右の前身頃、
そでからうしろ見返し、うしろベルト、アームホール用バイアステープ、
下ズボンから左右うしろ身頃、前見返し
をとりました。

余ったのはまるまる片袖ぶん、

ズボンひざの薄くなってよわっている部分。

3_3大小のパーツを縫いあわせて最後にひとつのかたちにするのは、
模型製作(フィギュアやプラモデル?残念ながらやったことはないけど)
のような楽しさがあると思います。

4_2


ベストになりました。
素材のスウェット地はくたくたなのですが
型紙はりんとしているのはさすがに笠井フジノ先生のパターンhappy02

(と、私がいばっても仕方ないのですがcoldsweats01)。

5


前うちあわせは、スナップボタンでかんたんに。

ダーツをとり深いVゾーンのデザインはややマニッシュかも。

6


うしろは交差させたベルトをバックルで止めて、ウエストシェイプ。

このプラスチックのバックルは100均でゲット。

せっかくなので、オールリメイクファッション(笑)で、コーディネートsmile


Photo_2


レギンス3本で作ったカットソーのシャツ、
スウェットのベスト、
パンツをつくりかえたマーガレットボレロに
カットソーの袖をつないだミニスヌード。

お父さん「・・・ホームレスかgawk?」

うーんごもっともなことでcoldsweats01


人気ブログランキング


リメイクランキング


にほんブログ村

2017年3月24日 (金)

ボトムからトップに・はおりもの。

3
もう10数年前に、こちらの本をみてつくった
ゴムウエストのかんたんなパンツ。

ブティック社刊・『秋冬のかんたんソーイング』。
この中央の写真と同じ型です。

1


コットンスエード調の化繊で、やわらかい風合いの縫いやすい生地。

2
モデルさんのようにすてきな着こなしは、とうていできませんがcoldsweats01・・・
両サイドのゴムのギャザーリングがおしゃれで、ほそくみせる効果もあるようです。

このデザインにひとめぼれでしたが、完成すると
当時流行の、ローライズなタイプで、また上が短いのが気になって、
あまり着ませんでした。

型紙のウエストをまっすぐ数センチ上に伸ばしてみると、とてもはきごこちのいいパンツになり、ギャザーの有無で何枚かつくり、今も着ています。

2_2


いわば試作品の、あまり着なかった一枚。思いきってリメイク。

デザインのギャザーは生かしてみたいので、すそを30センチからカットhairsalon

3_2

ズボンの上部分はウエストのゴムをはずし真ん中から切って解体hairsalon
解体した両方のパーツから、なるべくまっすぐになるように、
同じサイズで最大限の四角形に裁断して、
ぬいあわせて1枚の四角に(かなりおおざっぱ)。

4


この四角の両側に、カットしたすそ部分を接ぎ合わせます。

一輪挿しの竹筒みたいになりました。
ここまですべて直線縫い、こつやわざもまったくありません(笑)。

これをひろげると・・・
たちまちマーガレットふうはおりものの出来上がり。

7

まえとうしろ。
着ると両腕と背中半分が包まれるだけ、いかにもマーガレットらしい、かも(笑)。

ズボンの脚がそでになります。
そでの継ぎ目に、元型の切り替えポケットがきますが、
かまわずデザインということにしちゃいましょうwink

季節の変わり目cherryblossomに重宝する、はおりもの。
役に立ってくれるといいのですが。


人気ブログランキング


リメイクランキング


にほんブログ村

2017年3月 8日 (水)

色違いのハイネックシャツ。

1色違いの同じプリントのベロアはぎれ
で、同じパターンのシャツ。

衿1・そで2・前後身頃各1
の、ごくシンプルでかんたんな構成、
もう何枚も縫っているのでまちがいようがない
はず・・・なのに(苦笑)

衿を身頃につけるときに前後をまちがえたり、
ドジをふみましたcoldsweats01(ほどいてやりなおし)。

ハイネックシャツ、古いのを2枚つぶして、2枚新調。プラマイゼロ?

のびるニット地も
同じ型紙で作っても、使用する布で着心地がまるで変わってきます。

2

うーんみればみるほど趣味わるい。
お父さん「猿回しのサルみたいな服やなあgawk(感心)」

次は、単色でもつくってみたい、
シンプルパターンなので、良い生地でつくればまた出来ばえや着心地のよさも
うんとアップする、はず(苦笑)。 


人気ブログランキング


洋服ランキング

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村

2017年3月 2日 (木)

ハイネックTシャツから3点セット。

T31手づくりのハイネックTシャツ。
身頃とえりをつづけて裁ちだすプレーンなデザインですが、

個人的にはこのえりが引っかかる感じbearingで着心地がいまひとつ
で、あまり着なかったシャツです。

化繊のよくのびるニット地。

コットンの生地やリバーシブル仕立てならまたちがったかもしれません。

T32思い切ってハサミhairsalonをいれました。
シンプルなデザインならリメイクもらく。

T33前後身頃でキャップ2つ、
両そではつないで輪にしてちびスヌードに。

真ん中のターバンふうキャップはクライ・ムキ先生のサイト

もう片方はこちらのブログの作り方を参照させていただきました。

すべて直線裁ちの直線縫いです。
かんたんなので、布やサイズをかえてまだまだ作りたいですね。

季節の変わりめに、役に立ってくれるかなあ。



にほんブログ村


にほんブログ村

より以前の記事一覧

フォト
無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

にほんブログ村